タリンホテルズカップ それぞれの調整

シーズン後半のB級大会派遣シリーズ。今期はタリンホテルズカップへの派遣となりました。カップル競技はババリアンオープンへの派遣もあったのですが、シングルはここからになっています。

 

○女子シングルシニア

Pl Name Nation Total SP FS
1 Rion SUMIYOSHI JPN 189.21 66.53 122.68
2 Hana YOSHIDA JPN 187.25 59.02 128.23
3 Mako YAMASHITA JPN 179.39 69.85 109.54
4 Niina PETROKINA EST 167.82 59.27 108.55
5 Kristina LISOVSKAJA EST 165.39 58.07 107.32
6 Minja PELTONEN FIN 153.72 57.13 96.59
7 Elizabet GERVITS ISR 142.49 51.07 91.42
8 Selma VALITALO FIN 141.83 54.42 87.41
9 Anastasija KONGA LAT 141.76 53.31 88.45
10 Oona OUNASVUORI FIN 141.59 54.86 86.73
11 Linnea KILSAND NOR 129.65 42.65 87.00
12 Frida Turiddotter BERGE NOR 129.06 47.40 81.66
13 Olesja LEONOVA EST 126.97 49.94 77.03

女子は日本人選手が表彰台をすべて埋めました。住吉りをん選手が国際大会初優勝。グランプリファイナルにまで出ている選手が意外ですが、ジュニア、ノービスの時代から国際大会で2位3位の表彰台は多数あったものの、優勝がなく、これが初栄冠となりました。

2位はフリー番長吉田陽菜選手。今回もショート出遅れからフリー1位で2位まで上がってきています。

国際大会復帰戦の山下真瑚選手は3位表彰台。全日本と同じような流れでショート好成績のリードを活かしてフリーも表彰台に踏みとどまるスコアを出しました。ショートの69.85は以前の国際大会に出ていた時期と比べても上回る、自己ベスト相当のスコアでした。

タリン開催、ということで地元エストニア勢が4位5位と続きます。怪我からの復帰戦な模様のペトロキナ選手が4位。まだ構成自体が本調子になっていませんがある程度のスコアまでは戻してきています。

 

○住吉りをん選手のフリーの構成

  Elements    BaseValue   GOE Scores AvGOE
1 2A+3T   7.50   1.12 8.62 2.600
2 4T<< <<  4.20   -2.10 2.10 -4.800
3 FCCoSp4   3.50   0.82 4.32 2.400
4 1Lz   0.60   -0.08 0.52 -1.400
5 3Lo   4.90   1.31 6.21 2.600
6 StSq4   3.90   1.17 5.07 3.200
7 3F+3T   10.45 x -1.06 9.39 -2.000
8 3S+2A+2T+SEQ   9.79 x 0.72 10.51 1.400
9 3F F 5.83 x -2.65 3.18 -5.000
10 LSp4   2.70   0.99 3.69 3.400
11 ChSq1   3.00   1.00 4.00 2.000
12 CCoSp4   3.50   0.70 4.20 2.000
  TES   59.87   1.94 61.81  

4回転不発。決まらないのまでは織り込み済みかと思いますが、アンダーローテーションくらいにまではしたかったところかと思います。それより痛かったのがそのあとのルッツ。さらに最後のフリップの転倒。1本しか入れていないルッツはそれなりに不十分なことが多いですが、2本入れている得意なフリップの転倒は珍しかったです。

スピンステップオールレベル4 これが最終的に優勝につながったわけですがトータルスコアは180点台ということで、国際大会初優勝だけど何の満足感も無い、みたいな試合だったかもしれません。それでも勝ちは勝ち。シーズン序盤のチャレンジャーシリーズに出ていないこともあり、意外と持っていなかったB級大会ポイントを250ポイント得て、これで一旦ランキングも24位以内に上がります。ただ、世界ジュニア、世界選手権で逆転されるとは思われます。

これで国際大会は今季終了の模様。世界選手権の補欠3はありますが、さすがにオリンピックシーズンでもなければ3までは回ってこないでしょう。国内ローカルで何か出るかどうかはありますが、基本的には来季への準備へ進んでいくことになると思われます。フリーは2シーズン続きましたので来期は新しいプログラムになるでしょうか。住吉選手の雰囲気に合ったいいプログラムだったと思うので大きな試合でのノーミス演技が見たかった、という思いが残ります。

 

○吉田陽菜選手のフリーの構成

  Elements    BaseValue   GOE Scores AvGOE
1 3A< F 6.40   -3.20 3.20 -5.000
2 2A+3T   7.50   0.84 8.34 2.200
3 3Lo   4.90   0.98 5.88 2.000
4 FCCoSp4   3.50   0.58 4.08 1.600
5 2F   1.80   0.06 1.86 0.400
6 3Lz+3T   11.11 x 0.39 11.50 0.600
7 ChSq1   3.00   0.83 3.83 1.800
8 3Lz   6.49 x 0.98 7.47 1.800
9 3S+2A+2T+SEQ   9.79 x 0.72 10.51 1.600
10 CCoSp4   3.50   0.12 3.62 0.400
11 StSq3   3.30   0.77 4.07 2.400
12 SSp4   2.50   0.75 3.25 3.000
  TES   63.79   3.82 67.61  

トリプルアクセルはアンダーローテーションの転倒。インターハイ、国体と国内で2戦連続決めていたのですが国際大会で決められないです。今期はまだグランプリファイナルでわずかなGOEマイナスで降りたのが唯一の国際大会での成功と言えるもの。世界選手権で一発決められるでしょうか。

得意なフリーでしたが今回はフリップが2回転に。ショートで単独のループを選ぶ程度に本人比では苦手そうなフリップですのでこんなこともあるでしょうか。これ決めていれば優勝でした。

ルッツは2本後半に入れているわけですが、フリーでの成功率は高いです。一方で、ショートのルッツの成功率が極めて低い。成功したのは優勝した中国杯くらいです。

フリーはグランプリファイナルの142点台はじめ高得点があるのですが、ショートは64.65がシーズンベストで50点台も頻発しています。世界選手権のレベルだと、ショート崩れるとショート落ちもあり得る。ショートの出来がとにかく世界選手権の鍵になるわけですが、どうなるでしょうか? アクセルどうするか、もありますがそちらは入ればボーナス、というくらい。鍵はルッツからのコンビネーション、となりそうです。

音に頼ることのできないフリーの方が難しそうにも感じるのですが、不思議なものです。

 

○山下真瑚選手のフリーの構成

  Elements    BaseValue   GOE Scores AvGOE
1 3Lz+3T   10.10   1.77 11.87 2.800
2 3Fe< F 3.18   -1.59 1.59 -5.000
3 3Lo   4.90   1.14 6.04 2.400
4 FCSp4   3.20   0.43 3.63 1.200
5 2A   3.30   0.66 3.96 2.000
6 ChSq1   3.00   1.00 4.00 2.200
7 1Lz   0.66 x 0.00 0.66 -0.200
8 3Lz<< F 2.31 x -1.05 1.26 -5.000
9 2A+2T+2T   6.49 x 0.44 6.93 1.400
10 SSp4   2.50   0.42 2.92 1.600
11 StSq3   3.30   0.66 3.96 1.800
12 CCoSp4   3.50   0.47 3.97 1.400
  TES   46.44   4.35 50.79  

国際大会出場は、コロナ特別のジャパンオープンNHK杯を除く、19年のNHK杯まで遡ります。海外での試合は19年のスケートアメリカ以来4年4か月ぶりです。

ショート完璧からのフリー、というのは全日本と同じ流れ。今回は冒頭3-3を豪快に決めたのですが、2つ目のフリップ以降の崩れ方が大きかったです。呼吸止まってしまったでしょうか。

後半ルッツが抜けて1回転になった後でもう1度余っている3回転ルッツを飛びなおそうとするなど、しっかり点を獲りに行くんだという意志は見せてくれましたが、結果は3位まででした。グランプリ組2人の出来からすると、普通程度の出来で優勝出来た流れでしたので非常に残念でした。

これで久しぶりに国際大会のスコアを獲りました。ショートは十分ですが、フリーは技術点50.79だと世界選手権のミニマムには届いてきません。来期のミニマムはまだ発表されていませんが、今年の4大陸は42.00でしたので、来期を見越しても確保できていると言えるでしょう。4大陸のミニマムは全日本の時点で取っていないと基本的に間に合わないので、これを今の時点で持っておくことで、来期の4大陸は全日本で結果を出せば得られる、という位置は確保しました。これのあるなしの差は大きいです。今回の遠征メンバーの中で、この試合の結果そのものが一番大事だったのはおそらく山下選手。最低限必要な結果は残したけれど、もう少し欲しかったなあ・・・、というところでした。

来期はグランプリシリーズは基本的に枠は無いはずです。NHK杯地元枠争奪戦の有力候補ではあるので、これを、松生理乃選手や河辺愛菜選手、あるいは引退せず続けてくれれば青木祐奈選手あたりと争うことになるかと思います。ただ、チャレンジャーシリーズにはおそらく派遣があるのではないかと思われます。ここで優勝してのグランプリ補欠枠狙いという渡辺倫果コースもお待ちしております。

 

○女子シングルシニア 上位12名 要素別スコア

Pl Name Total PCS J Base J GOE Spin Step
1 Rion SUMIYOSHI 189.21 92.68 62.56 -2.00 24.61 13.36
2 Hana YOSHIDA 187.25 91.88 62.83 0.27 22.19 12.08
3 Mako YAMASHITA 179.39 92.78 49.73 5.27 21.47 12.14
4 Niina PETROKINA 167.82 90.35 45.96 -1.57 21.33 12.75
5 Kristina LISOVSKAJA 165.39 76.68 55.42 0.52 22.65 10.12
6 Minja PELTONEN 153.72 76.98 51.41 -2.55 19.80 10.08
7 Elizabet GERVITS 142.49 70.45 46.36 -4.41 21.22 10.87
8 Selma VALITALO 141.83 72.79 36.96 2.47 20.56 9.05
9 Anastasija KONGA 141.76 67.01 49.93 -5.10 20.44 10.48
10 Oona OUNASVUORI 141.59 74.56 34.22 0.53 20.58 11.70
11 Linnea KILSAND 129.65 65.42 43.11 -4.96 18.95 9.13
12 Frida Turiddotter BERGE 129.06 64.53 43.10 -3.92 17.95 7.40
13 Olesja LEONOVA 126.97 64.11 40.24 -4.54 18.62 8.54

PCSは90点台で4人ですが、山下真瑚選手の評価が1番高かったです。グランプリ組として住吉選手はもう少し欲しい。世界選手権に出るのですから吉田選手はもっと欲しい、というPCSでした。

ジャンプの基礎点はトリプルアクセル入れ込んだ吉田陽菜選手が1位ですが、ショート3-3入らないなどありまして本人比では大したスコアではありません。住吉選手も4回転はダウングレードでしたのであまり基礎点の押上にはなっておらず、本人比で平凡なスコアでした。加点は山下選手が1位。決まったジャンプの出来は良かったです。

スピンで住吉選手が24点台を出しました。国際大会での自己最高スコアです。吉田選手は22点台前半。いつもと同じ程度ですが、スピンでもう2点くらいは欲しいところ。

ステップ系要素も住吉選手が13点台で1位。こちらは昨シーズン14点台を連発していたのと比べるとやや落ちます。吉田選手は12点台前半。ショートフリー共にレベル3だったこともあり伸びませんでした。

 

○男子シングル シニア

Pl Name Nation Total SP FS
1 Kao MIURA JPN 242.95 99.58 143.37
2 Nozomu YOSHIOKA JPN 219.98 78.02 141.96
3 Valtter VIRTANEN FIN 208.98 70.78 138.20
4 Kyrylo MARSAK UKR 207.52 73.15 134.37
5 Luc ECONOMIDES FRA 204.97 69.54 135.43
6 Makar SUNTSEV FIN 204.31 66.21 138.10
7 Landry le MAY FRA 199.01 57.16 141.85
8 Euken ALBERDI ESP 158.83 50.99 107.84
9 Brandon BAILEY GBR 149.61 50.18 99.43

男子は三浦佳生選手がしっかり優勝しました。250ポイントを得てランキングを上げることに成功しています。

2位には吉岡希選手。日本勢ワンツーです。スコア伸びませんでしたが2位は確保でこちらもランクは上がります。来期のグランプリ枠いくつもらえるか、少し微妙な位置にいますので、大事なランキングポイントだったかとも思います。

3位にはフィンランドのビルタネン選手が入りました。1987年生まれ36歳の大ベテラン。織田信成さんと同い年です。208.98はISU非公認ではありますが自己最高スコアです。驚きの表彰台。どこまで現役を続けてくれるでしょうか。

日本からはもう1人、三宅星南選手が派遣予定でしたが欠場。三宅選手にとっては貴重な国際大会になってきているので大変残念でした。

 

○三浦佳生選手のフリーの構成

  Elements    BaseValue   GOE Scores AvGOE
1 4F< 8.80   -3.52 5.28 -3.800
2 4T   9.50   -2.85 6.65 -3.200
3 4S   9.70   -0.65 9.05 -0.800
4 FCSp3   2.80   0.56 3.36 1.600
5 3A+2A+SEQ   11.30   2.13 13.43 2.600
6 StSq3   3.30   0.66 3.96 1.800
7 2T   1.43 x 0.00 1.43 -0.400
8 3A F 8.80 x -4.00 4.80 -5.000
9 3F   5.83 x -0.53 5.30 -1.000
10 CSSp2   2.30   0.31 2.61 1.200
11 ChSq1   3.00   1.67 4.67 3.400
12 CCoSp3   3.00   0.90 3.90 2.800
  TES   69.76   -5.32 64.44  

4回転フリップ初投入。転倒はしませんでしたがアンダーローテーションとなりました。4回転は3種類4本構成。ループ入りで4本はこれまでも何度か試みていますが、これまでも4本入れてのノーミスはありません。今回も後半ばてた、というだけでなく前半からジャンプはすべて悪い出来でした。はっきり言えば全体的にボロボロ。

今回はショートでおそらく最初から予定で後半4-3を入れていたり、フリーは初の4回転フリップを入れたりと持ち札全部出してみた、というような構成だったかと思います。今大会は世界選手権へ向けての調整試合。結果が出れば最高ですが、出なかったとしても試したこと自体に大きな意味があったかと思います。少なくともショートの後半4-3は、崩れリカバリーでグランプリファイナルでも決めていましたし、今大会の成功含め、世界選手権で狙って入れ行ける計算も立ったかと思います。

フリーはやはり三浦選手のスタイルなら4回転は最低4本は入れたい。ループにするのかフリップにするのか。どちらにしても入れたいです。オリンピックシーズンにはどちらも合わせて4種類5本が目指す形かと思います。

 

○吉岡希選手のフリーの構成

  Elements    BaseValue   GOE Scores AvGOE
1 4Tq F 9.50   -4.75 4.75 -5.000
2 3T+2T   5.50   0.28 5.78 0.600
3 3A   8.00   1.60 9.60 1.800
4 FSSp3   2.60   0.35 2.95 1.200
5 3Lo   4.90   -0.49 4.41 -1.000
6 ChSq1   3.00   0.50 3.50 1.000
7 3A+1Eu+3S   14.08 x 0.53 14.61 0.600
8 2F+2A+SEQ   5.61 x -0.33 5.28 -1.000
9 StSq3   3.30   0.77 4.07 2.000
10 3Lz   6.49 x 0.79 7.28 1.400
11 CCSp3   2.80   0.28 3.08 1.000
12 CCoSp4   3.50   0.58 4.08 1.600
  TES   69.28   0.11 69.39  

確率が高く決まっていた4回転トーループが今大会はショートフリー共にしっかり決められませんでした、フリーは特に転倒と抜け3回転。ここまで決まらない姿はなかなか見られません。後半にはフリップも2回転に。選曲の関係もあってか会場は盛り上がっていましたが、本人としては不満そうなフリーでした。

ちょっとモチベーションの持ち方が難しい試合なところはあったかもしれません。ポイント取って少しでもランクを上げて、来期のグランプリ枠の可能性を少しでも上げたい。というようなものはちょっと間接的すぎて明確なモチベーションにはなりづらいでしょうし。

現在シーズンベストランクは27位。世界ランキングは34位でここに225ポイント足して一旦25位まで上がるはずですが、この後世界ジュニアや世界選手権でもう少し下がってくると思います。どちらも24位に少し足りない位置でシーズンを終えることになりました。来期のグランプリシリーズ出場は微妙な情勢ですが、1枠は回って来るかな。2枠はたぶん無いでしょう。上位で戦うにはそろそろ4回転2種類目が欲しいでしょうか。今期から長光先生のところいますので、ジャンプ以外のところをしっかり、というテーマがあったかと思いますが、ジャンプももう1段階上まで行きたい。そこまでいけば、日本の6強を崩していくところまで行けるチャンスが出てくるかとも思います。

 

○男子シングルシニア 要素別スコア

Pl Name Total PCS J Base J GOE Spin Step
1 Kao MIURA 242.95 121.40 88.13 -0.34 21.06 13.70
2 Nozomu YOSHIOKA 219.98 111.01 79.50 -2.17 21.00 11.64
3 Valtter VIRTANEN 208.98 107.50 62.36 4.56 22.97 11.59
4 Kyrylo MARSAK 207.52 103.48 72.34 2.91 18.09 10.70
5 Luc ECONOMIDES 204.97 115.42 64.26 -6.76 20.75 13.30
6 Makar SUNTSEV 204.31 110.41 58.92 2.06 20.52 13.40
7 Landry le MAY 199.01 104.31 64.45 -1.55 21.55 11.25
8 Euken ALBERDI 158.83 90.28 48.84 -7.52 20.41 9.82
9 Brandon BAILEY 149.61 87.63 42.17 -6.98 19.92 8.87

PCSは三浦選手のみ120点台に乗せて平均8点超えです。2番目はフランスのエコノミド選手です。吉岡選手は111.01の3位。グランプリシリーズの114.15からは少し落としました。PCSも吉岡選手としては伸ばしていきたい部分です。

ジャンプの基礎点は三浦選手が88.13 4回転フリップを構成に入れましたが他の要素でミスが出て伸びていません。グランプリシリーズでは100点超えていました。世界選手権で上位に行くにはそれくらいは必要そうです。吉岡選手の79.50はシーズンワースト。国内戦でも初戦のげんさんサマーカップ以外は80点以上出ていました。ちょっと今回は精彩を欠いたと言わざるを得ないでしょうか。加点は三浦選手も吉岡選手もマイナスです。なかなかうまくいかない試合でした。

スピンも2人とも21点台。2人ともスピンは苦手ですからこれくらいで平常運転。むしろ三浦選手は国内外通じて今シーズン1番のスコアだったりします。

ステップ系要素は三浦選手が13.70 もっと出る選手ですが今回はあまり伸びず。吉岡選手の11.64も本人比で普通くらいです。長光先生、田中刑事先生、ついでにたぶん通りかかりそうな高橋大輔さんに伸ばしてもらいたい要素かとも思います。

 

 

今大会は5人出場して男女とも上から順に日本人選手が占めました。ただ、納得いく結果はだれ一人出せなかったように感じます。三浦選手と吉田選手は世界選手権へ向けての調整試合。ちょうど調子は落ちている時期だと思われます。それぞれいい試しは出来たでしょうか。住吉選手と吉岡選手はモチベーション的に難しい試合だったかと思います。山下選手はせっかく来たチャンス、もう1段階上のレベルの滑りをフリーでは見せてほしいところでした。

