ヨーロッパ選手権 それぞれの初優勝

昨年までとは全く装いが変わってしまったヨーロッパ選手権。誰が勝っても初優勝。表彰台経験者さえ女子にはいないというすごいシチュエーションでした。そんな中どんな展開するのか? というところでしたが、残念ながら男女ともスコアは今一つ伸びなかったな、と言わざるを得ないかと思います。

 

○男子シングル(上位12名)

Pl Name Nation Total SP FS
1 Adam SIAO HIM FA FRA 267.77 96.53 171.24
2 Matteo RIZZO ITA 259.92 86.46 173.46
3 Lukas BRITSCHGI SUI 248.01 79.26 168.75
4 Kevin AYMOZ FRA 240.92 83.75 157.17
5 Deniss VASILJEVS LAT 236.35 84.81 151.54
6 Daniel GRASSL ITA 230.83 77.03 153.80
7 Nika EGADZE GEO 220.65 72.96 147.69
8 Mihhail SELEVKO EST 218.30 73.74 144.56
9 Andreas NORDEBACK SWE 212.95 75.98 136.97
10 Gabriele FRANGIPANI ITA 211.62 77.35 134.27
11 Maurizio ZANDRON AUT 207.68 72.57 135.11
12 Tomas-Llorenc GUARINO SABATE ESP 205.19 71.65 133.54

男子はフランスのアダムシャオイムファ選手が初優勝となりました。ショートにリードを生かして逃げ切り勝ち。ここ2シーズンで一気に世界の上位に上がってきた印象でしたが、ここで大きなタイトルを掴みました。

2位はフリーはトップのマテオリッツォ選手。2度目のヨーロッパ表彰台で最高位の2位。結果的には4回転トーループを2本しっかり決めていれば逆転優勝出来た試合でしたが、フリーの4回転ループをしっかり決めて2位まで入ってきました。

3位にはスイスのルーカスブリッチギー選手。昨シーズンまではパーソナルベスト225.55というほぼ無名の選手でしたが、今シーズン、チャレンジャーシリーズ2試合で表彰台、ワルシャワカップでは253.66のパーソナルベストを出してヨーロッパのトップ選手の仲間入りをしてきました。1998年2月17日生まれの24歳。男子はこれくらいの年齢になってから上位に上がってくる選手もいます。

フランスのケビンエイモズ選手は4位でした。怪我から回復途上でしょうか。久しぶりに4回転も構成に入れてショートでは成功させてきましたが、他の要素でミスもあり4位。意外とヨーロッパ選手権でもまだ表彰台がありません。チャンスの試合だったと思うのですが届きませんでした。

バシリエフス選手は5位。2年連続の表彰台はならず。コレオノーカウントというなかなか見ないミスというかなんというか、もったいないところもありましたが、そこがカウントされても点数的には足りない。4回転がなかなか決まらないので他をノーミスが求められるのですが今回はうまくいきませんでした。バシリエフス選手が頑張れば、今シーズンの男子はランビエール組がすべて世界を制する、なんて展開もあり得たのですが、宇野選手、島田選手の勢いに続くことは出来ませんでした。

昨年2位で初優勝を狙ったグラスル選手は6位。ショートフリーでクリーンな4回転無し。スコアが伸びてきませんでした。コーチ問題で揺れているようで、今このタイミングでエテリ組はないだろう、と思うのですが、その辺の揺れが演技にも出てしまったのでしょうか。

上記の表には入ってこない順位になってしまいましたが昨シーズン世界選手権4位のクビテラシビリ選手は16位でした。こちらもコーチ問題で移籍して苦労しているでしょうか。モスクワにいたけど国籍はジョージアというあたりも心理的には複雑な部分。今シーズンちょっと成績的にはひどすぎるのですが、世界選手権へ立て直してこられるでしょうか。

 

○アダムシャオイムファ選手のフリーの構成

  Elements    BaseValue   GOE Scores AvGOE
1 3Lz   5.90   0.59 6.49 1.000
2 4T+2T   10.80   2.31 13.11 2.333
3 3A   8.00   1.14 9.14 1.556
4 4S   9.70   -1.39 8.31 -1.444
5 4T F 10.45 x -4.75 5.70 -4.889
6 FCCoSp4   3.50   0.65 4.15 1.778
7 3Lz+1Eu+3S   11.77 x 1.52 13.29 2.556
8 3F+2T   7.26 x 0.76 8.02 1.333
9 CCoSp4   3.50   0.85 4.35 2.333
10 StSq4   3.90   1.23 5.13 3.111
11 ChSq1   3.00   1.86 4.86 3.778
12 CSSp4   3.00   0.94 3.94 3.111
  TES   80.78   5.71 86.49  

冒頭のルッツはいつも通りの3回転ルッツです。4回転は2種類3本。2回飛ぶジャンプは4回転トーループトリプルルッツトリプルアクセルは1本にするという構成です。トリプルアクセルを2本飛んだのは世界ジュニアくらいで、1本構成が標準です。成功率が低いというほどでもないと思うのですがそういう構成になっています。

それ以外に今回はセカンド3回転が入りませんでした。ショートの4-3はしっかり入らないのですがフリーでセカンド3Tをどう入れていくか、というのも今シーズンの課題になっています。

後半にステップとコレオをつなげるというのは比較的少数派。ステップに自信がある選手が見せ場として持ってくるわけですが、そこでしっかりレベル4取りつつ加点も入り強みを生かしています。

世界選手権で表彰台を目指すにはこのスコアだとまだだいぶ足りません。最低限ノーミスが求められることになるかと思います。

 

○マテオリッツォ選手のフリーの構成

  Elements    BaseValue   GOE Scores AvGOE
1 4T   9.50   -3.94 5.56 -4.111
2 4Lo   10.50   1.65 12.15 1.556
3 3F+1Eu+3S   10.10   0.91 11.01 1.667
4 3Lz   5.90   1.10 7.00 1.889
5 CCoSp3   3.00   0.69 3.69 2.444
6 ChSq1   3.00   1.21 4.21 2.333
7 3A+2A+SEQ   12.43 x 2.51 14.94 3.222
8 3T   4.62 x 1.14 5.76 2.778
9 3A+2T   10.23 x 1.83 12.06 2.111
10 CCSp2   2.30   0.13 2.43 0.556
11 FSSp4   3.00   0.64 3.64 2.111
12 StSq3   3.30   1.13 4.43 3.444
  TES   77.88   9.00 86.88  

フリー1位のリッツォ選手は4回転2種類2本。トーループは決まりませんでしたがループをきれいに決めました。4回転ループをGOEプラスで決めたのは2回目。ヨーロッパ選手権で4回転ループを成功させたのはグラスル選手に次いで2人目です。4回転ループはイタリアのジャンプ? というと日本から見ると少し違和感あるでしょうか。今シーズン4回転ループをGOEプラスで成功させているのは他に宇野昌磨選手、三浦佳生選手がいて、史上最初に4回転ループを成功させたのは羽生結弦さんでもあります。