 

次週はB級シリーズツアー派遣、シングルは2戦目チャレンジカップがあります。男子は友野一希選手、壷井達也選手、女子では世界チャンピオンの坂本選手に、この先の去就が注目される青木祐奈選手が登場です。男子ではカザフスタンのシャイドロフ選手あたりが日本勢に対抗できる選手としているでしょうか。女子はベルギーのピンツァローネ選手、や昨季のヨーロッパチャンピオンのクラコワ選手、など意外な豪華メンバーです。ただ、日本勢としてはシングル勢よりもペアの派遣の方が重要で、三浦/木原組が復帰2戦目の調整試合でどこまでいくかと、そしてババリアンオープンでショートのミニマム獲り損ねた長岡/森口ペアは、この試合でミニマムスコアを取ること=世界選手権の出場権、という最重要試合となります。

 

 

 

 

 

四大陸選手権 初優勝初優勝

日程的に国によっては微妙な位置になる4大陸選手権。昨季は女子ではアメリカがフルメンバー送り込んで来たりと意外な展開を見せましたが、今期はほぼ日韓決戦という構図になりました。

 

○女子シングル(上位12名)

Pl Name Nation Total SP FS
1 Mone CHIBA JPN 214.98 71.10 143.88
2 Chaeyeon KIM KOR 204.68 69.77 134.91
3 Rinka WATANABE JPN 202.17 67.22 134.95
4 Ava Marie ZIEGLER USA 201.19 68.25 132.94
5 Seoyeong WI KOR 193.57 64.44 129.13
6 Madeline SCHIZAS CAN 185.69 61.57 124.12
7 Mai MIHARA JPN 184.07 65.18 118.89
8 Elyce LIN-GRACEY USA 173.98 62.83 111.15
9 Sara-Maude DUPUIS CAN 172.45 56.00 116.45
10 Tzu-Han TING TPE 171.87 59.17 112.70
11 Haein LEE KOR 169.38 56.07 113.31
12 Lindsay THORNGREN USA 162.63 64.11 98.52

今季前半不振だった千葉百音選手が大幅自己ベスト更新で優勝しました。これまでの国際大会優勝経験は、ジュニア時代のチャレンジカップ2回と、シニアカテゴリーではクープドプランタンがあるだけですので、チャンピオンシップ初優勝どころか、ISU公認試合初優勝となります。

2位には韓国のキムチェヨン選手が入ってきました。こちらはチャンピオンシップ初表彰台。200点台をコンスタントに出して安定して上位に入ってきています。世界選手権も表彰台の可能性を持つ1人でしょうか。

渡辺倫果選手が3位表彰台を確保。こちらもチャンピオンシップ初表彰台です。ワールドを逃しているので、今期はこれが最後の大舞台でしたが結果を残しました。

アメリカのアヴァマリージーグラー選手が4位。全米選手権におらず、あれ? と思っていたのですが、まさかの全米放棄しての4大陸専念。それってワールドあきらめると同義だったと思うのですが、本人的にはそれでも1つのチャンスに賭けたのでしょうか。NHK杯に次いで200点突破でパーソナルベストは一定の結果を残したとも言えますが、表彰台まで0.98差、ルッツでe付かずに!までだったら表彰台だったことを考えると、惜しい4位だったかもしれません。

韓国のウィソヨン選手が5位。193.57はパーソナルベスト更新です。今期は国際大会で不調で3試合で158.15が最高、ナショナルも175.29止まりでしたので、ちょっと厳しいかな、来期もグランプリなくなるかも、と思っていましたがここで一定の結果を出してきました。193.57は今シーズン20位のスコア。来期のグランプリ枠獲得につながっていきそうです

カナダのシーザス選手が6位です。ナショナルでフリー失敗して3連覇ならずからの4大陸どうか、というところでしたが力なりのスコアを出してきて過去最高位を得ています。

日本からもう一人、三原舞依選手は7位でした。今シーズンはずっと本調子ではなかったのではないかと思いますがこれでひとまずシーズンは終了でしょうか。ワールドの補欠持ってますけど。怪我なおして、体調戻して、来季への準備をしていっていただければと思います。

昨季のチャンピオンイ・ヘイン選手はジャンプ決まらず11位に終わりました。

 

○千葉百音選手のフリーの構成

  Elements    BaseValue   GOE Scores AvGOE
1 3F+3T   9.50   1.21 10.71 2.333
2 2A   3.30   0.80 4.10 2.444
3 3S   4.30   0.86 5.16 2.111
4 CCoSp4   3.50   1.05 4.55 3.111
5 3Lo   4.90   1.12 6.02 2.333
6 ChSq1   3.00   1.50 4.50 3.000
7 3Fq+2T+2Lo q 9.13 x -0.45 8.68 -0.889
8 3Lz+2A+SEQ   10.12 x 1.10 11.22 1.778
9 FCCoSp4   3.50   0.95 4.45 2.778
10 3Lz! ! 6.49 x 0.51 7.00 0.667
11 StSq4   3.90   1.39 5.29 3.444
12 LSp4   2.70   1.04 3.74 3.889
  TES   64.34   11.08 75.42  

構成はいつものものでルッツフリップ2本立て。スピンステップオールレベル4で基礎点64.34 これは今季6位、シニアの中では3位の基礎点です。トリプルアクセル無し組では2番目の基礎点で、スピンにレイバックスピンがあるのですが、これを基礎点3.0のものに替えれば、高難度無しの中で1番の基礎点になってきます

ほぼミスなし。1.1倍のところでqと!がついていますが、この2つは割とこれまでもこういったマークや回転不足が付きやすいところでしたので、今回はその程度にうまく抑えたとも言えそうです。

技術点75.42は今季4位のスコアです。上にいるのは日本人選手3人で、島田麻央選手除くと、坂本選手吉田選手といますので、ワールド日本代表3人は、フリー技術点上位3人ということになりました。

全日本以降、シーズン序盤はなんだったんだろう、という活躍ぶりの千葉選手。なんだったんだろうって喘息だったんだろう、ということのようですが、そういった体調不良を克服して本来の力を取り戻したというか自信を取り戻しての好成績、と捉えればよいのでしょうか。

シーズン前半の成績だと、来期のグランプリ枠あるかどうか? くらいの先行き不安があったのですが、この優勝で、ケガさえなければオリンピックシーズンまで世界のトップで戦えることがほぼ確定しました。このスコアだとワールド表彰台争いに入ってきます。この調子を3月まで保っていけるかどうか? その辺が鍵になって来るのかと思います。

 

○渡辺倫果選手のフリーの構成

  Elements    BaseValue   GOE Scores AvGOE
1 3A   8.00   2.06 10.06 2.556
2 3Lo+3T< 8.26   -0.91 7.35 -1.889
3 3F   5.30   1.29 6.59 2.444
4 1Lz+2A+SEQ   3.90   0.00 3.90 0.000
5 FCSp4   3.20   0.73 3.93 2.333
6 ChSq1   3.00   0.79 3.79 1.667
7 3Lz< 5.19 x -0.87 4.32 -1.889
8 2A+1Eu+3S   8.91 x 1.23 10.14 2.778
9 3Lo   5.39 x 1.33 6.72 2.778
10 CCoSp4   3.50   0.40 3.90 1.111
11 StSq4   3.90   1.06 4.96 2.778
12 FSSp4   3.00   0.77 3.77 2.556
  TES   61.55   7.88 69.43  

トリプルアクセル決めました。昨年の4大陸選手権以来1年ぶりです。+2.556の評価は今シーズンの全選手の最高評価です。ただ、その他のミスが3つ。ルッツ2本は昨年からの課題。そして、3-3のセカンドも回転不足、ということで基礎点は61.55 トリプルアクセル決めたものの、普通の基礎点となりました。ルッツが1回転に抜けてセカンドにアクセルのシークエンス、というのは昨年の4大陸でもあった姿でした。

昨季はトリプルアクセル決めてもルッツの成功率が低い、という課題があったのですが、今期はルッツの成功率が上がっていてアクセルが決まらなくても200点に乗せる力が付いてきました。それが今回は昨季と同じ構図に。なかなかアクセルとルッツが両立しないようです。

ルッツ片方でも決めていれば2位まではありました。優勝スコアとの差は12点以上ありますので、ノーミスでも届いたかどうかくらいです。ショートのコンビネーションでq2つというのも痛かったでしょうか。今回はアクセルに力を注ぎすぎて、ルッツとコンビネーションでミスが出たということのように見えます。アクセルを飛びに行くというのはこういうところでもリスクがあるんだろうと思います。それでも今回はしっかり決め、表彰台を確保しました。

チャンピオンシップのメダルを初獲得。これでMFアカデミーにジュニアシニアのチャンピオンシップメダルが揃った形になりました。次はワールド、と行きたいところでしたが今シーズンは補欠2 主要大会の登場はこれで最後となると思われます。

 

○キムチェヨン選手のフリーの構成

  Elements    BaseValue   GOE Scores AvGOE
1 2A   3.30   0.90 4.20 2.444
2 3Lz+3T   10.10   1.60 11.70 2.556
3 3Lo   4.90   0.49 5.39 1.000
4 3F! ! 5.30   0.30 5.60 0.556
5 FCCoSp4   3.50   1.05 4.55 3.000
6 3F!+2T+2Lo ! 9.13 x 0.15 9.28 0.222
7 3Lz+2A+SEQ   10.12 x 1.18 11.30 1.889
8 StSq2   2.60   0.71 3.31 2.667
9 ChSq1   3.00   1.00 4.00 1.889
10 3S< F 3.78 x -1.72 2.06 -5.000
11 FCSp4   3.20   0.64 3.84 2.000
12 CCoSp4   3.50   1.00 4.50 2.778
  TES   62.43   7.30 69.73  

キムチェヨン選手も千葉選手と似ていて、ルッツフリップの2本立てです。スピンが基礎点高い組み合わせなので、ノーミス基礎点なら千葉選手の上へ行けるのですが、サルコウの回転不足とステップレベル2により、62.43に留まりました。

フリップに!がつくのはキムチェヨン選手の課題にずっとなっていて、今大会もショートフリーで3つ!でした。なのである意味定常運転だったわけですが、サルコウのアンダーローテーション転倒は痛かったです。以前はサルコウでミスが起きることはなかったのですが、今期はグランプリシリーズでも同じように回転不足を出していますので、サルコウの得意不得意ではなくて、終盤の体力的な課題があるのかもしれません。

ただ、それでも何とか2位は確保しました。ノーミスでも千葉選手には少し届かなかったと思われるので、獲りえるものはしっかり獲れた、というところかと思います。結果として、昨季の3位4位5位が今期は1位2位3位と、それぞれうれしい結果が出たのではないかと思われます。

次は世界選手権。国際大会で200点声が7回あるのですがパーソナルベストは205.51 安定感はあるのですが爆発力は無い。というタイプになっているので、表彰台争いは周りが崩れてラインが下がって来るのを待つ、という力関係になっていますが、ノーミスすれば210点台に乗せられる力はありますので、溜まりに溜まったものが一気にワールドで爆発すれば、表彰台のチャンスもありそうな位置にはいます。

 

○女子シングル ショートフリー合わせた要素別スコア(上位12名)

Pl Name Total PCS J Base J GOE Spin Step
1 Mone CHIBA 214.98 100.77 67.03 7.65 24.50 15.03
2 Chaeyeon KIM 204.68 98.06 65.86 5.06 24.32 12.38
3 Rinka WATANABE 202.17 97.01 64.16 4.72 22.63 13.65
4 Ava Marie ZIEGLER 201.19 96.77 64.27 4.50 22.70 12.95
5 Seoyeong WI 193.57 87.78 65.93 7.78 21.11 10.97
6 Madeline SCHIZAS 185.69 89.87 62.70 0.18 20.11 12.83
7 Mai MIHARA 184.07 96.17 52.59 -0.01 22.42 13.90
8 Elyce LIN-GRACEY 173.98 86.85 60.34 -6.04 20.15 13.68
9 Sara-Maude DUPUIS 172.45 81.99 57.03 0.70 21.36 11.37
10 Tzu-Han TING 171.87 82.95 58.79 -2.83 21.63 11.33
11 Haein LEE 169.38 93.57 51.48 -10.33 23.35 13.31
12 Lindsay THORNGREN 162.63 87.64 51.58 -8.77 21.00 13.18

PCSただ一人の100点到達が千葉選手でした。キムチェヨン選手、渡辺倫果選手と順位と同じ並びで続きます。三原選手も96点台で平均8点台はもらえました。

ジャンプの基礎点も千葉選手が1位。ジャンプはしっかり決めて行ったウィソヨン選手が2位でキムチェヨン選手が3位です。トリプルアクセル決めつつも渡辺選手は5位。すべてのジャンプが大事です。加点はウィソヨン選手が1位でした。千葉選手2位でキムチェヨン選手3位。イ・ヘイン選手はジャンプがことごとく決まらず厳しい試合になりました。ジャンプ合計は千葉選手が1位です。

スピンも千葉選手が24点台で1位。キムチェヨン選手が2位です。渡辺選手の22.63は本人比では普通程度のスコアですが、上位で争うにはもう2点くらい欲しいところです。

ステップ系要素は千葉選手が初めて15点台に乗せました。今季4位の高評価です。三原舞依選手が2位でアメリカのグレーシー選手が3番目でした。

千葉選手の強さが目立った試合となりました。

 

○男子シングル(上位12名)

Pl Name Nation Total SP FS
1 Yuma KAGIYAMA JPN 307.58 106.82 200.76
2 Shun SATO JPN 274.59 99.20 175.39
3 Junhwan CHA KOR 272.95 95.30 177.65
4 Sota YAMAMOTO JPN 263.43 94.44 168.99
5 Boyang JIN CHN 256.89 89.41 167.48
6 Mikhail SHAIDOROV KAZ 244.80 81.76 163.04
7 Wesley CHIU CAN 240.38 83.50 156.88
8 Andrew TORGASHEV USA 237.20 81.15 156.05
9 Yudong CHEN CHN 218.66 78.74 139.92
10 Roman SADOVSKY CAN 217.83 72.44 145.39
11 Tomoki HIWATASHI USA 217.74 75.39 142.35
12 Maxim NAUMOV USA 215.00 67.61 147.39

鍵山優真選手初優勝。4大陸3位、グランプリファイナル3位、世界選手権2位、オリンピック2位、ついでに世界ジュニアも2位を持っていますが、チャンピオンシップ級の優勝はこれが初になります。持っていたタイトルはグランプリシリーズ以外だとユースオリンピックくらい。ようやく1つ取れた、ということになるでしょうか。念願の初チャンピオンシップ優勝でした。

佐藤駿選手が2位表彰台です。昨季の3位から1つ順位を上げてきました。世界選手権が無いのでここで一発タイトルが欲しいところでしたが届きませんでした。

3位は韓国のチャジュンファン選手。今季前半は不調というかケガに苦しむというか、スコアが全然出ていませんでしたが、年が明けてから調子上がってきたでしょうか。昨季はショートフリーで4回転3本ながら296点まで出している選手ですので、もう一段ギアを上げると世界選手権の表彰台争いに今年も名乗りを上げて行けそうです。

本草太選手は4位。シニアのチャンピオンシップ表彰台はまだありませんので、今大会は3位に入っておきたいところですが届きませんでした。あと10点ほど。ミスなく滑れば十分届くところでしたので残念でした。

5位にはボーヤンジン選手が入ってきています。しばらく不振が続いていましたがだいぶ戻ってきたでしょうか。今期もグランプリシリーズは結果が出ませんでしたが、ゴールデンスピンでは258.67を出し、今大会も250点台後半までは来ました。古めなルールですが300点経験もある選手ですので、完全復活とはちょっと失礼すぎて言えませんが、だいぶ上位で戦える力は戻ってきたようです。フリーは冒頭、オリンピック以来2年ぶりの4回転ルッツ成功です。26歳4か月での4回転ルッツ成功は、ISU公認試合では、これまでの羽生結弦さんの25歳0日を上回る最年長記録更新となりました。

カザフスタンのシャイドロフ選手は6位。2年連続の5位から、スコアは伸びたのですが順位は1つ下がりました。4回転フリップを初成功。ルッツも決めています。今期サルコウは入れていないのですが昨季は跳んでいました、種類的には4種類飛べるので、体力整えば4回転5本構成も可能で、さらに上位進出してくる姿が見られるかもしれません.

 

○鍵山優真選手のフリーの構成

  Elements    BaseValue   GOE Scores AvGOE
1 4S   9.70   4.43 14.13 4.556
2 4F   11.00   -3.46 7.54 -3.222
3 4T+1Eu+3S   14.30   3.26 17.56 3.444
4 3A+2A+SEQ   11.30   2.51 13.81 3.222
5 FCSSp4   3.00   0.73 3.73 2.444
6 3A   8.80 x 2.51 11.31 3.111
7 3Lz!+3T ! 11.11 x 0.67 11.78 1.111
8 ChSq1   3.00   1.93 4.93 3.889
9 3F   5.83 x 1.67 7.50 3.222
10 StSq4   3.90   1.84 5.74 4.667
11 CCoSp4   3.50   1.35 4.85 3.778
12 FCCoSp4   3.50   0.90 4.40 2.667
  TES   88.94   18.34 107.28  

4回転3本構成入れてきました。フリップは国際大会初投入で、降りることは出来ましたがGOEマイナス。あともう少しといったところです。2回飛ぶジャンプはトリプルアクセルのみ。これ、フリップが不安定なら得意の4回転サルコウを2本入れる、ということが原理的には可能です。おそらくフリップ入れるのと同じくらいのスコアは出せます。

冒頭の4回転サルコウ、平均GOE+4.556 これは今期全体1位の評価です。サルコウ2本でいいような気がするのですが、今点を取れる構成ではなくて、先を見ながらの構成なのだろうな、と思われます。

かつてはセカンドループも使っていましたが、今期は入れていません。今のルールだと4回転2本3本飛ぶ選手の構成としては、セカンド3Loは2Aの代替なので基礎点にして1.60しか上がりません。ハイリスクローリターン感が強すぎて入れにくいかと思います。

さて、次は世界選手権です。基礎点88.94はグランプリファイナルのマリニン選手の108.09と20点ほどの差があります。ちょっとノーミスされたらかなわないですが、2ミスくらい入るとPCS差に出来栄え勝負でなんとかならないこともない、くらいの範疇に入るように見えます。

 

○佐藤駿選手のフリーの構成

  Elements    BaseValue   GOE Scores AvGOE
1 4Lz   11.50   3.45 14.95 3.000
2 3A+1Eu+3S   12.80   1.60 14.40 1.889
3 4T+2T   10.80   0.41 11.21 0.556
4 FCSp3   2.80   0.32 3.12 1.111
5 4T   9.50   0.27 9.77 0.222
6 3A   8.80 x 1.37 10.17 1.778
7 3Lo   5.39 x -1.05 4.34 -2.111
8 3Lz+2T   7.92 x 0.59 8.51 1.000
9 CSSp4   3.00   0.43 3.43 1.444
10 StSq3   3.30   0.85 4.15 2.556
11 ChSq1   3.00   1.14 4.14 2.222
12 CCoSp4   3.50   0.25 3.75 0.889
  TES   82.31   9.63 91.94  