2回飛ぶジャンプはトリプルアクセルのみに結果的になりました。4回転トーループを2回飛びたかったはずです。2回飛ぶジャンプが余っていますので最後のコンビネーションはセカンド3回転を付けたいところでもありましたがリカバリーとして余っているコンビネーションをちゃんと2回転でも付けたというのはいいところでもありました。ただ単独3Tのところを4T+3Tできれいに飛べていれば結果的に逆転優勝があったわけで残念でもあるところでした。

 

○男子シングル ショートフリー合わせた要素別スコア(上位12名)

Pl Name Total PCS J Base J GOE Spin Step
1 Adam SIAO HIM FA 267.77 129.53 95.28 3.54 24.91 15.51
2 Matteo RIZZO 259.92 128.38 91.28 6.41 20.87 12.98
3 Lukas BRITSCHGI 248.01 122.15 86.31 7.15 20.46 12.94
4 Kevin AYMOZ 240.92 129.46 75.35 -1.13 23.71 13.53
5 Deniss VASILJEVS 236.35 125.79 75.20 0.01 25.81 9.54
6 Daniel GRASSL 230.83 117.70 85.67 -4.90 22.75 10.61
7 Nika EGADZE 220.65 106.41 93.15 -6.71 20.72 9.08
8 Mihhail SELEVKO 218.30 112.77 82.45 -7.73 21.20 11.61
9 Andreas NORDEBACK 212.95 108.51 73.11 -2.91 20.93 13.31
10 Gabriele FRANGIPANI 211.62 110.45 85.65 -6.18 19.37 7.33
11 Maurizio ZANDRON 207.68 105.25 80.03 -5.48 17.98 10.90
12 Tomas-Llorenc GUARINO SABATE 205.19 102.23 74.09 -1.21 19.96 10.12

PCSは優勝したシャオイムファ選手、4位のエイモズ選手とフランス勢がいいスコアを出しています。リッツォ選手がそれに続くスコアです。

ジャンプの基礎点はシャオイムファ選手がトップですが95点台というのはアジアアメリカ勢と比べるとやや落ちると言わざるを得ない部分はあります。ジャンプの基礎点2位はジョージアのニカエガゼ選手でリッツォ選手が3番手です。

ジャンプの加点はブリッチギー選手がトップでした。3位表彰台の原動力はこのジャンプの出来の良さでした。リッツォ選手が2番目でシャオイムファ選手が3番目。ジャンプのGOEがプラスだったのはフリー進出24人で見ると10人いるのですが、トップ12人では4人しかおらず、上位のジャンプの出来が今一つだったと言わざるを得ない今大会です。

スピンは安定のバシリエフス選手がトップ。25.81は今シーズン全体で2番目で、上にあるのは自国ラトビアのB級大会で自身が出した26.12のみ。実質的に今シーズン最高評価のスピンでした。2番目はシャオイムファ選手で24.91は本人比で過去最高のようです。

ステップ系要素はシャオイムファ選手の15.51が頭抜けています。今シーズン全体ではスケートカナダの宇野選手が16.14というすごいスコアを出していますが、それに次いで自分がB級大会で出した15.55というのがあるだけですので、今シーズン2番目のステップ系要素のスコアとなっています。

 

○女子シングル(上位12名)

Pl Name Nation Total SP FS
1 Anastasiia GUBANOVA GEO 199.91 69.81 130.10
2 Loena HENDRICKX BEL 193.48 67.85 125.63
3 Kimmy REPOND SUI 192.51 63.83 128.68
4 Ekaterina KURAKOVA POL 186.90 61.81 125.09
5 Nina PINZARRONE BEL 185.92 61.35 124.57
6 Niina PETROKINA EST 183.74 61.05 122.69
7 Janna JYRKINEN FIN 176.96 60.77 116.19
8 Lara Naki GUTMANN ITA 169.29 55.39 113.90
9 Nicole SCHOTT GER 163.82 54.33 109.49
10 Julia SAUTER ROU 160.42 56.58 103.84
11 Sofja STEPCENKO LAT 159.34 55.32 104.02
12 Olga MIKUTINA AUT 159.08 62.78 96.30

優勝したのはジョージアのグバノワ選手でした。千載一遇のチャンスをつかみ取った、と言えるでしょうか。正直なところ、ヘンドリックス選手が圧倒的に強くて、2位か3位というのが戦前の見立てでしたが、結果としてショートフリー共に1位で勝ちました。与えられた条件の中で自分で選択して目の前のチャンスをつかんできている選手と言えるでしょうか。2002年12月生まれの20歳。ロシアで20歳過ぎて活躍できるのはトゥクタミシェワ選手だけ、という世界になっているので、いろいろな意味でいい選択をしてきているということになるのだろうと思います。

ヘンドリックス選手は2位でした。初表彰台ではありますが・・・、大魚を逸した感の方が強いです。グランプリファイナルも周りが崩れながら自身も伸びず3位。チャンスを生かしきれていない状態になっています。世界選手権へ立て直せるかどうか。

3位にはスイスのキミ―レポンド選手が入ってきました。2006年10月生まれの16歳。ぎりぎりシニア券を持っているという世代です。スターイズボーン、とか言われていましたが、今シーズンもジュニアグランプリに出ているジュニアがまだ主戦場の選手。何度か取り上げていますが、昨シーズン世界ジュニア7位で日本の今期のジュニアグランプリ枠を減らした、というのが主な戦績でしたので、ここでチャンピオンシップの表彰台に乗って来るのは驚きでした。フリーほぼノーミス、技術点ではトップの素晴らしい演技でした。

ポーランド代表のクラコワ選手は4位。チャンスはあったのですが表彰台には届かず。昨シーズンは5位。ワールドユニバーシティーゲームズ5位。グランプリ2戦も5位。同にも表彰台が遠いクラコワ選手です。

 

○アナスタシアグバノワ選手のフリーの構成

  Elements    BaseValue   GOE Scores AvGOE
1 3Lz+3T   10.10   1.10 11.20 1.889
2 2A   3.30   0.61 3.91 1.778
3 3Lo   4.90   1.40 6.30 2.778
4 3S   4.30   0.86 5.16 2.000
5 FCSp4   3.20   0.91 4.11 2.778
6 ChSq1   3.00   1.00 4.00 2.111
7 3F<< <<  1.98 x -0.77 1.21 -4.222
8 3F+3T   10.45 x 0.98 11.43 1.778
9 2A+2T   5.06 x 0.33 5.39 1.000
10 StSq4   3.90   0.84 4.74 2.222
11 CCoSp4   3.50   0.45 3.95 1.444
12 LSp3   2.40   0.51 2.91 2.111
  TES   56.09   8.22 64.31  

最終滑走、ヘンドリックス選手のスコアが嫌でも聞こえてしまう中でのスタート。ミスなく終えれば優勝が見えているという状況。なかなかプレッシャー掛る局面かと思いますが序盤はそつなくこなしていきました。後半、フリップの大ミスが出て、もう1つはっきりやらかすと危ない、というところでしっかりリカバリー3Tまでつけて逃げ切りました。この公判で付けた3Tでダウングレードの転倒でもしていたら負けでした。リカバリー3Tは見事でしたが、結果として3連続が入ら2Tが1本余った分、200点に届いていません。

2回飛ぶジャンプは3Fと3T ルッツはショートでも単独で入れていますし、極度に苦手ということでもなさそうですが1本にしています。その場合はセカンド3Tはダブルアクセルにでも付けた方が楽そうなのですが、冒頭のルッツに付けてしっかり加点を取りました。

 

○ルナヘンドリックス選手のフリーの構成

  Elements    BaseValue   GOE Scores AvGOE
1 3Lz+3T   10.10   1.52 11.62 2.444
2 2A   3.30   0.90 4.20 2.778
3 3F   5.30   0.83 6.13 1.667
4 2A   3.30   0.85 4.15 2.556
5 CCoSp4   3.50   1.25 4.75 3.556
6 ChSq1   3.00   1.64 4.64 3.333
7 3Lz< F 5.19 x -2.36 2.83 -5.000
8 3F<<+REP F 1.39 x -0.90 0.49 -5.000
9 3S+2T+2Lo   8.03 x 0.49 8.52 1.111
10 FCCoSp4   3.50   1.05 4.55 2.889
11 StSq4   3.90   1.17 5.07 3.000
12 LSp4   2.70   1.04 3.74 3.889
  TES   53.21   7.48 60.69  

2転倒でリピートが入りコンビネーションも1つ入らずだとちょっと勝ち切れませんでした。

2回飛ぶジャンプはルッツとフリップ。持っているカードの中でなんとか基礎点を上げていこうという構成なのですが転倒してしまうとどうしても苦しいです。スピンステップはさすがのショートフリーオールレベル4 そこが支えではあるのですが基礎点が53.21にまで下がってしまうとスピンステップだけでは勝ち切れません。

トリプルループなしはヘンドリックス選手にとって通常構成。その中で基礎点を上げていくにはミスは許されない。せっかくのチャンスの試合だったのですが、ショートもフリーもミスが出てスコアが伸びませんでした。

 

○女子シングル ショートフリー合わせた要素別スコア(上位12名)

Pl Name Total PCS J Base J GOE Spin Step
1 Anastasiia GUBANOVA 199.91 97.89 59.38 8.41 20.48 13.75
2 Loena HENDRICKX 193.48 100.89 51.83 1.44 26.21 15.11
3 Kimmy REPOND 192.51 88.43 64.94 1.88 23.69 13.57
4 Ekaterina KURAKOVA 186.90 92.98 56.38 0.46 22.98 14.10
5 Nina PINZARRONE 185.92 85.89 64.83 1.68 22.31 11.21
6 Niina PETROKINA 183.74 91.94 52.64 1.89 22.73 14.54
7 Janna JYRKINEN 176.96 81.98 65.57 -3.24 22.31 11.34
8 Lara Naki GUTMANN 169.29 84.51 59.81 -7.14 20.89 11.22
9 Nicole SCHOTT 163.82 84.52 51.74 -4.22 20.82 12.96
10 Julia SAUTER 160.42 79.16 51.78 -2.91 20.99 13.40
11 Sofja STEPCENKO 159.34 73.50 57.83 -0.53 19.72 8.82
12 Olga MIKUTINA 159.08 83.80 48.94 -4.98 22.23 13.09

PCSはただ一人ヘンドリックス選手が100点に届きました。グバノワ選手が97.89の2番手。ここまでが平均8点超えです。レポンド選手はPCS差がまだ大きいですが技術点では全体トップでした。

ジャンプの基礎点は7位だったフィンランドのユルキネン選手がトップです。2007年2月生まれの15歳。ぎりぎりのシニア券を持っている今大会最年少。この辺の世代がジャンプの基礎点が高いという女子シングルの構図がロシアいなくても同じですか、という気分にもなったりはしますが・・・。2番目もぎりぎりシニア券持ちのレポンド選手でした。ヘンドリックス選手はここが51.83だとさすがに苦しいです。

ジャンプの加点はグバノワ選手がとびぬけています。完全にこれが優勝の原動力でした。ジャンプのGOEプラスは上位の6人まででした。

スピンはヘンドリックス選手が突出していて26.21です。これは今シーズン全選手中トップのスコアです。

ステップ系要素もヘンドリックス選手がトップで15.11 今シーズン15点台に乗せたのは5人目で、ISU公認試合ではMKジョンウィルソン杯の三原舞依選手15.46に次ぐ2番目のスコアとなります。

 

ロシア抜きのヨーロッパ選手権。男子は極端に大きな影響ではなく、いても同じような結果だったかもしれませんが、いずれにしてもフェルナンデスさん以降日米勢と勝負できるところになかなか行かないなあ、というのが今大会も出てしまいました。女子はロシアがいないと勢力図が一遍するのですが、その中で勝ったのは結局元ロシアンという何とも言い難い結果に終わりました。

今大会の上位選手はほぼ全員世界選手権に出てくると思われますが、スコアをもうひと伸びさせてくることを期待したいと思います。

ワールドユニバーシティゲームズ 豪華メンバー

少し遅くなってしまいましたが、ワールドユニバーシティーゲームズがアメリカのレークプラシッドで行われました。昔の呼び名ではユニバーシアード。通常は2年に1度なのですが、2年前はコロナで中止で結果的に4年ぶりの大会となりました。大学生の祭典。チャンピオンシップなどと比べると少し格落ちする試合のはずなのですが、今回はやたら豪華メンバーが揃いました。

 

 ○女子シングル(上位12名)

Pl Name Nation Total SP FS
1 MIHARA Mai JPN 221.18 75.60 145.58
2 SAKAMOTO Kaori JPN 217.42 78.40 139.02
3 KIM Yelim KOR 200.16 73.73 126.43
4 SUMIYOSHI Rion JPN 191.48 72.58 118.90
5 KURAKOVA Ekaterina POL 186.73 63.22 123.51
6 CHOI Dabin KOR 171.53 59.13 112.40
7 PIREDDA Marina ITA 161.45 52.09 109.36
8 GOZHVA Anastasiia UKR 153.49 57.50 95.99
9 PELKONEN Nella FIN 152.58 52.37 100.21
10 KUCVALSKA Angelina LAT 151.67 59.05 92.62
11 SO Joanna HKG 149.85 54.41 95.44
12 FEIGIN Alexandra BUL 147.28 58.34 88.94