4回転2種類3本。今回は初めて、ショートフリーで2本の4回転ルッツを決めました。ただ、ジャンプの天才というからにはもう少し本数欲しいところでしょうか。フリップは!以上率100%というところが痛いですが、割と降りていたので体力さえ持つなら入れてもよいように感じます。サルコウはジュニア時代に試したきりですが、その時も降りてはいるので技術的にはおそらく可能なのではないかと思われます。世界の頂点狙うには、ジャンプ勝負で行くなら4種類5本で勝負してほしいところです。

セカンド3Tが入らないのも残念なところです。また、シークエンスアクセルの導入が佐藤選手はなされていません。今回はいらなかったではなくてルール改正後入ったことがありません。このあたりも痛いところで基礎点は82.31とあまり伸びていません。21-22シーズンにはルッツフリップトーループで4回転3種類4本構成を組んでいて、コンスタントに80点台後半を出していましたので、それくらいは出して勝負したいところです。

世界選手権は補欠2ですので今期の主要大会はこれで終了と見込まれます。来期に向けて、フリーの4回転の本数を増やしていくことが予想されますが、その準備時間が十分とれる、というのが吉と出るか? 日本男子の上位6人の中で、ただ一人、ワールドの経験が無いという状態になっていきますが、実力差はさほどないと思いますので、来期のワールド、そしてその次のオリンピックへ向けて、調整していっていただければと思います。

 

○山本草太選手のフリーの構成

  Elements    BaseValue   GOE Scores AvGOE
1 4S F 9.70   -4.85 4.85 -4.889
2 4T+1T   9.90   -2.99 6.91 -3.222
3 4T   9.50   2.44 11.94 2.556
4 3A+1Eu+3S   12.80   1.71 14.51 2.000
5 FCSp4   3.20   0.46 3.66 1.444
6 3A   8.80 x 1.49 10.29 1.889
7 ChSq1   3.00   1.64 4.64 3.333
8 3F+3T   10.45 x 1.29 11.74 2.444
9 3Lz! ! 6.49 x 0.17 6.66 0.222
10 CSSp4   3.00   0.77 3.77 2.667
11 StSq3   3.30   0.99 4.29 2.889
12 CCoSp4   3.50   1.05 4.55 3.000
  TES   83.64   4.17 87.81  

4回転2種類3本。冒頭2本が決まらなかったのが結局痛かったです。コンビネーション含め冒頭2つ決めていれば2位表彰台まで届いた計算です。4回転サルコウは成功率も高かったですし、トーループも悪くはない。むしろトリプルアクセルの方が確率が低いという中アクセル2本決めたわけですから、チャンスがあっただけに残念な序盤でした。

スピンはオールレベル4ですがステップはレベル3です。山本選手はステップのレベルは3が標準的で4はあまり取れていません。ショートフリーでGOE含めると1.5点前後失われるわけですのでこの辺も確実に4を取れる率を上げていきたいところでしょうか。

世界選手権が今期は補欠1 可能性は無くはないですが、まあ基本的には来季への準備となると思います。

山本選手は4回転がまだ2種類です。3種類目のフリップを試したことはありますが決まってきていません。このオフにフリップの習得を目指すのかどうか? オリンピック代表争いでは3枠あってもナショナル300点が必要になってくる可能性もありますので、そう考えると3種類目までは欲しいかなあ、とも感じます。

 

○男子シングル ショートフリー合わせた要素別スコア(上位12名)

Pl Name Total PCS J Base J GOE Spin Step
1 Yuma KAGIYAMA 307.58 140.42 104.24 21.00 25.51 16.41
2 Shun SATO 274.59 125.20 100.71 13.27 22.16 13.25
3 Junhwan CHA 272.95 129.61 97.54 6.16 23.98 15.66
4 Sota YAMAMOTO 263.43 123.16 99.04 4.86 24.10 13.27
5 Boyang JIN 256.89 117.08 95.18 10.46 22.41 12.76
6 Mikhail SHAIDOROV 244.80 109.72 104.76 -1.20 20.81 11.71
7 Wesley CHIU 240.38 113.82 90.10 3.62 20.69 12.15
8 Andrew TORGASHEV 237.20 116.80 75.54 7.72 22.60 14.54
9 Yudong CHEN 218.66 103.88 85.17 1.19 20.86 9.56
10 Roman SADOVSKY 217.83 115.39 75.41 -8.18 23.99 12.22
11 Tomoki HIWATASHI 217.74 100.08 94.80 -8.67 21.83 10.70
12 Maxim NAUMOV 215.00 111.02 73.60 -6.30 23.20 14.48

鍵山選手のPCSは140点台に達しています。これでもオリンピックのスコアには届いていません。チャジュンファン選手が2番目で129.61 130点台後半まで出せる選手ですのであまり伸びなかったという印象になります。佐藤選手は鍵山選手とPCSで15点差付くのはちょっと苦しいです。

ジャンプの基礎点はシャイドロフ選手が1位でした。ルッツフリップトーループ2本の4回転4本構成はやはり基礎点面では強かったです。基礎点削られるミスなかった鍵山選手が僅差の2番目。佐藤駿選手も100点には乗せました。

加点の方は鍵山選手が圧倒的です。ただ、これでも今期3位で、マリニン選手とアダムシャオイムファ選手がミスなく滑るともっと上に行きます。佐藤駿選手が2番目。ボーヤンジン選手が今回は3番目でした。

スピンも鍵山選手が1位で25点台。26点台をコンスタントに出しますので本人比ではむしろそれほど良くはなかったです。山本草太選手が24点台で2番手。山本選手もこれくらいはいつも出せます。ジャンプに苦しんだサドフスキー選手でしたがスピンは3番目のスコアでした。佐藤駿選手は22点台で鍵山選手と3点以上差があります。本人としては今季1位のスコアなのですが、こういうところで点差が付くのもちょっと苦しいところ。

ステップ系要素も鍵山選手が16点台で1位。これは自己最高スコアです。今期全体で3番目の評価です。チャジュンファン選手が15点台で続きます。トルガシェフ選手が3位でした。

 

 

男女ともに日本から初優勝が出ました。それも、獲れてなかった4大陸を後からとりました初優勝、ではなくて、チャンピオンシップ初優勝という2人です。フレッシュ、というには鍵山選手の方は実績山盛りなので違和感ありますが、世界選手権には日本の2番手として挑んでいく立場。次への弾みにもなりました。

日本のナショナルはグランプリファイナルに日程が近すぎる、という批判がよく出るのですが、4大陸で結果を出すにはちょうどいい時期にある、とも言えます。4大陸サイドの強豪国は年が明けてからのナショナルが基本。中国くらいでしょうか、年内にナショナル終えているのは。アメリカなんかは完全に4大陸無視日程を貫いています。どの程度4大陸を重視するかは国によって違いそうですが、日本は4大陸向けにはいいスケジュールになっているなあ、と今年も感じました。

観客がいまいち入っておらず、中国、コロナ以降はあの強かったペアも壊滅してしまっていて、盛り上がりようもなかったですかね。フィギュア界のお金の周りをよくするには、中国がもう少し強くあってくれないと困るのですが、立て直しには少し時間がかかるでしょうか?

今期も終盤になってきて、残るは世界ジュニアと世界選手権。女子はここまで日本勢がジュニアグランプリファイナル、グランプリファイナル、4大陸、ついでにユースオリンピックまで獲っていますので、世界ジュニアと世界選手権でコンプリートが見えてきています。

 

 

ヨーロッパ選手権 悲願の初優勝と反則技

ロシア抜きになって昨シーズンからヨーロッパの勢力図は一変したわけですが、その状態にも少し馴染んできたでしょうか。アジア勢北米勢と対抗できるのはフェルナンデスさんとロシアだけ、という時代がしばらく続いてきていたのが、ようやくそこから抜け出してきているようにも感じられる試合ではありました。

 

○女子シングル(上位12名)

Pl Name Nation Total SP FS
1 Loena HENDRICKX BEL 213.25 74.66 138.59
2 Anastasiia GUBANOVA GEO 206.52 68.96 137.56
3 Nina PINZARRONE BEL 202.29 69.70 132.59
4 Livia KAISER SUI 194.72 66.31 128.41
5 Lorine SCHILD FRA 183.86 63.27 120.59
6 Sarina JOOS ITA 180.83 59.82 121.01
7 Kimmy REPOND SUI 180.82 60.34 120.48
8 Olga MIKUTINA AUT 173.46 63.71 109.75
9 Julia SAUTER ROU 168.40 58.59 109.81
10 Lara Naki GUTMANN ITA 166.01 55.68 110.33
11 Josefin TALJEGARD SWE 165.03 57.33 107.70
12 Emmi PELTONEN FIN 164.74 56.73 108.01

女子はヘンドリックス選手が初優勝。昨季の悔しい負けから今期もフリーミス出ると危ないというところを乗り切ってついにタイトルを獲りました。

2位には連覇ならずのグバノワ選手ですが、オリンピック以来の200点突破でパーソナルベスト更新です。

3位には今季好調、ピンツァローネ選手が入ってきました。初の200点突破でチャンピオンシップ初表彰台です。

4位にはスイスから、リビアカイザー選手が入ってきました。これまでのベストは173.20 グランプリシリーズの出場経験も無く、昨季は世界ジュニア22位という選手が大躍進です。

フランスのシルト選手が5位です。長らく低迷しているフランス女子ですが、久しぶりに上位に絡んできました。昨季世界選手権25位のショート落ちからの躍進でこちらもパーソナルベストでした。

パーソナルベスト連発の女子となりました。そんな中、昨季4位のクラコワ選手がショート落ち。ショートからルッツとフリップ両方入れて勝負に行っていたようですが、裏目に出てしまいました。

 

○ルナヘンドリックス選手のフリーの構成

  Elements    BaseValue   GOE Scores AvGOE
1 3Lz+3T   10.10   1.26 11.36 2.111
2 2A   3.30   0.80 4.10 2.333
3 3F   5.30   1.14 6.44 2.111
4 2A   3.30   0.71 4.01 2.222
5 CCoSp4   3.50   1.40 4.90 4.000
6 ChSq1   3.00   1.79 4.79 3.667
7 3Lz+2T   7.92 x 1.35 9.27 2.222
8 3F<+2T 6.09 x -1.15 4.94 -2.556
9 3S   4.73 x -0.74 3.99 -1.667
10 FCCoSp4   3.50   0.95 4.45 2.778
11 StSq4   3.90   1.45 5.35 3.667
12 LSp4   2.70   1.16 3.86 4.333
  TES   57.34   10.12 67.46  

ヘンドリックス選手は通常構成で通常の出来でした。フリップ回転不足の分基礎点は削られています。ショートの2位3位の2人が結果的にはいい演技をしたのですが、それより滑走順が先だったのは少し心理的に楽だったでしょうか。さすがの演技でした。

ただ、後半は少し疲れたでしょうか、ジャンプに2つミスは出ています。ヨーロッパはこれくらいで勝てますが、ワールドだとこういうのが入ると届かなくなりそうです。

後は今季はメダル2つ持っているワールドへ進むわけですが、やはりそこで勝つには技術点がもう少し欲しいでしょうか。ループが無い分基礎点で坂本選手に劣りますので、本当にノーミスが求められます。

 

○女子シングル ショートフリー合わせた要素別スコア(上位12名)

Pl Name Total PCS J Base J GOE Spin Step
1 Loena HENDRICKX 213.25 105.86 60.45 5.15 26.19 15.60
2 Anastasiia GUBANOVA 206.52 98.22 66.33 6.24 22.21 13.52
3 Nina PINZARRONE 202.29 94.97 65.29 1.67 25.49 14.87
4 Livia KAISER 194.72 88.78 65.97 5.04 21.70 13.23
5 Lorine SCHILD 183.86 86.32 63.55 0.21 22.26 11.52
6 Sarina JOOS 180.83 85.95 62.63 -2.48 22.14 12.59
7 Kimmy REPOND 180.82 89.77 59.87 -3.63 23.03 12.78
8 Olga MIKUTINA 173.46 87.96 53.32 -6.09 23.89 14.38
9 Julia SAUTER 168.40 82.78 54.49 1.37 19.59 11.17
10 Lara Naki GUTMANN 166.01 86.45 44.22 -0.84 22.19 13.99
11 Josefin TALJEGARD 165.03 86.42 51.21 -6.38 20.27 13.51
12 Emmi PELTONEN 164.74 87.99 44.18 0.43 18.04 14.10

PCSはヘンドリックス選手が1人だけ100点超えて1位です。グバノワ選手、ピンツァローネ選手と総合順位順に続きます。技術点はグバノワ選手がわずかにヘンドリックス選手を上回っていました。上位3人は技術点はほとんど差が無く、PCS差で順位が決まってきています。

ジャンプの基礎点はグバノワ選手が1位で2位はカイザー選手です。ヘンドリックス選手は6位。それほど高くありません。なお、今大会は4回転、トリプルアクセルはありませんでした。3回転構成の中でどれだけミスなく滑るかで基礎点差もついてきています。

加点の方もグバノワ選手が1位です。ヘンドリックス選手が2位でカイザー選手が3番目です。ジャンプで順位付けるとグバノワ選手にカイザー選手が2位で続いてピンツァローネ選手3位にヘンドリックス選手4位という並びになります。

スピンはヘンドリックス選手が26点台で1位。今期シニアで26点台を出しているのはヘンドリックス選手だけです。ピンツァローネ選手が25点台で続きます。

ステップ系要素もヘンドリックス選手が15点台で1位でした。15.60は今季全選手の中で1位のスコアになります。

 

○男子シングル(上位12名)

Pl Name Nation Total SP FS
1 Adam SIAO HIM FA FRA 276.17 94.13 182.04
2 Aleksandr SELEVKO EST 256.99 90.05 166.94
3 Matteo RIZZO ITA 250.87 80.43 170.44
4 Gabriele FRANGIPANI ITA 246.09 83.51 162.58
5 Lukas BRITSCHGI SUI 242.46 91.17 151.29
6 Deniss VASILJEVS LAT 237.42 82.34 155.08
7 Nika EGADZE GEO 233.16 77.00 156.16
8 Vladimir SAMOILOV POL 230.17 71.05 159.12
9 Georgii RESHTENKO CZE 226.67 72.74 153.93
10 Nikolaj MEMOLA ITA 225.88 72.78 153.10
11 Adam HAGARA SVK 220.82 74.97 145.85
12 Mark GORODNITSKY ISR 217.56 77.50 140.06

アダムシャオイムファ選手2連覇。フリーは最終滑走ではなかったわけですが、優勝を確信したような滑りでした。

2位にはエストニアのアレクサンデルセレフコ選手。セレフコ兄弟の兄の方ですが、初のチャンピオンシップ表彰台です。ショートフリー共にパーソナルベストで初の250点超え。エストニア男子として初の表彰台でもありました。これくらいのスコアが出せるとワールドトップ10が見えて、来期のエストニア2枠も見えて、兄弟ワールドの芽が出てきます。もう少し先ですが、兄弟オリンピックにつなげるためにもこれくらいのスコアを維持しつつ、できれば260点台に乗せるくらいになっていきたいところかと思います。

3位にはイタリアのリッツォ選手がショート6位から逆転表彰台にたどり着きました。3回目の表彰台です。怪我を抱えながらなようですが、今期もしっかり結果を出してきています。

同じくイタリアのフランジパーニ選手が4位。冒頭4回転が抜けて3回転になった結果、終盤の3連続の3Lzが3つ目の2回飛んだジャンプとしてカウント外に。これをうまく回避できていれば表彰台が見えていただけに残念でした。

昨季3位のブリッチギー選手が5位。昨季はショート5位からの逆転表彰台でしたが、今期はショート3位の最終滑走というプレッシャーのかかる局面。4回転2本が来あらず、スコア伸ばせず5位に終わりました。

2期前に3位表彰台があるバシリエフス選手は6位でした。この試合で表彰台を狙うなら4回転を回避するのがいいわけですが、ショートフリーと3本入れてきてすべて失敗。安定を選ぶ構成なら表彰台には乗ってきたと思うのですが、世界で勝つためにどうしても4回転が必要と考えているのかと思われます。

上位の有力候補の中ではケビンエイモズ選手がまさかのショート落ち。怪我なのか調子悪いのかなんなのか。このところショートかフリーかどちらかで大崩れ、という試合が続いています。どうしてしまったのでしょうか。

 

○アダムシャオイムファ選手のフリーの構成

  Elements    BaseValue   GOE Scores AvGOE
1 4Lz   11.50   0.16 11.66 0.222
2 4T F 9.50   -4.61 4.89 -4.667
3 3A+2A+SEQ   11.30   1.14 12.44 1.333
4 4S   9.70   -1.25 8.45 -1.111
5 4T+3T   15.07 x 2.04 17.11 2.111
6 3A   8.80 x 1.14 9.94 1.556
7 StSq4   3.90   1.45 5.35 3.667
8 3Lz+1Eu+2S   8.47 x 1.01 9.48 1.556
9 FCCoSp4   3.50   0.80 4.30 2.222
10 ChSq1   3.00   1.79 4.79 3.556
11 CCoSp4   3.50   1.05 4.55 3.000
12 CSSp4   3.00   1.07 4.07 3.556
  TES   91.24   5.79 97.03  

構成的には今シーズンの基本構成です。3連続の3つ目が2回転になった分基礎点はベスト時より下がりましたがそれでも90点台あります。4回転トーループの1本目が転倒だったので、2本目も転倒するとコンビネーションも入らなくなって危険が出てくるところでしたが、これを降りて、トリプルアクセルまで降りたところでほとんど優勝は見えた、というところだったかと思います。

その結果が、バックフリップ、でしょうか。バク転騒ぎを起こすのは昔からフランスとなぜか決まっているようですが、ここでやらなくてもよかったんじゃ・・・、とは思いました。コレオシークエンスの中か外か微妙でしたが、反則の減点2はあるものの、コレオはしっかり高評価ついています。コレオの外ということなのか、コレオの中だけどGOEには無関係ということなのか、どちらなのかいまいちわかりませんでした。

賛否はあると思いますが、少なくとも、結果的に185.0を出せば逆転優勝出来た最終滑走のブリッチギー選手は、舐めやがってバカヤロー、と怒っていいと思います。自己ベスト176.49を今期出していましたので、コレオを丸ごと-5にされたところにブリッチギー選手がノーミスしたら逆転が十分にあったはずでした。

全体的にジャンプが不安定で、何とか耐えきったという風に見えて、本人比ではあまりいい演技ではなかったでしょうか。それでも270点台後半までは出せているわけで、しっかり世界選手権に合わせてくれば、今期こそは表彰台チャンスがあるかとも思われます。

 

○男子シングル ショートフリー合わせた要素別スコア(上位12名)

Pl Name Total PCS J Base J GOE Spin Step
1 Adam SIAO HIM FA 276.17 131.99 104.64 1.45 25.32 15.77
2 Aleksandr SELEVKO 256.99 123.96 81.85 13.90 22.04 15.24
3 Matteo RIZZO 250.87 125.08 81.22 8.60 22.74 14.23
4 Gabriele FRANGIPANI 246.09 119.56 82.22 9.12 22.20 12.99
5 Lukas BRITSCHGI 242.46 123.10 78.62 2.54 24.62 14.58
6 Deniss VASILJEVS 237.42 126.49 80.25 -9.28 25.90 15.06
7 Nika EGADZE 233.16 111.11 94.70 -5.47 20.09 12.73
8 Vladimir SAMOILOV 230.17 107.23 89.10 5.51 18.88 10.45
9 Georgii RESHTENKO 226.67 100.30 94.37 4.82 19.10 9.08
10 Nikolaj MEMOLA 225.88 109.18 92.68 -5.19 17.45 13.76
11 Adam HAGARA 220.82 103.42 78.81 8.24 19.73 10.62
12 Mark GORODNITSKY 217.56 109.68 72.04 2.64 20.44 13.76

スコア別では技術点PCS共にシャオイムファ選手が1位でした。PCSはバシリエフス選手が2位です。4回転にこだわらなければ表彰台くらいは普通に見えるわけですが、ワールド表彰台を目指すには確かに4回転は必要なわけで。ノーミスが見たい選手ですが、なかなかその辺のバランスは難しいようです。

ジャン宇pの基礎点はシャオイムファ選手1人だけ100点超えです。2番目はエガゼ選手、ほぼ同点でチェコのリシュテンコ選手が続きます。このあたりはショートフリーで4回転2種類合計5本飛んでくれば入ってこられます。セレフコ選手はジャンプの基礎点はそれほど高くない位置でしたが、加点は1人だけ二桁の1位です。フランジパーニ選手、リッツォ選手も加点を大きくもらいました。

スピンはバシリエフス選手が1位です。26点台まで出せる選手ですが、今期はこの25.90がベストです。シャオイムファ選手も25点台で続き、ブリッチギー選手が24点台で3位でした。

ステップ系要素はバックフリップありながらもシャオイムファ選手が1位。セレフコ選手とバシリエフス選手までが15点台をマークしています。

 

男子は2連覇×反則技に、新興勢力が2位に入り、すでにベテラン感のある実績のある選手が3位と、様々な顔が結果を出して見どころ多くありました。女子は、ようやくの悲願の初優勝と、それに続く選手たちのパーソナルベスト祭り。こちらは好演技の連発で非常に印象のいい試合となりました。女子で、ロシア以外で200点に3人乗せたヨーロッパ選手権というのはかつてなかったはずです。表彰台に乗った3人は東アジア勢、アメリカ勢とも十分戦える力が見えて、世界選手権が楽しみになりました。観客の入りどうかな? と心配な部分もありましたが、結構しっかり入っていたようでそこもよかったです。

次は2週空いて4大陸選手権が続きます。アメリカはナショナル終わってなかったりと、まだエントリーの全容もわかりません。また、同時というか直前からというかユースオリンピックもそのあたりで行われます。

 

 

 

 

全日本選手権23 女子レビュー2

全日本選手権のレビュー、最後は女子シングルの数値編です。男子と同様に振り返っていきます。

 

○シニアコース上位6選手のショートプログラム構成

 

坂本

花織

千葉

百音

三原

舞依

渡辺

倫果

吉田

陽菜

山下

真瑚

1 2A 3F+3T 2A 2A 3Aq 2A
2 3Lz 2A 3Lzq+3Tq 3Lz 3Lzq+3T< 3Lz+3T
3 FCSp4 FCSp4 FSSp4 CSp4 SSp4 SSp4
4 3F+3T 3Lz 3F! 3Loq+3T< 3Lo FCSp4
5 LSp4 CCoSp4 CCoSp4 FSSp4 FCSp4 3F!
6 StSq4 StSq2 StSq4 CCoSp4 StSq4 StSq4
7 CCoSp4 LSp4 LSp4 StSq4 CCoSp4 CCoSp4
Base 32.95 31.29 32.33 31.29 35.75 32.33
GOE 8.82 5.99 2.78 2.25 -3.28 5.24
PCS 37.01 30.74 32.59 30.12 31.26 32.35
Total 78.78 68.02 67.70 63.66 62.73 69.92

上位6選手ではなく、シニアの選手でトータルスコアの上位6人のショートプログラムを並べています。

シニアでトリプルアクセルを入れてきたのは吉田選手のみ。転倒してqもつきましたが基礎点は満額入っていますので十分許容範囲だったかと思われます。

セカンド3回転は全員が標準装備。後半に入れたのが坂本選手と渡邊選手ですが、渡辺選手はアンダーローテーションとqが並んで十分なスコアは得られませんでした。ルッツとフリップの選手が多いですが、渡辺選手と吉田選手はフリップ無しでループが入っています。

スピンは全員オールレベル4 ステップは千葉選手だけレベル2が付いていますが後はレベル4です。

基礎点は吉田選手が高いですがジャンプが十分決まらずGOEがマイナス。渡辺選手と千葉選手は基礎点削られる要素があって31点台の基礎点になっています。GOE高いのは坂本選手、次いで千葉選手山下選手も高いGOEを稼ぎました。基礎点寄りGOEで差が付くのがショートプログラムなようです。そしてGOEよりもPCSの差が大きく、坂本選手だけ平均9点超えしています。他は30点台から32点台と大きな差は付いていませんが、三原選手が高く、次いで、出来もよく滑走順も遅かった山下選手の評価が高かったです。

 

○シニアコース上位6選手のフリーの構成

 

坂本

花織

千葉

百音

三原

舞依

渡辺

倫果

吉田

陽菜

山下

真瑚

1 2A 3F+3T 2A+3T 3Aq 1A 3Lz+3T<
2 3Lz 2A 3Lz+2A 3Lo+3T 2A+3T 3F!
3 3S 3S 3F!q 3F 3Lo 3Lo<
4 CCoSp4V CCoSp4 3S 3Lzq+2A FCCoSp4 FCSp4
5 StSq4 3Lo FSSp4 FCSp4 3F! 2A
6 3F+2T ChSq1 CCoSp3 ChSq1 3Lz+3T ChSq1
7 FSSp4 3F+2T+2Lo 3Lo+2T+2Lo 3Lzq ChSq1 3Lz<+3T<
8 3F+3T 3Lzq+2A 3Lzq 2A+1Eu+3S 3Lz 2A+2T
9 2A+3T+2T FCCoSp4 3Lo 3Lo 3S+2A+2T 3S
10 ChSq1 3Lz! ChSq1 CCoSp4 CCoSp4 SSp4
11 3Lo StSq4 StSq4 StSq4 StSq4 StSq4
12 FCCoSp3V LSp3 FCCoSp4 FSSp4 SSp3 CCoSp4
Base 60.40 64.04 63.27 68.99 62.19 56.56
GOE 16.88 10.46 3.95 1.33 6.66 2.52
PCS 77.06 66.75 64.64 61.90 62.64 64.15
Total 154.34 141.25 131.86 131.22 131.49 122.23

フリーはトリプルアクセルを入れたのがこの中から2人。渡辺倫果選手は転倒しましたが基礎点満額入ったものの、吉田陽菜選手は抜け1回転半になります。この差が順位につながりました。トリプルアクセルを平均GOE+1.5以上で決めていれば計算上は3位表彰台だったことになります。

2本飛んだジャンプは坂本選手はフリップとトーループ、千葉選手はルッツとフリップ、三原選手、渡辺選手はルッツとループ、吉田選手に山下選手はルッツとトーループです。ルッツフリップ2本立ての千葉選手が基礎点高く64.04まで出ました。トリプルアクセル入れて基礎点すべて取った渡辺選手がそのさらに上、68.99まで出しています。出来はいまいちな要素がありましたが、この基礎点の高さで4大陸までは勝ち取りました。山下選手は回転不足が目立ったことで点が伸びませんでした。

スピンステップオールレベル4は渡辺選手と山下選手です。一方、坂本選手は今回Vが嵩みました。そこをしっかりレベル4で並べれば156点くらいまでは出る計算です。

PCSは坂本選手だけ異次元ワールドに飛んでいて、他の選手と10点以上差が付きました。千葉選手が66点台。三原選手と山下選手も64点台で平均8点に乗せています。ワールド経験のある渡辺選手、61点台はもう少し欲しかったでしょうか。

 

○シニアコースの7~12番目の選手のフリーの構成

 

青木

祐奈

住吉

りをん

江川

マリア

樋口

新葉

河辺

愛菜

松生

理乃

1 3Lz+2Lo 2A+3T 3Lz! 3Aq 2A+3T 3Lo
2 3S 4T<< 3F+2T 3Lzq+3Tq 2Lz 3Lz!<
3 2A+1Eu+3Fq FCCoSp3 3Lo 3Lo 3Lo< 2A
4 3T 3Lz FSSp4 2S 2A+2T+2T FCCoSp4
5 FCSp4 3Lo 2A+3T+2T CCoSp4 FCSp3 2A
6 2A StSq4 CCoSp4 3Lz+2T+2Lo 2F!+3Tq StSq3
7 3Lz+2T 3F+3T ChSq1 3Lo+2A 3F!< 3Lz!<+3T<+2T
8 3F 3S+2A+2T 2A+3T 1F! 3S 3F<<
9 CCoSp4 3F<< 3Fq FCSp3 CCoSp3V 3S+2T
10 ChSq1 LSp4 3S StSq4 SSp3 ChSq1
11 StSq4 ChSq1 StSq4 ChSq1 StSq3 CCoSp4
12 LSp4 CCoSp4 LSp4 LSp3 ChSq1 LSp3
Base 58.55 60.82 61.11 59.26 48.86 50.38
GOE 6.05 6.14 5.29 2.01 1.41 2.58
PCS 65.97 62.56 59.70 62.43 62.19 63.41
Total 130.57 128.52 126.10 122.70 112.46 115.37

このあたりは世界選手権、4大陸をあわよくば、と狙っていた選手たちです。住吉りをん選手の4回転はダウングレードの転倒となりました。転倒でも基礎点満額あればいいのですが、ダウングレードだと痛いです。樋口選手はトリプルアクセル入れてこれも転倒。ただ基礎点満額入りましたのでこちらは許容範囲だったかと思います。青木祐奈選手はセカンド3Loが今回はショートフリー共に入らず。ただ、3連フリップはqつきながらも決め、GOE±0をもらっています。

スピンステップオールレベル4は青木祐奈選手、江川マリア選手と取りました。2人とも印象のいい演技で、その辺の出来の良さがレベルを取っていたところともつながっているようです。

2回飛ぶジャンプは青木選手はルッツとフリップ、住吉選手と江川選手はフリップとトーループ、樋口選手と松生選手はルッツとトーループ、河辺選手はトーループだけになりましたがフリップも2回飛ぶ予定でした。青木選手はセカンドループが2回転になったことで3回転ループが入っておらず、その分基礎点低くなっています。

この領域の選手は全員GOEプラスは確保しました。加点幅は住吉選手が高いです。4回転トーループのダウングレード転倒あってのこの加点ですので、1つ1つの要素は上位の選手と遜色なかったと言えます。

PCSは青木選手が65.97で平均8点超え。14番滑走でしたがPCSは3位。高い評価を受けていました。国際経験のない江川選手はここの評価は周りの選手より少し低く抑えられています。

 

○ジュニアコースでフリーを滑って6名のフリーの構成

 

島田

麻央

上薗

恋奈

横井

きな結

柴山

村上

遥奈

髙木

1 3A 3Lz+3T 2A 2A+3T 3Lz< 3Lz+3T<
2 4T< 3Lo 3Lz 3Lz!+3Tq 3S+3T 2A+3T
3 3Lz+3T 3F+2T 1Lo 3Lo 2A 3Fe
4 FCCoSp4 3S 3F! CCoSp4 3F!< FSSp3
5 3F+2A LSp4 FSSp4 StSq2 FSSp4 1S
6 3S+3T+2T FSSp4 LSp4 3S ChSq1 3Lz<
7 StSq3 3Lz StSq3 FCCoSp3 3S+3T FCCoSp4
8 1Lo 3F! 3T+2T ChSq1 3Lo ChSq1
9 ChSq1 StSq3 3Lz+2T 3Lz! 2A+2T+2Lo 3Lo<
10 3Lz 2A+2A+2T 3T+1Eu+3S 3F+2T+2Lo CCoSp2 2A+2T+2Lo<<
11 CCoSp4 ChSq1 ChSq1 2A StSq3 StSq3
12 LSp4 CCoSp4 CCoSp4 LSp4 LSp2 CCoSp3V
Base 67.14 62.41 54.37 60.85 56.13 51.16
GOE 9.10 10.54 3.91 2.24 0.20 -6.69
PCS 61.71 61.52 55.03 55.20 49.40 50.83
Total 136.95 134.47 113.31 118.29 105.73 93.30

ジュニア組は大きな差が付きました。

高難度いれたのは島田選手のみで、トリプルアクセルは成功。4回転トーループはアンダーローテーションの転倒となりました。

2回飛ぶジャンプは島田選手、横井選手、柴山選手、髙木選手がルッツとトーループ、上薗選手はルッツとフリップ、村上選手がサルコウトーループです。ジャンプの基礎点は上薗選手、柴山選手はすべて獲りました。その分60点台に乗せています。

島田選手はループ抜けてステップレベル3ですが基礎点67.14と全体2位です。横井選手はループの抜けとダブルアクセルが1本余る構成なことで基礎点が50点台前半となっています。村上選手は回転不足2つ、髙木選手は回転不足4つに抜け1回転あり、eあり、と基礎点だいぶ削られました。

加点は上薗選手と島田選手が高いです。髙木選手は苦しみました。上薗選手の+10.54は坂本選手に次ぐ全体2位でした。

ジュニアからステップレベル4を取った選手が女子は無し。ショートでは髙木選手がレベル4を取っていました。

スピンオールレベル4は島田選手、上薗選手、横井選手が取っています。島田選手横井選手はショートフリーすべてレベル4です。

PCSは島田選手と上薗選手が60点台に乗せています。柴山選手と、国際経験のない横井選手が55点台。村上選手、髙木選手は伸びませんでした。

 

○ショートフリー合わせた要素別のスコア(フリー進出24人)

Pl Name Total PCS J Base J GOE Spin Step
1 坂本花織 233.12 114.07 65.27 16.22 21.70 15.86
2 千葉百音 209.27 97.49 67.03 7.78 24.13 12.84
3 島田麻央 202.18 92.26 69.63 4.44 25.44 12.41
4 上薗恋奈 200.69 90.88 66.20 9.12 22.14 12.35
5 三原舞依 199.56 97.23 66.10 -1.71 23.09 14.85
6 渡辺倫果 194.88 92.02 70.68 -1.41 21.38 13.21
7 吉田陽菜 194.22 93.90 68.84 -2.82 21.62 13.68
8 山下真瑚 192.15 96.50 59.69 1.45 21.36 14.15
9 青木祐奈 192.01 96.99 58.71 -0.33 22.54 14.10
10 住吉りをん 185.22 92.63 59.87 -2.28 23.01 12.99
11 江川マリア 184.65 87.45 63.45 -0.73 22.80 11.68
12 樋口新葉 180.67 93.79 57.77 -4.07 21.08 14.10
13 河辺愛菜 179.71 94.06 54.64 -1.24 18.52 13.73
14 横井きな結 175.80 82.67 57.31 3.61 21.49 10.72
15 柴山歩 175.72 82.70 64.04 -1.72 20.75 9.95
16 三宅咲綺 175.06 86.30 57.96 -1.32 21.24 11.88
17 松生理乃 174.34 95.24 53.47 -3.59 18.72 12.50
18 清水咲衣 169.12 79.26 59.98 -2.09 19.88 12.09
19 村上遥奈 158.86 74.00 59.80 -2.48 17.76 10.78
20 鈴木なつ 155.67 76.73 43.44 1.08 22.43 11.99
21 大庭雅 150.03 77.20 52.85 -8.33 19.70 10.61
22 白岩優奈 148.63 81.33 42.69 -2.28 17.36 10.53
23 髙木謠 148.39 78.32 52.24 -10.84 18.64 12.03
24 石田真綾 142.88 73.44 43.63 -2.28 20.83 9.26

こう並べると坂本選手のPCSの突出ぶりが目立ちます。100点超えたのは1人だけです。千葉選手、三原選手、青木選手に山下選手までが平均8点超えです。

ジャンプの基礎点は渡辺倫果選手が1位です。島田選手はショートフリー共にミスがあって2番目になります。吉田選手が3番目でノーミス千葉選手が4番目。これくらいのジャンプの基礎点差なら高難度入っていない選手も出来栄え勝負に十分持ち込めます。とはいえ坂本選手以外は、その出来栄えで島田選手に勝つのがなかなか難しいという現実はあったりしますが、今回はそれが出来たのが千葉選手でした。

ジャンプの加点は坂本選手1位で上薗選手が2位です。ジャンプで得たスコアは上薗選手が島田選手を上回りました。ジャンプトータルでGOEプラスにするのは結構難しいのですが、中位以下では横井きな結選手が+3.61入っているのが目立ちます。失礼ながら今大会の大健闘度で言えばトップクラスだったと思います。今回山下選手、上薗選手と名古屋勢頑張った印象です。

スピンは島田選手が25点台でトップ。ジャンプにミスが出てもスピンにミスは出ず常に高い点を出してきます。あまり出したくない名前ですが、ワリエワさんがそういう選手でした。

千葉選手が24点台で続いて、他は23点台以下です。坂本選手はV嵩んでスピンのスコアは伸びていません。

ステップ系要素はさすがの坂本選手が15点台後半で1位。三原選手が14点台後半で2位と続いて、その下は山下選手が3番目です。14点を超えたのはあと青木選手に樋口選手がいます。柴山選手は10点に届いていませんが国際舞台で戦うにはステップ系要素ももう少し欲しいでしょうか。スピンステップであと7点くらい入っていれば180点超えて12位にまで入って、世界ジュニアの選考基準に(千葉選手吉田選手がワールド選出後希望しない前提で)乗ってきていたので、今回の大混戦3枠目争いでは選ばれた可能性もあったので、この辺も磨けるといいなあ、と感じました。

 

○4回転トーループ

  Name   Elements    Base   GOE Scores AvGOE
FS 島田麻央 2 4T< <F 7.60   -3.80 3.80 -5.000
FS 住吉りをん 2 4T<< <<F 4.20   -2.10 2.10 -5.000

4回転トーループは今大会2人が構成に入れてきました。島田選手はアンダーローテーション、住吉選手はダウングレードで、どちらも転倒となりました。

今だ、全日本選手権の4回転トーループ成功者は歴代いません。

 

トリプルアクセル

  Name   Elements    Base   GOE Scores AvGOE
FS 島田麻央 1 3A   8.00   1.83 9.83 2.222
SP 島田麻央 1 3A   8.00   1.71 9.71 2.111
SP 吉田陽菜 1 3Aq q  F 8.00   -4.00 4.00 -5.000
FS 渡辺倫果 1 3Aq q  F 8.00   -4.00 4.00 -5.000
FS 樋口新葉 1 3Aq q  F 8.00   -4.00 4.00 -5.000

トリプルアクセルは4人が構成に入れましたが成功したのは島田麻央選手のみでした。後の3選手も基礎点は満額入りましたので、元は取れています。

全日本でのトリプルアクセル成功者は、要素別採点方式になってからは島田選手で7人目となりました。

 

○セカンド3Lo

  Name   Elements    Base   GOE Scores AvGOE
FS 大庭雅 2 3Loq+3Lo< 8.82   -1.96 6.86 -3.889

セカンドループといえば青木祐奈選手ですが、今回はショートフリー共に3回転入ってきませんでした。今大会は大庭雅選手がループループでチャレンジ。1つ目がqにセカンドはアンダーローテーションとなっています。大庭選手は13年前の全日本で2A+3Loを決めたことがある、若いころからのセカンドルーパーです。