グランプリファイナル出場者が3人、グランプリシリーズ表彰台選手が4人出場という名にこの4大陸選手権? みたいな試合でしたが、グランプリシリーズの序列通りに三原舞依選手が優勝しました。結果的に2連覇です。ISU公認ではないですがパーソンバルベスト更新に相当するスコア。前回のユニバーシアードに続いて2度目の220点到達です。これで今シーズンは国際大会無敗で世界選手権に進むことになります。

2位には現世界チャンピオンの坂本花織選手。フリーで伸びずに三原選手に逆転を許すというのはグランプリファイナルと同じ展開ですが、今回は大崩れまではしませんでした。ただ、最後のループ転倒は驚き。トリプルループは得意なジャンプでこれを転倒するというのシニアになってから初めてなのではないかと思います。

3位に韓国のキムイェリム選手。グランプリファイナル出場者ですからこの人でもこの試合にはオーバースペックなのですが、上2人が強すぎて3位です。フリーはジャンプのミスはあったもののいい演技に見えたのですが、回転不足が多数出てしまって見た目の印象ほど点が出ず3位に留まりました

4位には日本から住吉りをん選手。ファイナリスト3人の牙城を破って表彰台へ、と行きたいところでしたが結局グランプリシリーズの序列通りの4位に終わった形です。

オリンピックにも出場していたポーランドのクラコワ選手が5位。ここまでグランプリシリーズでの活躍順通りに並んでいます。

6位は韓国のチェダビン選手。今シーズン復帰してきて若い選手が目立つ韓国の中では数少ない年齢を満たす選手ということもあって出てきたユニバで6位にまで入ってきました。

 

三原舞依選手のフリーの構成

  Elements    BaseValue   GOE Scores AvGOE
1 2A+3T   7.50   1.01 8.51 2.571
2 3Lz   5.90   1.42 7.32 2.429
3 3S   4.30   1.03 5.33 2.429
4 3Fq q 5.30   -0.32 4.98 -0.571
5 FSSp4   3.00   0.90 3.90 3.000
6 CCoSp4   3.50   1.05 4.55 3.143
7 2A+3T   8.25 x 0.84 9.09 2.000
8 3Lz+2T+2Lo   9.79 x 0.83 10.62 1.286
9 3Lo   5.39 x 0.98 6.37 1.857
10 StSq4   3.90   1.40 5.30 3.571
11 ChSq1   3.00   2.10 5.10 4.143
12 FCCoSp4   3.50   1.05 4.55 3.143
  TES   63.33   12.29 75.62  

フリップqが付きましたがほぼノーミスという三原選手のフリーでした。構成は少し依然と変化しています。3Lz+3Tが無く、今回は2A+3Tを2本使いにしました。ノーミス基礎点は63.33で変わっていません。3-3の負担を回避した構成です。ここから基礎点を上げるには2A+3Tを3F+2Aのシークエンスに変えるというようなやり方があり得ます。

当たり前のようにスピンステップレベル4 強かったです。残すは世界選手権。国際大会無敗で戴冠し、あとはオリンピックだけです、というところまで行けるかどうか。

 

○坂本花織選手のフリーの構成

  Elements    BaseValue   GOE Scores AvGOE
1 2A   3.30   1.32 4.62 4.000
2 3Lz   5.90   1.30 7.20 2.000
3 3S   4.30   -1.20 3.10 -3.000
4 CCoSp3   3.00   0.72 3.72 2.286
5 3F+2T   6.60   0.85 7.45 1.714
6 StSq4   3.90   1.25 5.15 3.143
7 3F+3T   10.45 x 1.70 12.15 3.286
8 FSSp4   3.00   0.72 3.72 2.571
9 2A+3T+2T   9.68 x 1.09 10.77 2.429
10 ChSq1   3.00   1.50 4.50 3.143
11 3Lo F 5.39 x -2.45 2.94 -5.000
12 FCCoSp4   3.50   0.84 4.34 2.429
  TES   62.02   7.64 69.66  

今シーズンはどちらが勝っても私の勝ち状態の中野先生に送り出される最終滑走、というのが多くなっていますがグランプリファイナルに続いてここでも坂本選手は負けてしまいました。

サルコウのミスも珍しかったですが、致命傷は最後のトリプルループ。これを普通に成功させてGOE+1でもできていたら優勝でした。そういう意味ではやはりノーミス勝負したら坂本選手が上。1ミスくらいついてもまだ勝てます。

4大陸はないのであとは、国内戦にも顔を出す予定はあるようですが、大事な試合としては連覇のかかる世界選手権のみとなります。全日本は勝ちましたが国際大会は2位が3試合続いている坂本選手。3月はどうなるでしょうか。

 

○住吉りをん選手のフリーの構成

  Elements    BaseValue   GOE Scores AvGOE
1 4T< F 7.60   -3.80 3.80 -5.000
2 3Lo   4.90   0.78 5.68 1.714
3 FCCoSp4   3.50   1.05 4.55 2.714
4 3F+2T   6.60   0.53 7.13 1.000
5 3Lz F 5.90   -2.95 2.95 -5.000
6 StSq4   3.90   0.94 4.84 2.571
7 2A+3T< 7.33 x -0.47 6.86 -1.286
8 3S+2T+2Lo< 7.66 x -0.60 7.06 -1.286
9 2F< 1.58 x -0.66 0.92 -4.429
10 LSp4   2.70   0.76 3.46 2.714
11 ChSq1   3.00   1.30 4.30 2.714
12 CCoSp4   3.50   0.84 4.34 2.429
  TES   58.17   -2.28 55.89  

4回転トーループは成功ならず。国際大会での試みはこれで5回目。ダウングレード2回、q1回、回転十分は1回で、5回目の今回はアンダーローテーションとなりました。5回すべて転倒。国際大会での4回転成功は来期に持ち越しでしょうか。B級大会もう1試合くらい出るかどうか。意外と国別対抗戦でISU公認成功という線もまだあるにはあります。

4回転転倒までは仕方ないと思いますが、以降のジャンプもミスが目立ったのが痛いです。結果的に2回飛んだジャンプもなし。本来はフリップとトーループを2回飛びます。ちょっとこれだと表彰台は厳しかったです。非公認ではありますが初の200点チャンスが来ていただけに残念でした。

 

○女子シングル ショートフリー合わせた要素別スコア(上位12名)