 

○セカンド3回転で平均GOE+2.000以上

  Name   Elements    Base   GOE Scores AvGOE
FS 坂本花織 8 3F+3T   10.45 X 2.12 12.57 4.000
SP 坂本花織 4 3F+3T   10.45 X 2.04 12.49 3.778
FS 坂本花織 9 2A+3T+2T   9.68 X 1.56 11.24 3.778
SP 三宅咲綺 1 3T+3T   8.40   1.32 9.72 3.111
FS 住吉りをん 1 2A+3T   7.50   1.32 8.82 3.111
SP 山下真瑚 2 3Lz+3T   10.10   1.69 11.79 2.889
FS 島田麻央 3 3Lz+3T   10.10   1.52 11.62 2.556
FS 上薗恋奈 1 3Lz+3T   10.10   1.52 11.62 2.556
FS 住吉りをん 7 3F+3T   10.45 X 1.14 11.59 2.222
FS 島田麻央 6 3S+3T+2T   9.80   0.98 10.78 2.222
FS 千葉百音 1 3F+3T   9.50   1.14 10.64 2.111

コンビネーションは坂本選手がきれいに飛んできます。セカンド3回転3本すべて高評価で上に並べました。その次にいるのが三宅咲綺選手です。ショートの3T+3Tは全盛期のがブルエルデールマン選手ばりでした。

住吉選手もフリーの2つ、特に冒頭の2A+3Tはきれいに決めて、これは大逆転あるか、とも思わせたのですけどね。山下選手はショートで決めた3-3が大躍進の始まりでした。

 

○3連続ジャンプで平均GOE+1.000以上

  Name   Elements    Base   GOE Scores AvGOE
FS 坂本花織 9 2A+3T+2T   9.68 X 1.56 11.24 3.778
FS 渡辺倫果 8 2A+1Eu+3S   8.91 X 1.04 9.95 2.444
FS 上薗恋奈 10 2A+2A+2T   8.69 X 0.80 9.49 2.333
FS 島田麻央 6 3S+3T+2T   9.80   0.98 10.78 2.222
FS 吉田陽菜 9 3S+2A+2T   9.79 X 0.86 10.65 2.111
FS 樋口新葉 6 3Lz+2T+2Lo   9.79 X 1.26 11.05 2.111
FS 清水咲衣 1 3Lz+2A+2A   12.50   1.18 13.68 1.889
FS 住吉りをん 8 3S+2A+2T   9.79 X 0.80 10.59 1.889
FS 江川マリア 5 2A+3T+2T   8.80   0.78 9.58 1.889
FS 千葉百音 7 3F+2T+2Lo   9.13 X 0.91 10.04 1.667
FS 横井きな結 10 3T+1Eu+3S   9.90 X 0.74 10.64 1.556

3連続ジャンプでくくっても坂本選手が1番上に来ます。次に来るのが渡辺倫果選手です。トリプルアクセル一発のイメージが強かった渡辺選手ですが、今期はトリプルアクセル決まっていないながらも他の要素で稼いで上位に来ています。

ペアと両立の清水選手が3連続で高評価。冒頭に3連続入れる選手が少ないというのもありますが、3Lz+2A+2Aは今大会女子の最高基礎点要素です。ジャンプ要素の少ないペアで使うには最適なのでしょう。これが決まったのはシングル選手としてよりも、ペアの選手として非常に大きな成功だったと思われます。

 

○ステップレベル4で平均GOE+2.000以上

  Name   Elements    Base   GOE Scores AvGOE
SP 坂本花織 6 StSq4   3.90   1.67 5.57 4.333
FS 坂本花織 5 StSq4   3.90   1.39 5.29 3.667
FS 青木祐奈 11 StSq4   3.90   1.39 5.29 3.556
FS 住吉りをん 6 StSq4   3.90   1.23 5.13 3.222
SP 三原舞依 6 StSq4   3.90   1.17 5.07 3.000
SP 樋口新葉 6 StSq4   3.90   1.17 5.07 3.000
FS 千葉百音 11 StSq4   3.90   1.17 5.07 3.000
FS 三原舞依 11 StSq4   3.90   1.17 5.07 3.000
SP 河辺愛菜 6 StSq4   3.90   1.11 5.01 2.889
FS 樋口新葉 10 StSq4   3.90   1.06 4.96 2.778
FS 山下真瑚 11 StSq4   3.90   1.06 4.96 2.778
FS 吉田陽菜 11 StSq4   3.90   1.06 4.96 2.667
SP 山下真瑚 6 StSq4   3.90   1.00 4.90 2.444
SP 吉田陽菜 6 StSq4   3.90   0.89 4.79 2.333
FS 江川マリア 11 StSq4   3.90   0.95 4.85 2.333
FS 渡辺倫果 11 StSq4   3.90   0.84 4.74 2.111
SP 渡辺倫果 7 StSq4   3.90   0.78 4.68 2.000

ショートフリーとも坂本選手のステップが高評価でした。それに次ぐのがフリーの青木選手です。非常に印象的なステップでした。

ステップ系要素はやはり国際舞台で戦うシニアの選手が目立ちますが、山下選手、江川選手もいい評価を受けています。

 

○平均GEO+2.000以上のコレオ

  Name   Elements    Base   GOE Scores AvGOE
FS 坂本花織 10 ChSq1   3.00   2.00 5.00 4.000
FS 三原舞依 10 ChSq1   3.00   1.71 4.71 3.333
FS 青木祐奈 10 ChSq1   3.00   1.57 4.57 3.222
FS 河辺愛菜 12 ChSq1   3.00   1.57 4.57 3.000
FS 千葉百音 6 ChSq1   3.00   1.43 4.43 2.778
FS 島田麻央 9 ChSq1   3.00   1.21 4.21 2.556
FS 山下真瑚 6 ChSq1   3.00   1.29 4.29 2.556
FS 松生理乃 10 ChSq1   3.00   1.29 4.29 2.556
FS 上薗恋奈 11 ChSq1   3.00   1.29 4.29 2.333
FS 住吉りをん 11 ChSq1   3.00   1.14 4.14 2.333
FS 樋口新葉 11 ChSq1   3.00   1.07 4.07 2.111
FS 三宅咲綺 10 ChSq1   3.00   1.14 4.14 2.111
FS 大庭雅 10 ChSq1   3.00   1.07 4.07 2.111

コレオも評価1位が坂本選手です。三原選手、青木選手と続きます。総合成績ではさえなかった河辺選手でしたが、ボレロのラストのコレオは高評価を受けています。

大ベテラン大庭選手も+2.111と高めな評価を受けていました。

 

○平均GOE+3.500以上の要素

  Name   Elements    Base   GOE Scores AvGOE
FS 坂本花織 1 2A   3.30   1.60 4.90 4.778
SP 坂本花織 6 StSq4   3.90   1.67 5.57 4.333
FS 島田麻央 11 CCoSp4   3.50   1.55 5.05 4.222
SP 坂本花織 1 2A   3.30   1.41 4.71 4.222
FS 千葉百音 12 LSp3   2.40   1.06 3.46 4.222
FS 坂本花織 8 3F+3T   10.45 X 2.12 12.57 4.000
SP 島田麻央 7 CCoSp4   3.50   1.45 4.95 4.000
FS 坂本花織 10 ChSq1   3.00   2.00 5.00 4.000
SP 坂本花織 4 3F+3T   10.45 X 2.04 12.49 3.778
FS 坂本花織 9 2A+3T+2T   9.68 X 1.56 11.24 3.778
FS 島田麻央 12 LSp4   2.70   1.04 3.74 3.778
FS 坂本花織 5 StSq4   3.90   1.39 5.29 3.667
FS 坂本花織 11 3Lo   5.39 X 1.68 7.07 3.556
FS 青木祐奈 11 StSq4   3.90   1.39 5.29 3.556
SP 島田麻央 3 LSp4   2.70   0.96 3.66 3.556

重複多いですが平均GOEの高い要素を並べると、やはり坂本選手だらけです。そこに島田選手のスピンが足されます。他は千葉選手と青木選手が1つづつあるだけです。

坂本選手、たくさん並んでいますが、ジャンプとステップ系要素ばかりでスピンは入っていません。伸びしろはそのあたりなようです。

 

非常に面白いけれど、非常に胃が痛い全日本でした。ミスのないハイレベル男子は素晴らしかったですが、女子の、プレッシャーと戦いながらどれだけ自分の演技が出来るか、という大混戦なぎりぎりの闘いもそれはそれで興味深いものではありました。

代表選考のいろいろもありますが、僅差で落ちても来シーズンまた普通にチャンスが来る選手はいいのですが、そのもう少し下、来期にチャンスくるか? グランプリ枠あるか? くらいの選手たちの方が心配です。男子だと壺井選手、吉岡選手あたり、女子は青木選手、松生選手、河辺選手といったところ。実は樋口選手もちょっと危ないのかもしれない。いい加減団体戦のメダルを早くください、とか思ったりもしますが、樋口選手の今後はどうなのだろう?

最上位選手の処遇はともかく、中位くらいの選手の処遇が、昔の、上から下までのレベル差があったころと変わっていないのがいろいろと問題だよなあ、と思わされたりもする全日本でもありました。

これでシーズン前半完了。ここからはB級大会入れても少し試合間隔が前半より空いてくる感じがしますが、3月までまた楽しんでいければと思います。

 

 

 

全日本選手権23 男子レビュー2

今回からレビュー数値編へと移ります。

まずは男子から

○上位選手6名のショートプログラム構成

 

宇野

昌磨

鍵山

優真

山本

草太

三浦

佳生

佐藤

駿

友野

一希

1 4F 4S 4T+3T 4S+3T 4T+3T 4T+2T
2 4T+2T 4T+3T 4S 3A 4Fe 4S
3 FCSp4 CCSp4 FCSp4 FCSp4 FCSp3 FCSp4
4 3A 3A 3A 4T 3A 3A
5 StSq4 FSSp4 CSSp4 StSq4 CSSp4 CSSp4
6 CSSp4 StSq4 StSq3 CCoSp3V StSq4 StSq4
7 CCoSp4 CCoSp4 CCoSp4 CSSp CCoSp3 CCoSp4
Base 44.20 45.80 44.40 41.70 44.00 42.90
GOE 12.94 4.51 8.79 10.52 4.42 2.46
PCS 47.55 44.63 41.39 41.69 41.38 41.52
Total 104.69 93.94 94.58 93.91 89.80 86.88

総合成績上位6選手は戦前の実績通り6人入りましたが、その6人のショートプログラムの構成です。

全員が4回転2本入れています。4回転に傷がついたのは、鍵山選手のサルコウが転倒、佐藤駿選手のフリップがeという2つです。友野選手のサルコウもステップアウトでした。セカンドジャンプが2回転になったのが宇野選手と友野選手。この2選手はセカンドジャンプが2回転になりがちです。三浦選手はスピンノーバリューがありました。

その辺の関係で、基礎点は鍵山選手が1位ですが、転倒あってGOEは伸びず。宇野選手は2回転あって基礎点少し下がりましたがGOEは高いです。三浦選手は基礎点は一番低いですが、ミスは基礎点削られる形だったので加点はかなり得られています。山本選手は基礎点はステップレベル3以外はしっかり取り、加点もバランスよく得ました。佐藤駿選手はやはりフリップのeが痛いです。これにより得点的には4~5点下げられています。

PCSは宇野選手高く、鍵山選手がそれに続き、あとの4人は同じくらいです。今期の実績と比べて、宇野選手がやや高く、鍵山選手は転倒もあったので少し下がり、40点もらえていなかった山本選手は出来がよく後の3人と同水準もらえた、という形になりました。

 

○上位6選手のフリー構成

 

宇野

昌磨

鍵山

優真

山本

草太

三浦

佳生

佐藤

駿

友野

一希

1 4Loq 4S 4S 3A+1Eu+3S 4Lz 4T+2T
2 4F 4T+1Eu+3S 4T+3T 4T 3A+1Eu+3S 4T
3 3A+2A 3Lo 4T 4S 4T+3T 4S
4 3A FCSSp4 3A+1Eu+3S FCSp4 FCSp3 3Lo
5 StSq4 3A+2A FCSp4 3A 4T FCSp4
6 4T+2T 3A 3A StSq4 3A 3A+1Eu+3S
7 4Tq 3Lz+3T ChSq1 4T+3T 3Lo+2T 3F+2A
8 3S ChSq1 3F+2A 3Lo+2A 3Lz 3A
9 FCSp4 3F 3Lz 3F CSSp4 StSq4
10 CSSp4 StSq4 CSSp4 CSSp4 StSq4 CSSp4
11 ChSq1 CCoSp4 StSq4 ChSq1 ChSq1 ChSq1
12 CCoSp4 FCCoSp4 CCoSp4 CCoSp4 CCoSp3 CCoSp4
Base 84.46 82.84 87.05 86.52 85.31 83.84
GOE 14.35 22.67 19.99 13.77 13.01 15.65
PCS 94.54 92.65 85.38 85.88 84.92 85.15
Total 193.35 198.16 192.42 186.17 183.24 184.64

フリーは4回転を宇野選手が4本、山本選手、三浦選手、佐藤選手、友野選手は3本、鍵山選手は2本で構成しています。宇野選手はセカンド3回転無し、コンビネーション1つ無しということで基礎点は伸びていません、基礎点1位は山本選手でした。鍵山選手も4回転の本数が少ない割には基礎点差があまり付いていません。友野選手はセカンド3回転が無い分、4回転3本組の中で基礎点がやや低くなりました。

加点は全員二桁稼いでいますが、鍵山選手の22.67が最大です。山本選手も20点近く稼いで、技術点は山本選手が1位でした。

ステップは全員レベル4、スピンは佐藤選手がレベル3二つありますが、他はすべてレベル4です。

PCSはショートと同じ構図で宇野選手と鍵山選手が高く90点超え。後の4人はほぼ似た水準となっています。山本選手と鍵山選手のPCS差が、山本選手が3位に留まって世界選手権を得られなかった要因となっています。

 

○7-12位の選手のフリーの構成

 

壷井

達也

吉岡

三宅

星南

本田ルーカス

剛史

島田

高志郎

片伊勢武

アミン

1 4Sq 4T+3T 4S 3A S 3A
2 4S+2T 4T 3A+2T 4T<< 4T 3Lz!+2A
3 3A+1Eu+3S 3A 3A+1Eu+2S 3F 3Aq+3T 3Lo
4 FSSp4 FSSp3 FCSp4 3Lo+2A+2T 3F CCoSp4
5 StSq3 3Lo 3Lo FSSp4 CCoSp4 StSq2
6 3Lo ChSq1 ChSq1 FCCoSp4 StSq3 3A<+2T
7 3A 3A+1Eu+2S 3Lz!+2T ChSq1 3Aq+1Eu+3Sq 3S+3T
8 3F 3F+2A 3Lz 3Lz+3T 3Lz+2A 3Lzq
9 3Lz!+3T StSq4 CSSp3 3S ChSq1 3F<
10 CCoSp4 3Lz StSq2 CCoSp4 3Lo SSp4
11 ChSq1 CCSp4 3F 3Lz+2T FCCoSp4 ChSq1
12 FCCoSp4V CCoSp4 CCoSp2 StSq4 FSSp3 FCCoSp4
Base 79.57 79.03 67.84 67.66 72.49 65.40
GOE 8.17 8.48 4.77 4.81 -7.81 3.51
PCS 78.75 76.60 76.35 71.57 75.72 72.94
Total 166.49 164.11 148.96 144.04 139.40 141.85

上位を脅かしたかったけれどそこまでは届かなかった、という6人のフリーの構成です。

壷井選手、吉岡選手、島田選手は4回転を2本入れようとしています。島田選手はサルコウが抜けて零点になりました。三宅選手、本田選手は1本、片伊勢選手は4回転無しです。

本数でまず上位6人とは差がありますので基礎点が上位6名は80点台の勝負でしたが、こちらは70点台まで、他でミスも出ると60点台となります。

加点の方も、いい演技に見えた壷井選手吉岡選手でも一桁に留まりました。島田選手はマイナス。フリーで順位を上げてきた三宅選手、本田選手、片伊勢選手はここはプラスを得ました。

スピンステップレベル4を揃えたのは本田選手です。片伊勢選手はスピンはレベル4、ステップでレベル3ついています。

PCSも上位6人とは少し差があって70点台になります。壺井選手は78点台まで出していて、吉岡選手と三宅選手、島田選手が76点前後です。

フリー160点台中盤を出した壷井選手、吉岡選手は、昨季までならトップ6には入って4大陸はもらえる水準だったのですが、今期のレベルの高さは異常でした。

 

○ジュニアからフリーまで滑った6選手のフリー構成

 

中村

俊介

中田

璃士

垣内

珀琉

蛯原

大弥

高橋

星名

田内

誠悟

1 4T 2T 4Tq 3A 3A+2T 3Aq
2 3A 3A+2T 3Lo 3Lz+3T 3Lze+2T+2A 3F
3 3Lz!+1Eu+3S FCSp4 3Lz+3T+2T 3F! 3Aq 3Lze
4 CSSp3 2A FCSp4 CCSp3 3Lo FCCoSp4
5 3Lo 3Lo 3F+2A 3Lo FSSp4 3Lo+2A
6 3F 3F+1Eu+3S 3S< 3Lz+2A+2T 3Sq+3T FSSp4
7 FCCoSp3V 3Lo+2A 2A 2A+3T< ChSq1 3F+2T
8 ChSq1 CSSp4 StSq3 3S CCSp3 3S
9 3A+REP StSq2 3Lz+2T FSSp4 3Lze 2A+1Eu+3S
10 3Lz!+3Tq ChSq1 ChSq1 ChSq1 3F ChSq1
11 StSq2 3T CSSp4 StSq3 StSq2 StSq3
12 CCoSp4V CCoSp3V CCoSp4 CCoSp4 CCoSp3V CCoSp2
Base 68.75 56.59 65.39 66.46 64.69 62.42
GOE -9.04 4.94 1.66 3.27 -1.85 0.66
PCS 69.83 67.29 64.67 61.38 61.65 65.04
Total 127.54 128.82 131.72 131.11 123.49 126.12

ジュニアの4回転持ちは3人。中村選手、中田選手、垣内選手ですが、中田選手が今回は抜けて2回転になりました。

トリプルアクセルは垣内選手以外の5選手は構成に入れていて、中村選手と高橋選手は2本組み込みました。中田選手は4つ目のダブルアクセルが本来はトリプルにしたかったと思われるので、2本のつもりで入ったのは1本となりました。

スピンステップレベル4はジュニアではなかなか少ないのですが、垣内選手がしっかりそろえました。最終的に蛯原選手を上回って世界ジュニアを決めた1つの要因となっています。

PCSはジュニアになると60点台です。今回は中村選手が中田選手より上になりました。その2人に続くのは田内選手になっています。垣内選手と蛯原選手はここも3点以上の差があって、これも世界ジュニアが垣内選手に転がり込んだ要因となっています。

 

○ショートフリー合わせた要素別のスコア(フリー滑走23選手)