Pl Name Total PCS J Base J GOE Spin Step
1 MIHARA Mai 221.18 104.28 66.14 9.56 25.42 15.78
2 SAKAMOTO Kaori 217.42 106.21 65.27 7.83 24.00 15.11
3 KIM Yelim 200.16 99.34 63.93 -0.45 23.19 14.15
4 SUMIYOSHI Rion 191.48 97.94 60.86 -4.30 24.54 14.44
5 KURAKOVA Ekaterina 186.73 93.00 57.94 0.61 21.78 13.40
6 CHOI Dabin 171.53 85.13 59.61 -2.51 20.56 9.74
7 PIREDDA Marina 161.45 84.47 41.04 3.09 19.82 13.03
8 GOZHVA Anastasiia 153.49 78.54 46.95 -2.42 22.39 9.03
9 PELKONEN Nella 152.58 79.93 50.63 -6.93 19.92 11.03
10 KUCVALSKA Angelina 151.67 78.40 47.13 -1.37 18.82 9.69
11 SO Joanna 149.85 73.60 45.04 2.96 19.43 8.82
12 FEIGIN Alexandra 147.28 74.71 44.49 -3.17 22.12 9.13

PCSは坂本選手がトップ106.21は今シーズン本人2番目のスコアで、全体ではこれより上は自分とルナヘンドリックス選手のスコアしかありません。100点超えは2人。キムイェリム選手でも100点には足りませんでした。

ジャンプの基礎点は上から4人が順位順そのまま並びます。ジャンプの加点は三原選手がトップで坂本選手が2番目と上2人がしっかり稼ぎました。キムイェリム選手に住吉選手はフリーの回転不足多発が祟っています。

スピンは三原選手が25.42と25点台に乗せました。2番目に住吉選手がいます。住吉選手の24.54は本人の国際大会最高スコアです。

ステップ系要素も三原選手が15.78でトップ。三原選手の国際大会最高スコアとなっていますし、今シーズンの全選手トップのスコアでもありました。

 

○男子シングル(上位12名)

Pl Name Nation Total SP FS
1 YAMAMOTO Sota JPN 274.86 101.32 173.54
2 TSUBOI Tatsuya JPN 243.82 84.48 159.34
3 MEMOLA Nikolay ITA 231.33 78.96 152.37
4 SHAIDOROV Mikhail KAZ 231.08 75.05 156.03
5 SATO Shun JPN 230.73 84.43 146.30
6 LEE Sihyeong KOR 218.75 75.17 143.58
7 CHA Younghyun KOR 208.03 67.13 140.90
8 HAMMI Samy FRA 202.00 69.17 132.83
9 TRAN Dinh USA 198.59 60.69 137.90
10 LE MAY Landry FRA 196.69 70.62 126.07
11 JIRENBAYEV Dias KAZ 196.41 60.89 135.52
12 ENDO Goku USA 194.08 66.07 128.01

本草太選手圧勝でタイトルを手に入れました。今季の国際大会では2位が3つあるのですが優勝がありませんでした。そんな中ISU公認大会ではないですが、ショート100点超えからフリーもトップのスコアで圧勝。シーズン後半へいい弾みとなっています。実は今回は代打です。次は4大陸は出場権がなくて世界選手権に照準が当てられることになります。ワールド表彰台なるか。グランプリファイナル2位なわけですから、当然十分チャンスがある立場です。

2位に壷井達也選手が入りました。なんだか勝負強いという印象の選手。昨シーズンは世界ジュニアで3位表彰台。今季はワールドユニバーシティゲームズで2位表彰台。自分のレベルに合ったカテゴリーでしっかり結果を出して先につなげています。

3位にはイタリアのメモラ選手が入りました。ジュニアグランプリファイナルで優勝してますがすでに大学生です。イタリア選手権2位でしたがヨーロッパ選手権には派遣してもらえない模様。次は世界ジュニアでしょうか。

4位にはカザフスタンのシャイドロフ選手が入りました。表彰台まで0.25の僅差。後半の4回転トーループが決まっていれば表彰台でした。次は4大陸選手権で上位進出を目指すという立ち位置です。

佐藤駿選手は5位でした。230.73は表彰台まであと0.60の僅差。今シーズンワーストがここで出てしまっています。もったいないと見るか、チャンピオンシップへの調整試合だから別に、と見るか。次は4大陸。結構強いメンバーが各国エントリーしているので大変ですが、チャンスはある試合で表彰台を目指すということになります。

 

○山本草太選手のフリーの構成

  Elements    BaseValue   GOE Scores AvGOE
1 2S   1.30   0.10 1.40 0.714
2 4T+3T   13.70   2.09 15.79 2.143
3 4T   9.50   2.28 11.78 2.286
4 3A+1Eu+3S   12.80   1.60 14.40 2.000
5 FCSp4   3.20   0.58 3.78 1.857
6 StSq3   3.30   1.12 4.42 3.286
7 3Aq q 8.80 x -3.84 4.96 -4.714
8 3F+2A+SEQ   9.46 x 1.17 10.63 2.286
9 3Lz   6.49 x 1.53 8.02 2.429
10 ChSq1   3.00   1.80 4.80 3.714
11 CSSp4   3.00   1.20 4.20 4.000
12 CCoSp4   3.50   1.12 4.62 3.143
  TES   78.05   10.75 88.80  

4回転は2種類3本予定ですが冒頭サルコウは2回転に。そのままずるずると言ってしまうと危なかったのですが、以降はトリプルアクセルのミス1本に抑えて圧勝でした。

基礎点は78.05 4回転1つ抜けたのでやや低めです。サルコウちゃんと入ればグランプリファイナル同様に86.45になります。

今期意外と課題なのがトリプルアクセル。グランプリ初戦では2本目が1回転半に、NHK杯は2本とも転倒、グランプリファイナルは2本目でqがついて減点。今回も2本目がqで着氷も乱れています。4回転トーループは国際大会でショートフリーすべて成功。この4回転トーループの安定感が今期の躍進を支えています。

 

○壷井達也選手のフリーの構成

  Elements    BaseValue   GOE Scores AvGOE
1 4S+3T   13.90   2.72 16.62 2.571
2 4Sq F 9.70   -4.85 4.85 -5.000
3 3A+1Eu+3S   12.80   1.76 14.56 2.000
4 FSSp4   3.00   0.66 3.66 2.286
5 StSq2   2.60   0.57 3.17 2.286
6 3Lo   4.90   0.98 5.88 2.143
7 3A   8.80 x 0.80 9.60 1.000
8 3F   5.83 x -1.06 4.77 -2.143
9 3Lz+2T   7.92 x 0.71 8.63 1.286
10 CCoSp3   3.00   0.60 3.60 1.857
11 ChSq1   3.00   1.20 4.20 2.429
12 FCCoSp3   3.00   0.54 3.54 1.714
  TES   78.45   4.63 83.08  

壷井選手は4回転2本構成に挑みましたが成功は1本に留まりました。トリプルアクセルは2本成功。今季の国際大会でトリプルアクセルをすべて成功させていることで、大崩れなく上位で戦えています。

ステップがレベル2 ステップのスコアがなかなか伸びてこない壷井選手。ステップが上手だとファンが増えるのですがここの要素は弱いです。

基礎点78.45は本人比で国際大会最高構成になります。スピンのレベルも3がまだいますので、この辺のレベルを取ることだけでももう少し上げられます。あとは、4回転も入り、ダブルアクセルが余る構成を組めるところまで来ていますので、シークエンスダブルアクセルを2Tの代替として入れられると基礎点が2.0、あるいはボーナスタイムで2.2上げることができます。基礎点80点を超えるところまでは見えてきました。

 

○佐藤駿選手のフリーの構成

  Elements    BaseValue   GOE Scores AvGOE
1 4Lzq F 11.50   -5.75 5.75 -5.000
2 4T+2T   10.80   -0.19 10.61 -0.143
3 3A   8.00   1.92 9.92 2.429
4 FCSp3   2.80   0.28 3.08 1.000
5 4T F 9.50   -4.75 4.75 -5.000
6 CSSp4   3.00   0.84 3.84 2.857
7 3A+2T   10.23 x 1.44 11.67 1.714
8 3Fe+1Eu+2S e 6.64 x -0.76 5.88 -1.714
9 3Lo   5.39 x 1.18 6.57 2.429
10 StSq2   2.60   0.57 3.17 2.143
11 ChSq1   3.00   0.70 3.70 1.429
12 CCoSp4V   2.63   0.48 3.11 1.714
  TES   76.09   -4.04 72.05  

佐藤駿選手は4回転ルッツを組み込みましたが不発に終わりました。今季の国際大会で7本飛んで4回転倒、成功率は3/7です。

4回転ルッツは仕方なかったですが、4回転トーループの2本目を転倒というのが痛かった。その後、フリップのeやステップスピンでレベル取り切れずと、この辺1つでもしっかりできていれば表彰台だったのですが、というもったいない試合でした。

佐藤選手は国体を経て4大陸へ向かいます。国体と4大陸は結構時期近いのですが、国体本当に出るかなあ???

 

○男子シングル ショートフリー合わせた要素別スコア(上位12名)

Pl Name Total PCS J Base J GOE Spin Step
1 YAMAMOTO Sota 274.86 127.33 94.25 13.16 25.52 14.60
2 TSUBOI Tatsuya 243.82 114.92 92.66 5.87 20.78 10.59
3 MEMOLA Nikolay 231.33 113.25 80.74 4.21 20.41 12.72
4 SHAIDOROV Mikhail 231.08 105.68 94.46 1.69 20.39 8.86
5 SATO Shun 230.73 115.75 90.46 -5.29 21.77 10.04
6 LEE Sihyeong 218.75 109.50 88.54 -14.36 23.28 13.79
7 CHA Younghyun 208.03 103.84 68.23 2.82 21.09 12.05
8 HAMMI Samy 202.00 103.82 64.54 -0.91 23.06 11.49
9 TRAN Dinh 198.59 99.51 73.80 -5.46 20.72 11.02
10 LE MAY Landry 196.69 100.50 79.87 -14.55 21.83 10.04
11 JIRENBAYEV Dias 196.41 99.16 62.43 2.93 20.98 10.91
12 ENDO Goku 194.08 104.83 57.86 1.62 17.55 12.22

要素別を見ても山本選手の強さが目立ちます。

PCSは一人だけ120点台で平均8.5程度まで出しました。PCS2番手は佐藤駿選手でこの辺は実績順になっています。

ジャンプの木尾粗点はわずかにシャイドロフ選手がトップでした。僅差で山本草太選手が2番目。壺井選手が3番目です。ジャンプのイメージの強い佐藤駿選手はここで4番手だとやはり苦しくなります。

ジャンプの加点は山本草太選手がダントツでした。壺井選手が2番目。佐藤駿選手はGOEマイナスと苦しみました。

スピンは山本草太選手がこれも断トツの25.52 国際大会25点台は自身初です。これより上は今シーズンはバシリエフス選手とサドフスキー選手の2人だけです。

ステップ系要素も14.60で山本草太選手がトップでした。国際大会14点台はこれも自身初です。韓国のイシヒョン選手がスピンと並んでステップ系要素も2番手になっています。

 

例年になくやたら豪華メンバーだったワールドユニバーシティゲームズでしたが、男女で日本勢はワンツーということになりました。ISU公認ではないですが、これも一つの大きめな国際大会。今季はこういうところも日本が獲っていっています。

この後はヨーロッパ選手権が入って、日本勢は4大陸選手権となっていきます。その前になぜか、今回出場した6人のうち5人は日本に戻って国体に出るらしいのですが、国体が今度は豪華メンバーすぎるという、それ無料で観客集めていいの? みたいなことになってきました。

トップ選手はあまり無理せず、4大陸や世界選手権の準備をしてもらえたら、という気がしないでもないのだけど、とも思うワールドユニバーシティゲームズでした。

 

 

全日本選手権22 男子レビュー3

今回は男子シングルのレビュー3回目。1つ1つの要素別を見ていく最終回です。

 

○4回転のルッツ、フリップ、ループ

  Name   Elements    Base   GOE Scores AvGOE
FS 宇野昌磨 1 4Lo   10.50   3.75 14.25 3.444
SP 宇野昌磨 1 4F   11.00   3.14 14.14 2.889
FS 佐藤駿 1 4Lz F 11.50   -5.75 5.75 -5.000
FS 宇野昌磨 3 4Fq q F 11.00   -5.50 5.50 -5.000

4回転の高難度3種類を飛んだのは2人。そのうち決めたのは宇野昌磨選手一人だけでした、宇野選手はフリップとループどちらも決めています。佐藤駿選手はルッツを飛びましたが転倒でした。

 

○4回転サルコウ

  Name   Elements    Base   GOE Scores AvGOE
SP 鍵山優真 1 4S   9.70   3.60 13.30 3.778
FS 壷井達也 1 4S+3T   13.90   3.05 16.95 3.111
SP 友野一希 2 4S+2T   11.00   2.49 13.49 2.444
FS 三浦佳生 3 4S   9.70   2.22 11.92 2.333
FS 鍵山優真 2 4S+REP   6.79   -2.91 3.88 -3.000
FS 友野一希 3 4Sq q 9.70   -3.05 6.65 -3.111
SP 島田高志郎 1 4S   9.70   -3.33 6.37 -3.333
FS 島田高志郎 1 4S   9.70   -4.02 5.68 -4.111
SP 三宅星南 1 4Sq q 9.70   -4.71 4.99 -4.778
SP 壷井達也 1 4Sq q F 9.70   -4.85 4.85 -5.000
SP 三浦佳生 1 4S F 9.70   -4.85 4.85 -5.000
FS 鍵山優真 1 4S F 9.70   -4.85 4.85 -5.000
FS 三宅星南 2 4S F 9.70   -4.85 4.85 -5.000
FS 壷井達也 2 4S<< << F 4.30   -2.15 2.15 -5.000