Pl Name Total PCS J Base J GOE Spin Step
1 宇  野  昌  磨 298.04 142.09 98.46 15.25 25.86 16.38
2 鍵  山  優  真 292.10 137.28 98.14 17.13 25.45 15.10
3 山  本  草  太 287.00 126.77 101.85 19.96 24.61 13.81
4 三  浦  佳  生 280.08 127.57 102.27 17.49 17.81 14.94
5 佐  藤      駿 273.04 126.30 100.91 10.75 20.79 14.29
6 友  野  一  希 271.52 126.67 96.54 9.40 23.63 15.28
7 壷  井  達  也 252.34 117.82 92.95 9.28 20.89 11.40
8 吉  岡      希 249.38 113.83 91.02 9.96 21.12 13.45
9 三  宅  星  南 226.12 114.70 80.81 -1.65 21.14 12.12
10 本  田  ルーカス剛史 217.62 107.13 71.58 3.94 22.40 12.57
11 島  田  高志郎 215.97 116.03 84.59 -18.11 23.86 11.60
12 片伊勢  武アミン 212.26 108.66 72.63 -2.89 22.62 12.24
13 佐々木  晴  也 208.87 102.61 76.06 -1.07 19.87 11.40
14 中  村  俊  介 207.70 105.78 84.28 -7.68 16.63 10.69
15 櫛  田  一  樹 204.27 106.14 72.11 -5.80 21.62 11.20
16 杉  山  匠  海 202.64 99.81 68.54 1.33 23.11 9.85
17 中  田  璃  士 200.27 101.70 69.28 2.46 16.95 9.88
18 垣  内  珀  琉 196.30 96.82 71.40 -3.09 21.13 11.04
19 蛯  原  大  弥 192.96 91.90 70.17 1.68 19.84 10.37
20 高  橋  星  名 191.77 92.01 73.79 -2.75 19.99 9.73
21 田  内  誠  悟 190.01 97.73 64.97 -1.44 18.77 11.98
22 大  島  光  翔 189.36 100.95 68.69 -7.22 16.07 10.87
23 木  科  雄  登 188.12 99.45 65.35 -5.95 19.47 10.80

PCSは宇野選手が当然のように1位です。鍵山選手との差は5点弱。技術点も演技構成点も宇野選手が鍵山選手を上回りました。しかしながら、宇野選手と山本選手のPCSの差は15点以上あり、総合得点の差は11点ほど、ということで、技術点は今回山本草太選手が全体1位でした。今期、この山本選手の160.23という技術点を超えているのは、マリニン選手とアダムシャオイムファ選手の2人しかいません。

ジャンプの基礎点は3人が100点を超えました。最高基礎点は三浦佳生選手。宇野選手は全体4位、鍵山選手で5位です。壺井選手、吉岡選手も90点を超えるところまで基礎点を稼いでいて、ここまで稼げばあとは出来栄え勝負ができます。その出来栄えが上位が強いわけですが。

ジャンプの加点は山本草太選手が1位です。三浦選手が2位で鍵山選手が3位。宇野選手はここも4番目です。ジャンプトータルでは山本選手が1位でした。基礎点3位の佐藤選手は加点がそれほど多くなく、ジャンプトータルで5位になります。ジャンプで勝負するからにはここはもう少し稼ぎたいところでした。吉岡選手は加点に関しては友野選手を上回っています。一方、今回苦労したのは島田選手で、-18.11 国内外すべて含め本人比ワーストです。ちょっと今回は苦しい試合でした。

スピンは宇野選手鍵山選手2人が25点台です。山本草太選手が24点台で続きますが他は23点台以下です。スピンで点が取れない選手が多い。三浦選手はノーバリューもあったので17点台。佐藤駿選手も20点台です。ジュニアでは中田璃士選手も中村俊介選手も16点台。スピンで5点6点差がついてきます。

ステップ系要素も宇野選手が1位ですが、ここは友野選手が2位で続きました。意外にステップで点をもらえないのが山本選手で13点台になっています。壺井選手は11点台で、スピンステップで宇野選手と10点差がついてしまうわけで、こういうところでもう少し点が取れるようになりたいところです。また、ジュニアでは10点に届かない中田選手はもう少し頑張りましょう、がついてしまいます。

 

○4回転のループ、フリップ、ルッツ

  Name   Elements    BaseValue   GOE Scores AvGOE
FS 佐藤駿 1 4Lz   11.50   3.78 15.28 3.222
SP 宇野昌磨 1 4F   11.00   2.99 13.99 2.778
FS 宇野昌磨 2 4F   11.00   2.51 13.51 2.333
SP 佐藤駿 2 4Fe e 8.80   -1.26 7.54 -1.444
FS 宇野昌磨 1 4Loq q 10.50   -4.35 6.15 -4.000

高難度4回転を入れたのは宇野選手と佐藤駿選手の2人です。佐藤選手がルッツを、宇野選手がフリップを成功させました。ループは宇野選手が入れましたがステップアウトです。

4回転ルッツは全日本選手権史上、まだ決めたのは佐藤駿選手だけですし、国内の試合でGOEプラスを出したのも佐藤駿選手だけです。

 

○4回転サルコウを含む要素

  Name   Elements    BaseValue   GOE Scores AvGOE
FS 鍵山優真 1 4S   9.70   4.30 14.00 4.333
SP 三浦佳生 1 4S+3T   13.90   3.19 17.09 3.222
FS 本草 1 4S   9.70   3.05 12.75 3.111
SP 壷井達也 1 4S   9.70   2.91 12.61 3.000
FS 友野一希 3 4S   9.70   2.63 12.33 2.778
FS 壷井達也 2 4S+2T   11.00   2.22 13.22 2.222
SP 本草 2 4S   9.70   1.52 11.22 1.444
SP 島田高志郎 1 4Sq q 9.70   -0.69 9.01 -0.667
FS 三宅星南 1 4S   9.70   -1.66 8.04 -1.556
FS 三浦佳生 3 4S   9.70   -2.36 7.34 -2.222
SP 友野一希 2 4S   9.70   -4.30 5.40 -4.333
FS 壷井達也 1 4Sq q 9.70   -4.57 5.13 -4.556
SP 鍵山優真 1 4S F 9.70   -4.85 4.85 -5.000
SP 三宅星南 1 4S< < F 7.76   -3.88 3.88 -5.000

4回転サルコウは7人が構成に入れましたが、GOEプラスで決めたのは5人でした。

最高評価はフリーの鍵山選手のサルコウでした。ショートでは転倒していたのですが、あれが決まっていたら優勝争いかなり難しいことになっていたかもしれません。

 

○4回転をトーループを含む要素でGOEプラス

  Name   Elements    BaseValue   GOE Scores AvGOE
FS 三浦佳生 7 4T+3T   15.07 X 3.66 18.73 3.889
SP 三浦佳生 4 4T   10.45 X 3.12 13.57 3.222
FS 吉岡希 1 4T+3T   13.70   2.99 16.69 3.111
FS 佐藤駿 3 4T+3T   13.70   2.99 16.69 3.111
SP 鍵山優真 2 4T+3T   13.70   2.85 16.55 3.000
FS 本草 2 4T+3T   13.70   2.85 16.55 3.000
FS 友野一希 1 4T+2T   10.80   2.85 13.65 3.000
FS 本草 3 4T   9.50   2.71 12.21 2.889
FS 宇野昌磨 6 4T+2T   11.88 X 2.58 14.46 2.778
SP 宇野昌磨 2 4T+2T   10.80   2.58 13.38 2.667
SP 本草 1 4T+3T   13.70   2.58 16.28 2.667
SP 吉岡希 1 4T+3T   13.70   2.58 16.28 2.556
FS 佐藤駿 5 4T   9.50   2.17 11.67 2.444
FS 鍵山優真 2 4T+1Eu+3S 14.30   2.31 16.61 2.333
FS 吉岡希 2 4T   9.50   1.90 11.40 2.000
SP 佐藤駿 1 4T+3T   13.70   1.36 15.06 1.556
FS 三浦佳生 2 4T   9.50   1.09 10.59 1.222
SP 友野一希 1 4T+2T   10.80   1.09 11.89 1.222
SP 中村俊介 1 4T   9.50   1.09 10.59 1.111
FS 櫛田一樹 1 4T   9.50   0.27 9.77 0.222

4回転トーループは13人と半分近くの選手が構成に入れていました。GOEプラスの成功ジャンプは9人です。最高評価は三浦選手で2番目三浦選手でした。ただショート後半に4回転トーループを入れるだけあります。

 

○ステップレベル4

  Name   Elements    BaseValue   GOE Scores AvGOE
SP 宇野昌磨 5 StSq4   3.90   1.78 5.68 4.556
FS 宇野昌磨 5 StSq4   3.90   1.73 5.63 4.444
SP 鍵山優真 6 StSq4   3.90   1.45 5.35 3.667
FS 友野一希 9 StSq4   3.90   1.34 5.24 3.444
SP 友野一希 6 StSq4   3.90   1.28 5.18 3.222
FS 本草 11 StSq4   3.90   1.17 5.07 3.000
SP 三浦佳生 5 StSq4   3.90   1.17 5.07 2.889
FS 三浦佳生 6 StSq4   3.90   1.11 5.01 2.889
SP 三宅星南 5 StSq4   3.90   1.06 4.96 2.778
FS 佐藤駿 10 StSq4   3.90   1.06 4.96 2.667
SP 佐藤駿 6 StSq4   3.90   1.00 4.90 2.556
SP 周藤集 6 StSq4   3.90   1.00 4.90 2.556
FS 鍵山優真 10 StSq4   3.90   1.06 4.96 2.556
SP 吉岡希 6 StSq4   3.90   0.95 4.85 2.444
FS 吉岡希 9 StSq4   3.90   0.84 4.74 2.222
FS 本田ルーカス剛史 12 StSq4   3.90   0.78 4.68 2.000
SP 片伊勢武アミン 5 StSq4   3.90   0.78 4.68 1.889

ステップは宇野選手の評価が突出しています。ショートフリー共にレベル4でただ一人平均GOE+4超えでした。

ほぼグランプリ組で締められるステップレベル4ですが、ジュニア組からただ一人周藤集選手がレベル4をマークしています。非常に残念な怪我でした。

 

○平均GOE+2.000以上のコレオ

  Name   Elements    BaseValue   GOE Scores AvGOE
FS 宇野昌磨 11 ChSq1   3.00   2.07 5.07 4.000
FS 鍵山優真 8 ChSq1   3.00   1.79 4.79 3.667
FS 三浦佳生 11 ChSq1   3.00   1.86 4.86 3.667
FS 友野一希 11 ChSq1   3.00   1.86 4.86 3.444
FS 本草 7 ChSq1   3.00   1.50 4.50 3.111
FS 佐藤駿 11 ChSq1   3.00   1.43 4.43 2.889
FS 壷井達也 11 ChSq1   3.00   1.36 4.36 2.667
FS 片伊勢武アミン 11 ChSq1   3.00   1.29 4.29 2.444
FS 田内誠悟 10 ChSq1   3.00   1.29 4.29 2.444
FS 島田高志郎 9 ChSq1   3.00   1.14 4.14 2.333
FS 櫛田一樹 10 ChSq1   3.00   1.07 4.07 2.111
FS 杉山匠海 6 ChSq1   3.00   1.07 4.07 2.000
FS 木科雄登 10 ChSq1   3.00   1.00 4.00 2.000

コレオも宇野選手が最高評価でした。ステップ同様鍵山選手が続きます。コレオは三浦選手が友野選手の上へ行きました。上位選手はやはりコレオの評価が高いわけですが、そこにジュニアからただ一人田内誠悟選手が混ざります。このあたりは安藤美姫さん効果なのでしょうか。

 

○平均GOE+3.500以上の要素

  Name   Elements    BaseValue   GOE Scores AvGOE
SP 宇野昌磨 5 StSq4   3.90   1.78 5.68 4.556
FS 宇野昌磨 5 StSq4   3.90   1.73 5.63 4.444
FS 鍵山優真 1 4S   9.70   4.30 14.00 4.333
FS 宇野昌磨 11 ChSq1   3.00   2.07 5.07 4.000
FS 三浦佳生 7 4T+3T   15.07 X 3.66 18.73 3.889
FS 宇野昌磨 10 CSSp4   3.00   1.11 4.11 3.778
SP 鍵山優真 6 StSq4   3.90   1.45 5.35 3.667
FS 鍵山優真 8 ChSq1   3.00   1.79 4.79 3.667
FS 鍵山優真 12 FCCoSp4   3.50   1.25 4.75 3.667
FS 宇野昌磨 9 FCSp4   3.20   1.14 4.34 3.667
FS 三浦佳生 11 ChSq1   3.00   1.86 4.86 3.667
SP 本草 5 CSSp4   3.00   1.11 4.11 3.556
FS 鍵山優真 6 3A   8.80 X 2.86 11.66 3.556
FS 鍵山優真 9 3F   5.83 X 1.82 7.65 3.556

ここまで載せてきたものとかなり被りますが、平均GOE+3.500以上の高評価要素を並べると、宇野選手、鍵山選手の2人でほとんど埋まり、あとは三浦選手と山本選手がいくつかあるくらいです。やはり1つ1つの要素の評価が高い選手が上に行くということが見て取れます。

 

 

全日本選手権23 女子レビュー1

前回の男子に続いて女子シングルの振り返りです。今回も数字を追うのではなくて感想の羅列的なものになります。

女子は、なかなか今シーズンのこれまで通りにはいかない、選考委員泣かせの展開になりました。

 

○女子シングル最終結

Pl Name Nation Total SP FS
1 坂  本  花  織 シスメックス 233.12 78.78 154.34
2 千  葉  百  音 木下アカデミー 209.27 68.02 141.25
3 島  田  麻  央 木下アカデミー 202.18 65.23 136.95
4 上  薗  恋  奈 LYS 200.69 66.22 134.47
5 三  原  舞  依 シスメックス 199.56 67.70 131.86
6 渡  辺  倫  果 TOKIOインカラミ/法政大学 194.88 63.66 131.22
7 吉  田  陽  菜 木下アカデミー 194.22 62.73 131.49
8 山  下  真  瑚 中京大学 192.15 69.92 122.23
9 青  木  祐  奈 日本大学 192.01 61.44 130.57
10 住  吉  りをん オリエンタルバイオ/明治大学 185.22 56.70 128.52
11 江  川  マリア 明治大学 184.65 58.55 126.10
12 樋  口  新  葉 ノエビア 180.67 57.97 122.70
13 河  辺  愛  菜 中京大学 179.71 67.25 112.46
14 横  井  きな結 中京大学 175.80 62.49 113.31
15 柴  山      歩 木下アカデミー 175.72 57.43 118.29
16 三  宅  咲  綺 岡山理科大学 175.06 58.23 116.83
17 松  生  理  乃 中京大学 174.34 58.97 115.37
18 清  水  咲  衣 木下アカデミー 169.12 56.24 112.88
19 村  上  遥  奈 木下アカデミー 158.86 53.13 105.73
20 鈴  木  な  つ 関西大学 155.67 56.00 99.67
21 大  庭      雅 東海東京FH 150.03 50.80 99.23
22 白  岩  優  奈 関西大学 148.63 53.42 95.21
23 髙  木      謠 東京女子学院 148.39 55.09 93.30
24 石  田  真  綾 立教大学 142.88 54.12 88.76
25 櫛  田  育  良 木下アカデミー 50.20 50.20  
26 三  枝  知香子 日本大学 50.19 50.19  
27 荒  木  菜  那 中京大学 46.45 46.45  
28 本  田  真  凜 JAL 44.42 44.42  

女子も時系列で振り返っていきます

ショート第1グループはやはりジュニアの闘い。木下アカデミーから昨季の全日本チャンピオン村上遥奈選手。全日本は4本滑るつもりじゃないとペースが狂うんでしょうか。ジャンプ決まらずの1人目53.13はフリー進出危ういスコアです。今年は28人しかいないので大丈夫かな? どうかな? という一方で、2人目は今日は4本滑らないけどペアとの2本使いの清水咲衣選手は好演技。シングル競技も木下アカデミー加入で伸びたように感じました。

ここから代表争いスタート、という3番滑走髙木謠選手でしたがルッツステップアウトでコンビネーションすっきり決まらずの55.09スタート。これは厳しくなったかなあ、というショートでした。

大学生2人を挟んで第2グループはベテランシニアがあつまります。女子の現役最年長、と言ったら怒られるのかもしれませんが、大庭雅選手。3-3決めたかったなあ。安藤美姫コーチですが、現役時代いくらか被ってますよね、大庭選手だと。コンビネーション転倒は痛い。50.80は、アウトかなあ、どうかなあ、28人なら残れるか? 続いて2シーズンぶり復帰の白岩選手。復帰後初の3-3-を入れようとしたみたいですが3-2に。53.42 際どいけどあと1人でフリー進めるので残れそう。

8番滑走で本田真凜選手出てきました。ジャンプ全く決まりませんでしたね。さすがに今の日本でこれだとフリーには残れないです。これが最後かなあ。学生選手権は東日本で出ていたので出るかもしれませんが、ケガどうとかいう話ですのでこれも出ないかなあ。いろいろな意味で大変な競技生活だったと思います。お疲れさまでした。そして、佐藤先生を全日本に連れてきていただいてありがとうございました。

これで白岩選手のフリー進出確定。初出場の立教大学石田真綾選手が9番滑走で滑って54.12 フリー進出を決めます。

逆転世界ジュニアを目指す柴山歩選手が10番滑走。15歳の死の舞踏。ジャンプが・・、回転が・・、まだジャンプメインの選手なのにこれだと点は伸びない。57.43で首位に出ますが、逆転を狙うには苦しいかなあ・・・。

 

第3グループはお久しぶりの荒木菜那選手でしたが後半ループ零点が痛くて46.45ではフリーへ進めません。村上遥奈選手のフリー進出確定。続いて、一応世界ジュニアはまだ決まっていない上薗恋奈選手がここで出てきます。ここまで女子はいまいちそれぞれの本人比でいい演技というのが出来ていないのですが、ジュニア1年目の選手には全体の流れというのはあまり関係ないのですかね。あっさりノーミス66.22 PCSは29.36で国際大会含め自己ベスト出ました。

昨季はフリー最終グループに入った三宅咲綺選手出てきました。デールマン? みたいな3T+3Tは決めたのですがダブルアクセル転倒が痛い。58.23は後半グループに残れるかどうか? 続いてやはり国内組の実力者江川マリア選手ですが、ジャンプ2つステップアウト。3つ目のコンビはいらないとショート落ちが・・・、と危ういところですがこれは決めて58.55 それほど良くは無いですが何とかなりました。

そして、世界ジュニア代表争いの一方の主役、櫛田選手が出てきます。髙木選手の上にはいたい。出来れば松生選手に勝ちたい。吉田選手はワールドいってねお願い、という立場でショートに臨みましたが、これがまさかの2転倒。え? 点足りる? 足りない? どう? 50.20 あと1人たりません。大庭雅選手フリー進出確定。あと1人誰か落ちてくるかどうか? ひたすら待ちます。

前半最後は横井きな結選手。えーと、ジュニア扱いでしたね。姉との同時出場はなりませんでしたが、切れ目なく引き継いで横井家連続出場を続けています。ここで全要素プラス評価ノーミス。62.49と2位につけます。ん? ジュニア組で上薗選手に次ぐ2番手? 大逆転世界ジュニアの芽が出てきます。一方で、残りは後半グループの実力者となるので、あと1人落ちてくるのを待つ櫛田選手は非常に厳しくなりました。

 