4回転サルコウはトップ選手にとってはほぼ必須となってくるジャンプです。ただ、これを今大会でGOEプラスの成功ジャンプとしたのは4人だけでした。最高評価は鍵山選手のショート冒頭のジャンプ。これを見た時は、復帰戦でもいけるのか、と思ったのですが・・・。

壷井達也選手がコンビネーションで最高評価。ただ、2本目がダウングレードの転倒となったため、フリーの大逆襲は不発に終わりました。

宇野選手の名前がありませんが、フリーのサルコウは2回転になったためリストに入ってきません。山本草太選手はショートフリーどちらも2回転になったことでやはりリストに入っていません。佐藤駿選手はルッツを採用したこともあってか今シーズンサルコウはもともと構成に入れていません。

 

○4回転トーループ

  Name   Elements    Base   GOE Scores AvGOE
SP 佐藤駿 1 4T   9.50   3.39 12.89 3.556
FS 佐藤駿 5 4T   9.50   2.99 12.49 3.222
FS 佐藤駿 2 4T+3T   13.70   2.85 16.55 3.000
SP 本草 1 4T+3T   13.70   2.71 16.41 2.778
FS 宇野昌磨 8 4T+2T   11.88 X 2.44 14.32 2.556
FS 櫛田一樹 1 4T   9.50   2.44 11.94 2.556
FS 宇野昌磨 7 4T+3T   15.07 X 1.90 16.97 2.111
FS 三浦佳生 7 4T+3T   15.07 X 1.76 16.83 2.000
SP 吉岡希 1 4T+3T   13.70   1.90 15.60 2.000
FS 島田高志郎 2 4T   9.50   1.76 11.26 1.889
SP 宇野昌磨 2 4T+2T   10.80   1.63 12.43 1.778
FS 友野一希 1 4T+3T   13.70   0.81 14.51 0.889
FS 吉岡希 2 4T   9.50   -0.14 9.36 -0.111
SP 島田高志郎 2 4Tq+3T q 13.70   -0.95 12.75 -1.000
FS 垣内珀琉 1 4Tq+3T q 13.70   -1.09 12.61 -1.111
FS 吉岡希 1 4T+3T   13.70   -1.76 11.94 -1.667
FS 本草 3 4T+3T   13.70   -1.76 11.94 -1.889
FS 三浦佳生 2 4T   9.50   -2.17 7.33 -2.333
FS 中村俊介 1 4Tq q 9.50   -3.53 5.97 -3.556
FS 垣内珀琉 3 4Tq q 9.50   -4.75 4.75 -4.889
SP 三浦佳生 4 4T+COMBO F 10.45 X -4.75 5.70 -5.000
SP 友野一希 1 4Tq q F 9.50   -4.75 4.75 -5.000
SP 垣内珀琉 1 4T F 9.50   -4.75 4.75 -5.000
FS 本草 2 4Tq q F 9.50   -4.75 4.75 -5.000

4回転トーループは4回転の1種類目として選ぶ選手が多く、トップ選手以外でも試みる選手が多かったです。

GOEプラスの成功者は8人。佐藤駿選手がショートフリーの3本すべて高評価で上から3つ名前を並べています。櫛田一樹選手はトップ選手とはいいがたいですが、その中で4回転を決めました。

こうやって並べると、これだけの選手が4回転トーループを飛んでいますが、qはあってもアンダーローテーションやダウングレードはない、ということで、多くの選手が4回転まわり切れるようになってきています。

 

トリプルアクセルを含む要素で平均GOE+2.000以上

  Name   Elements    Base   GOE Scores AvGOE
SP 三浦佳生 2 3A   8.00   2.40 10.40 3.000
FS 森口澄士 2 3A   8.00   2.29 10.29 2.889
SP 島田高志郎 4 3A   8.80 X 2.29 11.09 2.778
SP 友野一希 4 3A   8.80 X 2.17 10.97 2.778
FS 宇野昌磨 4 3A   8.00   2.29 10.29 2.778
FS 宇野昌磨 9 3A+2A+2A+SEQ   16.06 X 2.06 18.12 2.667
FS 三浦佳生 8 3A+1Eu+3S   14.08 X 1.94 16.02 2.556
FS 森口澄士 1 3A+2T   9.30   1.94 11.24 2.556
SP 宇野昌磨 4 3A   8.80 X 1.94 10.74 2.556
SP 中村俊介 1 3A   8.00   1.94 9.94 2.556
FS 佐藤駿 3 3A+1Eu+3S   12.80   2.06 14.86 2.444
SP 吉岡希 2 3A   8.00   2.06 10.06 2.444
FS 島田高志郎 3 3A+3T   12.20   1.71 13.91 2.222
FS 佐藤駿 7 3A   8.80 X 1.83 10.63 2.222
SP 壷井達也 2 3A   8.00   1.71 9.71 2.222
FS 大島光翔 1 3A   8.00   1.71 9.71 2.000

トリプルアクセルは男子にとっては標準装備されているべきジャンプとなっています。最高評価は三浦佳生選手のショートプログラムで+3.000でした。今大会大活躍した森口澄士選手が2番目の評価と共に、冒頭のコンビネーションも+2.556と高評価でした。

3連続でトリプルアクセルを使って高評価なのは3人。宇野昌磨選手、三浦佳生選手、佐藤駿選手。宇野選手は時間のかかる3連シークエンスで結果タイムオーバーになってますがスコアは18.12と今大会全体で最高のものでした。

 

○3連続ジャンプで平均GOE+1.000以上

Name   Elements    Base   GOE Scores AvGOE
森口澄士 7 3S+2A+2A+SEQ   11.99 X 1.29 13.28 3.000
宇野昌磨 9 3A+2A+2A+SEQ   16.06 X 2.06 18.12 2.667
三浦佳生 8 3A+1Eu+3S   14.08 X 1.94 16.02 2.556
佐藤駿 3 3A+1Eu+3S   12.80   2.06 14.86 2.444
友野一希 8 3A+1Eu+3S   14.08 X 1.60 15.68 1.889
島田高志郎 7 3A+1Eu+3S   14.08 X 1.49 15.57 1.889
本草 4 3A+1Eu+3S   12.80   1.49 14.29 1.889
中村俊介 9 3Lz+1Eu+3S   11.77 X 1.01 12.78 1.667
鍵山優真 7 3Lz+1Eu+2S   8.47 X 0.76 9.23 1.333
佐々木晴也 3 3Lz+1Eu+3S   10.70   0.76 11.46 1.222
垣内珀琉 7 2A+3T+2T   8.80   0.48 9.28 1.111

3連続ジャンプはフリーで1度だけ入る要素です。最高評価は森口澄士選手でした。こういう1つ1つの要素で高い評価を得られるのはペアの効果があったりするんでしょうか?