後半は今季不調の千葉百音選手から。今回は苦しいかなあ、と思っていましたが、なんとなんと全要素プラス評価のノーミス。68.02で首位に立ちます。よく考えれば昨季も71.06の3位スタートですから驚いちゃいけないのですが、今期のこれまでを見ていると非常に驚きました。

ギリギリチャンピオンシップ手が届くかも、という位置にいる青木祐奈選手。貴重なセカンドルーパーですが、これが入らないと弱構成になってしまうのがつらいところ。今回は冒頭ルッツはクリーン決まらずセカンドループ入りませんでした。61.44はフリーの逆転があり得る範囲には抑えました。

中庭先生忙しく、青木祐奈選手のキスアンドクライには座らず渡辺倫果選手を送り出します。こちらは逆転ワールド狙い。全体的にいい流れに遠目には見えるのですが、後半コンビがqと<だと点が伸びずの63.66 第3グループかな、というくらいのスコア。

逆転ワールド狙いが続きます三原舞依選手。今年は・・・、もう・・・、やすんで・・・いたほうが・・・、と思ってみていたら、しっかり滑る滑る。ただ、ジャンプはq2つと!がついたので印象ほどは点が伸びずに67.70 千葉選手に次ぐ2位にこの時点で付けます。

気楽な立場なはずがやたらプレッシャー感じる煽りを入れられているジュニアの島田麻央選手。ショートからただ一人トリプルアクセル決めてきました。これはいくか?70点台後半、と思いきや、まさかのコンボ付かずの転倒。さすがにこれだと点が伸びず65.23に終わります。

さて、代表争いのカギになる住吉りをん選手が第3グループ最終滑走で出てきます。ダブルアクセル入らずって、フランス杯と同じ形の出だしですか、と思いきやコンビネーションでアンダーローテーション入って単独ルッツはq これだとちょっとつらいです。一瞬ショート落ちを心配する出来でしたがさすがにPCSはもらえて56.70 フリーの大逆転が全くなくはない水準に残りました。

 

誰も70点台がいないまま最終グループ坂本花織選手が出てきます。全要素全ジャッジプラス評価の78.78 優勝。いや、まだフリーありますが、ちょっと一人だけ別世界に行ってしまいました。

坂本選手に対抗できるとしたらあとは吉田陽菜選手しかいません。しかしながらショートのアクセルは全然決まらない。というわけで今回も基礎点満額はもらえましたが転倒。それは織り込み済みとしても次のコンビネーションのアンダーローテーションが痛く62.73で渡辺選手の下になります。ショートの曲、難しい印象なんですよね。

2シーズンぶりの樋口選手もルッツ転倒で57.97 フリー第2グループに沈みます

ワールド争いの一角松生選手がここで出てきます。坂本選手以外の上位陣が崩れた状態なので大チャンス。ところが、コンビネーションで転倒。それにしても58.97は低くないか? と思いましたが、スピン零点もありました。痛い痛い。

ラス前は現在ではほぼノーマーク扱いな山下真瑚選手が来ました。これが驚きのノーミス。実際にはフリップ!がついてますが、ほぼ!率100%な方なので本人比ではミスではない。というところで69.92まで出して2位に付けます。

最終滑走河辺愛菜選手。今季うまくいっていないからなあ・・・、先へつなぐには4大陸欲しいのだけど、と思ってみていたら、ルッツフリップでダブル!もらってましたが、それ以外はミスなく滑っての67.25の5位スタート。おおっ! と驚きましたが、よく考えてみると、国内ローカルでは今季も70点台あり、68点台2回ありとショートは結構しっかり滑っていました。

 

ショート終わって首位坂本選手以外は意外な展開。今期苦労していた選手が上位に来た印象です。それにしても山下真瑚選手2位は予想できない。代表選考が訳の分からないことになってきました。世界選手権、2枠目3枠目、まったくわからないです。このまま終わったら選考委員頭抱えます。4大陸もどうするんでしょう。そして、世界ジュニアが櫛田選手ショート落ちでこれもわけのわからない展開です。髙木選手20位発進で失敗するし、3枠目争いのジュニア組最上位は全日本ジュニア1番下からの横井きな結選手だし、シニアコースからは松生選手伸びてないし。千葉選手が有力? そんなのあり? もう訳が分かりません。大混戦というか代表選考的には大混乱の状態でフリーを迎えます。

 

フリー第1グループは比較的穏当に幕を開けます。

12回目の全日本大庭選手から。おお、すごい、ループループ来た、と驚きましたが回転は足りませんでした。4年9か月ぶりのセカンド3Lo。ナイスチャレンジでしたが序盤に体力使いすぎたでしょうか、中盤以降ジャンプがやはり厳しかったです。99.23 あとちょっと、あとちょっと、楽しそうなキスアンドクライです。来年もいるといいなあ。安藤美姫先生今大会出番多いですね。

今年はシングルだけの村上遥奈選手。得意の3S+3Tの2本立ては決めましたが、ルッツフリップをしっかり決められないと点が伸びません。105.73のトータル158.86 フリーは昨季と同じオーストラリアで、昨季よりわずかですがスコアは良いのですが、どうしても印象としては昨年の方がよかったように感じてしまいました。

3番滑走、帰ってきた白岩優奈選手。かつての姿を知っていると、全体的に今一つなところはどうしても否めないというのが正直なところです。ジャンプもそうですが、スピード感が違うなあ、と思ってしまいます。一方で、纏っている雰囲気は頂点を争っていたころのそれが残っているようにも感じました。佇まいがやはり何か違う。大学4年生。今シーズンは国体までは進んでいくと思いますが、その先、どうしていくでしょう・・・。

立教大学1年生の石田真綾選手は、来期の自分のために東日本枠取り頑張りたい、というくらいの位置でフリーを迎えました。ただ、フリー自己ベストは101.75というところからスコア・順位を上げていくのはちょっと厳しかったようでした。

そして、問題の髙木謡選手。世界ジュニアを目指すには順位を上げていきたい。大混乱状態でターゲット順位・スコア、よくわからないですがとにかく点を出したい。しかしながら冒頭コンビネーション転倒で上位進出は苦しくなり、以降もジャンプ決まらずシーズンワーストの93.30 トータル148.39は厳しいですね・・・。でもショート落ちした櫛田選手よりは上です。どうなるんでしょう? 世界ジュニア3枠目。

第1グループ最後は関西大学2年生鈴木なつ選手。いつのまにか関西大学にいたんですね。元々は仙台FSCのイメージが強いですが。フリーでスコア伸びれば西日本枠どり貢献の位置でしたが、ジャンプ決まりませんでした。最後の2Tが飛びすぎ。2Tが3回目というか、コンビネーション4回目でノーカウントという珍しい光景は、ちょっと原因わからなかったのですが、予定構成で跳ばないはずのところで先に飛んでしまっていたということですかね? 155.67でこの時点2位となります。

 

最近は第2グループから世界選手権を目指す選手が出るようになってきてますが、レベルが上がったというべきか、ワールド狙うならショートもうちょっと頑張ってというべきか。微妙なところですが、まずはペアでの世界ジュニアを見据えている清水咲衣選手から。シングルはシニアコースで来てますが、一応、世界ジュニア狙う権利はあるのでしょうか? 冒頭の3Lz+2A+2Aはペア仕様。全ジャッジプラス評価の平均GOE+1.889で決めます。以降はアンダーローテーション3つありますが大方まとめて112.88 トータル169.12は自己ベスト更新。村上遥奈選手を上回ってこの時点で首位に立ちます。村上選手との関係性ってどうなんですかね。村上選手は気分的には清水選手には負けたくなかった、とかあるものなのでしょうか。言わないでしょうけど。

 

ここで住吉りをん選手が登場。ショートの時点で吉田陽菜選手と6.03差、渡辺倫果選手と6.96差、三原舞依選手と11.00差。逆転には決めたい4回転でしたがダウングレードの転倒となりました。まだこれだけならある種織り込み済みですが、最後のフリップがダウングレードになったのが致命傷かと思います。フリー128.52でトータル185.22 首位には立ちますが少なくとも190点に乗せて待ちたいところだったかと思います。

次いでこちらも大逆転世界ジュニアを狙う柴山歩選手。見た目いい演技なのですが2本のルッツで!が付きコンビネーションのqと合わせて加点が伸び切らず118.29 トータル175.72となります。フリー110点台が多いんですよね。もうひと伸び欲しいですが、見た目いい演技でした。

ここで樋口選手が出てくるというのも驚きですが、冒頭トリプルアクセル入れてきました。転倒ながらも基礎点は満額入ります。以降、サルコウにループ、抜けが出てスコア伸びません。昔こんな時期合ったなあ、というような結果ですが、演技はさすが。180.67で2位に付けますが、住吉選手より下ですので、この時点で今期の代表争いからは脱落です。

昨季ショート5位からフリー崩れて15位となった三宅選手、今回はその逆を目指してのフリーカルメン。序盤のジャンプでミスは出ましたが以降はしっかりまとめて116.83のトータル175.06 スコアは昨季とほぼ同じになりました。

前半最後は江川マリア選手。この辺は強化指定選手入りが目標かと思いますが、1つ2つフリーで順位を上げていきたいところです。鈴木明子さんのオー。ジャンプで!だのqだの細かいものはありましたが、大きく見るとノーミスのスピンステップオールレベル4 かつてのNHK杯鈴木明子さんのオー、を彷彿とさせるはちょっと言いすぎですが、昨年失敗した全日本で126.10まで出してきてのトータル184.65 この時点で2位。今回は西日本の枠取りに貢献、ではなくて、今は南船橋にいて明治大学で東日本でしたね。残りの結果次第で国際大会派遣の可能性が見える位置に付けました。チャレンジャーシリーズくらい出してくれないかなあ

 

ここから後半グループ。代表争いも佳境です。世界ジュニアも4大陸も世界選手権も、どの選考にも絡んでくる代表争いのキーマン松生理乃選手から後半が始まります。スケートカナダは132.33 140点台出したこともある松生選手がここでどこまで出せるか? というところだったのですが、2本目のルッツ転倒。まだこの後ノーミス行けばというところでしたが後半2つでミス嵩むと厳しいです。PCSこそここまで1位の63.41もらえましたがフリー115.37のトータル174.34 これだとシニアの代表争いには絡めませんし、柴山選手より全日本のスコアが低いと世界ジュニアも選べない。残念な試合になってしまいました。

続いて青木祐奈選手。冒頭セカンドループは2回転に。そのあと単独トーループのステップアウトが痛かったでしょうか。終盤のコレオからステップの連続は圧巻。コレオは+5を2人のジャッジが付け、ステップも平均GOE+3.556 PCSが65.97と高評価を受けフリーは130.57とここにきて自己ベストを出し、トータル192.01 これも昨季のブレイク全日本を超えた自己ベストスコアを出して首位に立ちます。住吉選手の上へ出たことで、4大陸の代表選考にこの時点では残ってきました。

続いて全日本初出場の横井きな結選手。横井家のオペラ座。ゆは菜さんも大学1年生のオペラ座でした。冒頭、トリプルアクセル投入の可能性もありましたがダブルに。ちゃんと勝負に来ています。1.1倍オールコンビネーションは横井家の伝承なのでしょうか。すべてしっかり決めてフリー113.31 トータル175.80 柴山選手の上へ残ってジュニア組で3番手以内が確定しました。

 

ここで吉田陽菜選手登場。得意のフリー。当確出せるかどうか? 逆転表彰台届くかどうか? 冒頭のアクセルは抜けてシングルに。次のコンビネーションはステップアウト、暗雲立ち込めます。ここからほぼノーミスはさすがで131.49のトータル194.22で首位に立ちます。ショートでも思いましたが、フリーも、難しくないですか、曲? 鶴、雰囲気とは合ってるとは思いますけど。まだこのスコアだと当確は出ないです。

トリプルアクセルジャンパー続く、渡辺倫果選手。逆転ワールドは吉田陽菜選手よりも三原選手あたりの方が気になりますが、まずは130.57以上で吉田選手の上へ出ます。トリプルアクセルは転倒しましたが、基礎点満額入ったので十分。それより鍵はフリップと2本のルッツ。フリップは!つかずにクリア。しかしルッツの方でqが2つ付きました。ただ遠目にはアクセル以外ノーミス。この辺今シーズン中盤、アクセル入らなくても点が出るようになっているのが昨年と比べて強いです。PCSもらえませんでしたがフリー131.22でトータル194.88 ぎりぎりですが首位に出ます。ワールドチャンスは残りました。4大陸なら当確かな。ここで住吉選手のワールドは消えたと思われます。

そして、島田麻央選手が登場。トリプルアクセル3連打、3人目で成功させます。4回転は転倒。以降ノーミスかと思いきやループがまさかの抜け。フリー136.95でトータル202.18 首位には出ますが逆転優勝には厳しいスコアとなりました。

 

最終グループを残す時点で島田麻央、渡辺倫果、吉田陽菜と上位待ち相席に並びます。ワールド狙いの渡辺選手、吉田選手としては、選考外の島田選手にもう少し点を出して表彰台を塞いでほしいところだったでしょうか。4位の青木選手も4大陸の芽が残っていて、5位の住吉選手も4大陸の可能性は残ります。世界ジュニアは・・・、3枠目がまだ全くわかりませんが、吉田選手がワールド外れたら回って来るかも、という位置に今の時点では収まっています。

 

最終グループ1番手は上薗恋奈選手から。世界ジュニアはほぼ当確ですし、比較的軽プレッシャーな立場でしょうか。とはいえ初全日本。難しいフリー最終グループを何とノーミスします。いや、すごい演技でした。何点出るか? というフリーは134.47でトータル200.69 200点に乗せて2位。世界ジュニア当確です。そして、島田選手と上薗選手で表彰台を占めた場合、渡辺選手と吉田選手にワールドの光が見えてきます。

という中で河辺愛菜選手。実はこっそり世界ジュニアの権利もなくはないのですが、とにかくこのフリーでしっかり点を出したい。しかし、今回もジャンプ決まりませんでした。4ミス入ると点は伸びない。本人も自覚のある抜け、回転不足ですので心理的には終盤きつかったのではないかと思いますが、最後はステップからコレオの連続、ボレロを盛り上げての締め。コレオは+3.000の高評価でした。ふりー112.46のトータル179.71だと、代表選考はすべて圏外になってきます。本人の雰囲気に黒い衣装はマッチしていて、いいボレロだと思うので、来期持越ししてノーミスボレロをお待ちしております。

 

怪我の調子がどうなのか? ホントのところがいまいちわからない三原選手ですがショート4位から。島田選手を上回るには134.49が必要で、ワールド選手にはそこまで出したい。構成は3-3入れない形に変えてきたでしょうか。考えた構成になっています。ジャンプは耐えながら降りていく。ほぼミスなくまとめましたが、さすがに今日の耐える滑りだとPCSはそれほどは出せない。という中でも64.64もらって131.86 トータル199.56はジュニア2人は届かず3位。吉田選手渡辺選手の上へは出ました。残り3人。今期の三原選手は表彰台乗らずにワールドは選びづらいか。でも、4大陸には選べそう。いや、4大陸なら出ずに怪我なおして。渡辺選手も三原選手の下だと微妙だなあ、ワールド誰選ぶ?いろいろなことが頭に浮かぶ位置に入ります。

 

ショート3位の千葉百音選手。今期は不調。それでもフリー頑張れば世界ジュニアがあるかも。高校生だし資格十分。吉田選手の上で126.21くらい出せば選びやすいか。いやいや表彰台目指せる位置だし。とかなんとか、ごちゃごちゃいろいろ考えられる位置なわけですが、そこからほぼミスのない演技をしてきました。滑走順もありますがそれだけではない。PCS66.75は自己最高。フリー141.25と初の140点台でトータル209.27 首位に出て表彰台確定です。代表選考どうするのこれ? 

 

続いてまさかのショート2位山下真瑚選手。かつては国際大会で200点も出していた選手。呼吸止まらなければここでも出してくるか? というところでしたが、回転不足が多発して後半コンビネーション転倒。3Lz+3Tの2本使いが両方決まれば面白かったのですが、フリーは122.23まで。トータル192.15でこの時点7位。完全復活は来季へお預け。まだまだこんなもんじゃないです。これでチャレンジャーシリーズ派遣はあると思われます。

 

最終滑走坂本花織選手。130.50で優勝ですので、ほぼ安全圏なのですが、基礎点は人並みなので後半入るまではまだ安心できません。などという心配は全く不要な全要素+2以上評価で圧勝でした。フリー154.34のトータル233.12 異次元でした。

 

試合が終わっても、代表選考まるっきりわからないんですけど、どーなるのこれ? という感じでしたが、世界選手権代表は表彰台2位は強い、ということで千葉百音選手が入り、3枠目は今期実績で吉田陽菜選手入りました。これ、島田選手が210点出して千葉選手3位だったらどうなったんでしょうね。

4大陸は千葉選手に三原選手に渡辺倫果選手。坂本選手は希望しなかったそうで。三原選手はケガ治るまで出ない方がいいんじゃないかなあ、と思うのですが、本人は出たいのでしょうねえ・・・。

世界ジュニアはそれこそどうするのこれ状態でしたが、2枠目上薗選手は議論の余地なしとして3枠目がまさかのショート落ちから櫛田育良選手。うーん、全日本進出ならずは許されないけどショート落ちは許されるのね。まあ、世界選手権と違って、世界ジュニアならちょっとやそっとのミスではショート落ちは無いから大丈夫なんでしょうか。千葉選手や吉田選手が世界選手権外れていたら、世界ジュニアはそちらに回っていたんだろうなと思います。割と勝負運の無いことが多かった櫛田選手でしたが、今回は勝負運がありました。髙木選手はもったいなかった。

 

アイスダンスの保留もびっくりしましたが、それも含めて、補欠まで眺めて、木下アカデミーが満額入ったなあ、という印象の代表選考でした。どこの選考も際どいラインで、どっちを選んでも納得感あるしどっちを選んでも不満は出る、みたいなところで際どい差で拾っていった印象でした。一方でMFアカデミー勢は今回は欲しいものが得られた選手は少なかったでしょうか。中田選手は点は出なかったものの代表には選ばれた、というのが唯一かと思います。あとは少しづつ届かなかったようでした。

 

 

 

 

 

全日本選手権23 男子レビュー1

今回は数字を追うのではなく、単なる感想の羅列になっています。まずは男子です。今年は史上まれにみるハイレベルで質の高い試合でした。上位の印象がとても強いですが、それだけでなく、中位の選手も、ぎりぎりフリーに進んだ選手も、いい演技が多い試合でした。

 

○男子シングル最終結

Pl Name Nation Total SP FS
1 宇  野  昌  磨 トヨタ自動車 298.04 104.69 193.35
2 鍵  山  優  真 オリエンタルバイオ/中京大学 292.10 93.94 198.16
3 山  本  草  太 中京大学 287.00 94.58 192.42
4 三  浦  佳  生 オリエンタルバイオ目黒日大高 280.08 93.91 186.17
5 佐  藤      駿 エームサービス/明治大学 273.04 89.80 183.24
6 友  野  一  希 上野芝スケートクラブ 271.52 86.88 184.64
7 壷  井  達  也 シスメックス 252.34 85.85 166.49
8 吉  岡      希 法政大学 249.38 85.27 164.11
9 三  宅  星  南 関空スケート 226.12 77.16 148.96
10 本  田  ルーカス剛史 木下アカデミー 217.62 73.58 144.04
11 島  田  高志郎 木下グループ 215.97 76.57 139.40
12 片伊勢  武 アミン 関西大学 212.26 70.41 141.85
13 佐々木  晴  也 京都大学 208.87 70.88 137.99
14 中  村  俊  介 木下アカデミー 207.70 80.16 127.54
15 櫛  田  一  樹 倉敷FSC 204.27 75.54 128.73
16 杉  山  匠  海 岡山大学 202.64 71.68 130.96
17 中  田  璃  士 TOKIOインカラミ 200.27 71.45 128.82
18 垣  内  珀  琉 ひょうご西宮FSC 196.30 64.58 131.72
19 蛯  原  大  弥 明治神宮外苑FSC 192.96 61.85 131.11
20 高  橋  星  名 木下アカデミー 191.77 68.28 123.49
21 田  内  誠  悟 富士FC 190.01 63.89 126.12
22 大  島  光  翔 明治大学 189.36 66.89 122.47
23 木  科  雄  登 関西大学 188.12 64.52 123.60
24 周  藤      集 ID学園高等学校 74.61 74.61  
25 長谷川  一  輝 東京理科大学 59.25 59.25  
26 門  脇  慧  丞 法政大学 59.14 59.14  
27 小田垣      櫻 日本大学 54.55 54.55  
28 北  村  凌  大 日本大学 54.24 54.24  
29 志  賀  海  門 法政大学 51.60 51.60  
30 西  野  太  翔 神奈川FSC 50.77 50.77  

今回は時系列追って振り返って見ることにします。

ショートは前半グループのメインはジュニア勢かと思います。ルッツのエッジで悩まされる選手が多かったようです。そんな中で第1グループから周藤集選手が好発進。シーズン序盤調子悪かったのが全日本ジュニアからだいぶ上げてきたなあ、という次の滑走の西野太翔選手がジャンプ決まらず50.77に終わり残念ながらショート落ち。まず世界ジュニアの代表争いから脱落します。第2グループでは全日本ジュニアで勝って今大会は懸かっているものが何もないという立場の中村俊介選手が80点台に乗せます。4回転の確率上がってきているなあ、という印象です。

前半18人の締めは中田璃士選手でしたが本人比で今一つ。まあ、決まらなかったのがジュニアルールでは入れられない4回転トーループでしたので大勢に影響はないかな、とは思いましたが、周藤集選手の後塵を拝する形になりました。いい時と悪い時の波があるんだよなあ、中田璃士選手。

後半は島田高志郎選手からスタート。一発逆転を狙いたい立場でしたがジャンプ決まらずスコア伸びず。70点台だとちょっともう苦しいかな、という印象。一方でこちらも一発逆転狙いの壷井選手はノーミスで85点台。これは6強の一角を崩して最終グループ入りあるか? という流れから6強の1番手で山本草太選手ですが、選考対象実績からすると6番手でやはり一発逆転したいという立場からのパーフェクト。4回転2本も心配ですが、最後のトリプルアクセルもっと心配という中で94点台出します。

次の三浦選手はワールド当落線上。ノーミス来たかと思ったものの意外とスコアは伸びずに山本選手の下でこの時点で2位。スコアシートは後から見ることになりましたが最後のスピンがノーカウント。またそこか、というところですがいい位置に付けてもいる、というところで続いて佐藤駿選手。三浦選手に勝つことがワールド最低条件というところでこちらは4回転フリップ降りてきました。ただやはり印象ほどスコア伸びず。フリップはe判定で3位。三浦選手と4.41差は射程圏内ではありますが上に行っておきたいところではありました。

第3グループ最後は国際大会に復帰したい三宅星南選手。今季初かな、4回転サルコウ投入も転倒。それでも他を決めると70点台後半までは出るのですね、かつての岡山ライバル島田選手の上に出ました。いまだにこの2人でどちらが勝つか気にしているのは私くらいでしょうか。

最終グループは東日本3位の大島選手から。東日本西日本の上位選手がショートで最終グループに入れられるのは経験としてはいいのでしょうけれど、試合環境としてはある種の罰ゲーム感あって大変そうです。スーパーマリオは60点台。フリーには残りました。

続いて友野選手はセカンド3回転が入らない。それも厳しいのですが次のサルコウもステップアウトでスコア伸びず86点台。山本選手と7.70差、三浦選手と7.03差。4回転1本差ついてしまって少し苦しいフリーになりそう、という展開。

この間に入れられた片伊勢選手も大変ですが、グランプリ出ていますので文句は言えない。いい流れかと思ったのですが、まさかのフリップ転倒。気持ちとしては、フリップは完了していて、つなぎで転倒というカウントにしてあげたいタイミングでしたけど、判定はジャンプで転倒となって70.41 第2グループには残りました。

さて、いよいよオリンピックメダリスト登場で鍵山選手。世界最高の4回転サルコウでまさかの転倒。えーー??? という感じでしたが目が覚めたのか残りはしっかり決めての93.94で2位。まあ、代表争いとしては問題ないかな本人は、という位置にはいります。

続いて真打登場、宇野昌磨選手。あ、4-2だ。調子悪い報道もあったのでその影響でしょうか。今期は結構4-3決まっていたのですけど、他はしっかり降りての100点台で山本選手と10.11差。この時点で楽勝な展開かな、と思える点差が付きました。

この流れで最終滑走に入れられた吉岡希選手はどんだけ罰ゲームなんだ、と思いましたが、どうしてどうして、大きなミスなし。あのスピンがひどかったジュニア時代から今期はその面の改善が見られます。最終滑走しっかりと締めました。

 

ショートは特に三浦選手佐藤選手あたりのところで判定が物議をかもしていましたが、個人的には平均より厳しめかもしれないけどその判定はまああるんじゃないかな、とは思いました。三浦選手のスピンはよくやるところですし、佐藤選手のフリップは!の常習犯というか、これまで飛んだ4Fの!以上率がほぼ100%でeも取られてことあります。個人的には!でいいんじゃないかと思いますが、eを取る人もいるだろうなとは思う範疇でした。

 

ショート終わって、宇野選手と2位以下は10点以上離れましたけど、2位から4位まではそれほど差が無く、6強が順当に最終グループを占めつつも、7位8位と壺井選手吉岡選手も僅差で続いています。島田選手が今回はかなり残念だったでしょうか。ジュニアは中田選手がよくないながらもジュニア内では上位なのでさすがに世界ジュニアは固そう。3枠目は周藤選手がショートの時点では有利かなあ、というところでフリーへ。

なはずだったのですが、まさかの間の1日で状況が変化。周藤選手がけがを負ってフリー棄権となりました。こういうのが一番悲しい。それも全日本ジュニア3位で、今回の全日本は中村選手を除いた世界ジュニア選考対象者の中でトップのスコアでフリーへ進んでいるところだっただけに、周藤選手の競技人生のなかで非常に大事なフリーになるところだったものが、無くなってしまいました。高校2年生。来期もおそらくジュニアに留まるのだろうと思いますが、来期こそと期待します。

 

フリーはまず第1グループはジュニア勢の争い。全日本前はわずかに有利な位置にいたように思われる蛯原選手から。なかなかまだ確率の低いトリプルアクセルでフリー開始ですがこれを決めると本人比ではほぼノーミスと言っていい演技で131.11はシーズンベスト相当。昨年リリーカップで132点だしたことはありますが、実質的にはパーソナルベストと言っていい出来で後は結果を待つ、という形になります。

世界ジュニア選考条件にはまだ何も載ってきていない田内誠悟選手が続いて出てきます。最低でも蛯原選手の上に出ることが必要。勝負の冒頭トリプルアクセルは決まりませんでしたが、他はいい演技だったと思います。126.12はトリプルアクセル構成でのベストスコア。ただ、蛯原選手には2.95届かず。これで世界ジュニア争いからはおそらく脱落です。まだ中学生。安藤美姫先生が初めて本格的に長期的に見ていく生徒になるのでしょうか。全中楽しみ。この最初の2人がこの試合全体の出来の良さを生む流れを作ったように後から見ると感じます。

3番滑走木科雄登選手。大学4年生。3年ぶりのフリー進出。トリプルアクセル決まらないなあ・・・。最後の全日本? でも、結構撤回する選手も多いので、来期もお待ちしております。

第1グループからは垣内珀琉選手も世界ジュニアを目指します。蛯原選手とは実績は五分に近いので今日勝った方が代表か? というところで勝つには128.49が必要。全日本ジュニアで129.33、ジュニアグランプリブダペストで133.87を出しています。安全策か果敢に攻めるか、冒頭どうするか? 4回転トーループ飛んできました。なんとか着氷回転微妙ですが降りれば十分、前半手堅くまとめて後半、って、あれ? 5つ目のジャンプが1.1倍にならない? ジュニア構成に後ろでステップ足したので30秒伸びた場合の後半にジャンプが2つになるのね、というジュニアの全日本あるあるが生じつつ、その後半のジャンプは疲れたでしょうか少し微妙。点は出てみないとわからない、というところでしたが131.72のトータル196.30で蛯原選手の上へ行きました。これは、世界ジュニアか? どうだ?

続いて真面目な大島光翔選手。ムーランルージュ。4回転ルッツを立ったことは無いですが、アンダーローテーションまで来ているのでもしかしたら、というところでしたが抜けました。真面目と言いつつ、ムーランルージュ位だと割に合っていたように感じました。

第1グループ最後に高橋星名選手。大逆転世界ジュニアには最低でも垣内選手の上、出来れば210点くらいまで出してインパクトを残したいところ。ジュニア男子御用達のレミゼラブル。トリプルアクセル冒頭決めて、これは、と思いましたが2本目はまらず。フリー123.49のトータル191.77で垣内選手、蛯原選手の下。さすがに男子で13歳の世界ジュニアは厳しかったですが、自己ベストスコアは出しました。

 

第2グループは周藤選手が欠場することで大学生の中に中田璃士選手が混ざるという構図になりました。グランプリ組の片伊勢武アミン選手から。ミスなく滑るときれいな滑りで点は出る選手、ということで序盤良かったのですが後半は耐える滑りに。グランプリシリーズと同じ流れになっていましたが転倒せずに耐えきったのがグランプリシリーズとの違い。フリー141.85のトータル212.26 ここから200点超えに入っていき1段階レベルが上がります。

京都大学佐々木晴也選手が2番滑走。挑戦中の4回転トーループは回避して上位進出を目指す構成。トリプルアクセル2本降りました。終盤疲れたでしょうか、最後のジャンプにスピンと力入っていない感じでしたがまずまずの出来。片伊勢選手の上行くか下行くか、どうだ? と思いましたが、PCSが出ないので208.87までで届かず。残りのメンバー的に目標の12位は際どいけどなくはない、どうか? といったところ。

前半の主役になるはずの中田璃士選手が登場。出来不出来が結構はっきり出ますが、今回は悪い方でした。4回転が抜け、トリプルアクセルも1本まで。後半プログラム組み替えて余っていた3回転トーループを単独で跳ぶなど最後まであきらめずに滑った結果200.27と200点には乗せます。これで中村俊介選手以外のジュニア勢の上に入ったので、事実上世界ジュニア確定でしょう。

4回目の全日本、国立の岡山大学3年生杉山選手。フィギュアの男子は国立大生が全日本によく出てきますね。フリーのトリプルアクセルは決まりませんでしたが後はしっかりまとめてこの時点で3位。全日本自己最高位を更新です。

シングルの全日本は最後という本田ルーカス剛史選手が前半グループ最後の滑走で登場。エクソジェネシスの3番はジェレミーアボットさんが世界選手権で演じたものが最高傑作だと思っているのですが、それを彷彿とさせる演技でした。さすがにペアやりながら4回転の習得は無理筋でしたが、他はすべてしっかり決めてきました。エクソジェネシスって競技人生の最後に演じるとうまくいくのでしょうか。ジェレミーアボットさんの場合は、その最後の世界選手権でうまくいったものだから現役続行して、佐藤有香先生にきれいに終わっておけばよかったものを、と言われてしまったという落ちがついていますが、本田選手はこの先、きっちりシングルは終えて、ペア競技者として活躍していくでしょうか。たぶん、学生選手権は出ると思いますが、全日本シングルはこれでラストです。濱田先生が泣いていて驚きました。これ、すごくドラマチックなのですが、織田信成選手が、きちんと復帰申請してドーピング検査も受けていたら西日本落ちでなかった光景なんですよね。コメント見かけないのだけどコメント聞きたいです。

 

製氷挟んで後半へ。社会人2年目の櫛田一樹選手が後半グループに入っていて1番滑走。国際経験のない選手には珍しい4回転持ちです。冒頭、1年ぶりに入れた4回転トーループ、耐えつつ決めました。全日本で3年連続成功。決して成功率が高いわけではないはずなのですが、すごい調整力です。以降は少し耐える展開になって目指したほどはスコア伸びなかったかと思いますがトータル204.27は自己最高スコアでした。これが最後の全日本ということですが、最後にベストスコアで終わる、という見事なフィナーレでした。

ショート11位から大逆転を狙う島田高志郎選手。死の舞踏。雰囲気はいいのですが、4回転決まらないと上位進出は難しいです。トータル215.97で終わると代表争いでは何も得られないことがほぼこの時点で確定しました。

続いて三宅星南選手。ノービス時代から島田選手のライバルだったわけですが、今でも近い位置にいます。今季初4回転投入はお手付きですが降りました。以降もジャンプはほぼミスなし。スピンステップがレベル取れませんでした。226.12まででてこの時点首位。後半のB級大会派遣はもらえそうなところまでは来ました。

ショート9位で第3グループの後半に入ってきたのがジュニア代表中村俊介選手。4回転トーループは降りたのですが、次のトリプルアクセルで派手に転倒。それが最後まで響いたでしょうか、スコア伸びずに207.70で終わって順位は落としましたが、ジュニア中1位は確保です。世界ジュニアではこのスコアで終わってもらっては困ります。

 

ここから世界が変わります。

ショート8位の吉岡希選手。ジュニアから継続のパイレーツオブカリビアン。ジュニア時代はとにかくジャンプで勝負、というところだったこともあり冒頭2本4回転を見事に決めます。その後ループでミスは出ますが手堅くまとめつつ、スケーティングが、スピンが、昨シーズンまでとは全く違いました。驚異的な変化です。フリー164.11は大幅自己ベストスコア更新でトータル249.38 グランプリレベルで十分戦えることを示して上位にプレッシャーのかかるスコアを出しました。

続いてこちらも逆転を狙う壷井達也選手。冒頭の4回転はステップアウトしましたが、2本目を決め、以降もいいジャンプを次々と決めていきます。どうだろう? 吉岡選手の上か下か? というところでフリーは166.49のトータル252.34と昨季の2位相当のスコアで首位に出ます。初の250点台。今季国際大会振るわなかったので先につなげるには4大陸が欲しいのですが、どうだろう? な最終組待ちです。

 

順当に6強が揃った最終グループ。昨季は世界で6位の友野選手から。これまでのシーズンとは違う選曲で今期は今一つうまくいっていなかったフリー。静かな流れの中で次々とジャンプを決めていきました。セカンドの3回転が欲しかったですが、あとはほぼミスなくフリー184.64まで出してトータル271.52 まずはここにメダルラインが引かれました。

逆転表彰台で世界選手権が見える佐藤駿選手が2番滑走。冒頭ルッツ、転倒したら多分終わり、という場面で平均GOE+3.222とクリーンに決めてきました。3連続がステップアウト入りましたが後はミスなし。スコアどうか?微妙? というところでしたが183.24とフリーは友野選手を下回るもトータルは273.04で上に出て首位、残り4人を待ちます。

三浦選手は佐藤選手に負けると世界選手権危ない、という立ち位置。冒頭どうするか? と思ったら4回転ループは回避してのトリプルアクセルからの3連続。次の4回転決まって、その次、サルコウがステップアウト。これでわからなくなったのですが、後半の4-3が+5付けたジャッジが2人いるクリーンなものを決めたのが大きく最後は効きました。スピンもノーカウントはなくしっかりレベル4を揃えてフリー186.17のトータル280.08 3人残して280点台が出てしまいました。この時点で首位。世界選手権が見えてきました。一方、この時点で佐藤駿選手、友野一希選手はほぼワールドは消えたかと思われました。

ショート3位の鍵山選手は、大会前はワールド当確かと思われていましたが、全日本がこのレベルになってくると、このフリーで大崩れすると分からないかも、という状態になってきたようにも思いました。そこからのノーミス。全要素+2以上付きました。圧巻の一言。4回転2本構成で技術点105.51は前代未聞です。200点出してもよいようにも感じましたがフリーは198.16 トータル292.10 ワールド当確。後は順位はどうか?

鍵山選手の演技で追い込まれたのが山本草太選手。3位表彰台だと三浦選手がすぐ下ではワールドはなさそう。ワールド狙うには2位以内が欲しい。ターゲットスコア197.53は自己ベスト179.49からするとはるか遠い領域です。エクソジェネシス協奏曲第3番。今日の魔曲です。パーフェクト。文句なしのパーフェクト。個人的にはガッツポーズという振付は無い、ということであまりガッツポーズは好まない派なのですが、そんなことはどうでもいい、というところまで到達していました。もしかしたら上まで行けるのでは? という採点待ちでしたが192.42のトータル287.00はこの時点で2位。表彰台確定。技術点は採取的に1位でした。PCSもう少し出しても、とも思いました。

 

最終滑走宇野昌磨選手。ショート終わって楽勝ペースだったところから、フリーのここまでの流れは、もしかして結構際どい? というところで冒頭4回転ループが派手にステップアウト。ん? ひょっとしたらひょっとする? トリプルアクセルはやめに2回目入れてるし、構成どうしたいのかわからないけど? セカンド2回転だ。4回転は降りた。最後なに? サルコウの構え? どういうこと? コンビネーション捨てた? 結構はてなが多い滑りでしたがきっちり滑って、セーフ。まさにセーフ。トータル298.04は5.96差の勝利でした。全部計算してやっているから恐ろしいですねこの方。え?え?が多すぎて演技があまり頭に入ってこなかったりもしました。

 

そんなこんなで代表発表。全日本の結果からすると順当なところに落ち着いたかなあ、という印象でした。山本選手は2位表彰台で三浦選手が4位以下ならワールド選出されていたのではないかと思われます。4大陸もそうなるよなあ、という面々。友野選手は両方補欠ですが仕方ないでしょう。戦績的に来期も普通にグランプリ2戦入ってきて、普通にワールド代表争いに参加できますので、今期はチャンピオンシップなくても仕方ない、で済みます。

問題は壺井選手と吉岡選手の方で、2人とも来期グランプリの枠が回って来るか怪しい。シーズンベストを押し上げるために4大陸が欲しい立場でした。今回島田選手は補欠も無しですが、シーズンベストが高いので、来期もグランプリが1つは残ると思われます。三宅選手はB級大会派遣はあるかな? その辺になると代表発表と別枠なのでよくわかりません。

ジュニアも、中田選手は当然として、最後の1枠も今回最上位の垣内選手で普通に決着しました。補欠は3枠の時も2人なんでしたっけ? ここは全日本順位が上の高橋星名選手より、全日本ジュニアで上だった田内誠悟選手が優先されて選ばれましたけど、この辺も順当かと思います。

 

いや、とにかくすごい男子フリーでした。いつもの年ですと、ああこの演技が世界選手権で見たいのに、せめて4大陸で完成形を、みたいなことを思ったりすることが多いのですが、今回は、もうこれが世界選手権だったってことでいいかな、というような気がしてしまいました。