+2以上は4選手。トップ選手は3A+1Eu+3Sが標準なようです。宇野選手は3A+1Eu+3Fが得意だったと思いますが、3A+2A+2Aはそれよりも基礎点が高くなります。ただ、2連続で2Aを使って3連続は+1Eu+3Fの方が合計基礎点は高くできるのですが、その辺はもう好みの問題でしょうか。

 

○平均GOE+3.200以上の要素

  Name   Elements    Base   GOE Scores AvGOE
SP 宇野昌磨 5 StSq3   3.30   1.37 4.67 4.111
SP 本草 5 CSSp4   3.00   1.24 4.24 4.111
FS 宇野昌磨 10 StSq4   3.90   1.56 5.46 4.000
SP 鍵山優真 1 4S   9.70   3.60 13.30 3.778
SP 本草 6 StSq4   3.90   1.45 5.35 3.778
FS 西山真瑚 10 StSq4   3.90   1.39 5.29 3.667
FS 西山真瑚 11 ChSq1   3.00   1.86 4.86 3.667
SP 友野一希 7 StSq3   3.30   1.23 4.53 3.667
SP 佐藤駿 1 4T   9.50   3.39 12.89 3.556
FS 宇野昌磨 5 ChSq1   3.00   1.86 4.86 3.556
SP 本草 7 CCoSp4   3.50   1.25 4.75 3.556
FS 本草 11 CSSp4   3.00   1.03 4.03 3.556
FS 宇野昌磨 1 4Lo   10.50   3.75 14.25 3.444
FS 本草 12 CCoSp4   3.50   1.15 4.65 3.444
FS 森口澄士 5 3F   5.30   1.74 7.04 3.333
FS 友野一希 11 ChSq1   3.00   1.79 4.79 3.333
SP 宇野昌磨 6 CCoSp4   3.50   1.20 4.70 3.333
SP 島田高志郎 7 CCoSp4   3.50   1.15 4.65 3.333
FS 佐藤駿 5 4T   9.50   2.99 12.49 3.222
SP 鍵山優真 6 StSq4   3.90   1.28 5.18 3.222

今大会の最高評価は宇野昌磨選手のショートのステップと山本選手のスピンでした。宇野選手のステップはレベル3なのが少し残念です。

ジャンプの最高評価は鍵山選手のショート冒頭の4回転サルコウ。繰り返しになりますが、これを見た時は復帰戦でも行けるのかと思ったものですが・・・。

特徴的なのは総合16位の西山真瑚選手がフリーでステップ、コレオ共に高評価なところ。さすがアイスダンサー、というところを見せています。

 

年越してしまいましたが全日本選手権振り返りはここまでです。

大会自体は平日の観客の入りの薄さが少々心配になったりしましたが、平日の昼間はああなる方がむしろ普通で、土日はちゃんと入っていてよかったなとも思いました。収益はどうだったのかがわかるのはまだだいぶ先です。

大会そのものより代表選考が物議をかもしていましたが、結局のところ、はっきり差をつけて上に行けなかった場合は運を天と選考委員に任せるしかない、ということなようです。特に今回はグランプリファイナル初出場組が多く、ファイナルを経ての全日本をどう戦うか? の経験値がそれぞれ少なすぎました。

もう少しミスが少ない演技が見たいという本音もありますが、この辺はグランプリファイナル慣れすることでもう1レベル上がっていくのだろうと思老います。また来年、というかもう今年になりますが、次の1年も楽しみにしたいと思います。

 

 

全日本選手権22 男子レビュー2

今回から男子のレビュー数値編へと移ります。

 

○シニアの上位選手6名のショートプログラム構成

  宇野昌磨 島田高志郎 本草 友野一希 鍵山優真 森口澄士
1 4F 4S 4T+3T 4Tq 4S 3A
2 4T+2T 4Tq+3T 2S* 4S+2T 3F+3Lo 3Lz+3T
3 FCSp4 FCSp3 FCSp4 CSSp3 CCSp4 FCSp4
4 3A 3A 3A 3A 1A* 3F
5 StSq3 CSSp4 CSSp4 FCSp4 FSSp4 CSSp4
6 CCoSp4 StSq3 StSq4 CCoSp4 StSq4 StSq2
7 CSSp3 CCoSp4 CCoSp4 StSq3 CCoSp3 CCoSp3V
Base 43.20 44.80 36.10 41.90 33.00 34.98
GOE 10.78 1.55 8.98 3.09 5.51 4.35
PCS 46.47 41.34 41.81 41.44 42.88 36.98
TSS 100.45 87.69 86.89 85.43 81.39 76.31

総合成績上位の中で二十歳以上の選手と鍵山選手のショートプログラムの構成を抜き出しました。

基礎点は実は島田高志郎選手が全選手中トップでした。4回転2本入ってセカンド3回転もある構成で基礎点満額取れたのが島田選手のみだったためです。山本選手はサルコウ零点により島田選手8.70の基礎点差、鍵山選手はアクセル零点で島田選手と11.80の基礎点差が生じています。アクセル入っていれば8.80の基礎点があったわけで十分勝負出来たというかスコアとしてはおそらく上に出て2位スタートになっていました。

GOEはさすがの宇野選手がトップ。山本草太選手は決めたジャンプの質はよく、やはり高い加点を得ています。島田選手はそのあたりが今一つで基礎点欠ける大過失はなかったものの、3位以下との差を大きく開くことは出来ない形となりました。

PCSは宇野選手が抜けていて、島田選手から鍵山選手は拮抗しています。

 

○二十歳未満選手の有力6選手のショートプログラム構成

  佐藤駿 吉岡希 中村俊介 三浦佳生 片伊勢武アミン 佐々木晴也
1 4T 4T+3T 3A 4S 3A 3A
2 3Lz+3T 3A 3Lo 3A 3F 2Lz+3T
3 CSSp4 FCSp3 FCSp4 FCSp3 CSSp4 FCSp4
4 FCSp4 3Lz 3Lz+3T 4T+COMBO 3Lzq+2T CSSp4
5 3A CSSp4 CSSp4 CSSp3 StSq3 3Lo
6 StSq3 StSq3 StSq4 StSq3 FCSp4 StSq2
7 CCoSp3 CCoSp4 CCoSp3 CCoSp3 CCoSp3 CCoSp4V
Base 40.90 40.79 37.11 39.85 33.72 31.12
GOE 3.53 6.12 4.54 -4.73 0.00 0.74
PCS 38.35 33.94 36.09 38.00 36.33 32.87
TSS 81.78 80.85 77.74 71.12 70.05 64.73

こちらは二十歳未満の選手、つまり世界ジュニアを争う位置にいたと考えられる選手のショートプログラムの構成です。

佐藤選手は4回転1本にしていて基礎点は40.90 これは島田選手とは3.90の差がついていました。吉岡選手も4回転が1本入っていて佐藤選手と基礎点は拮抗しています。三浦選手は4回転2本ながらコンビネーションはいらずで基礎点は39.85に留まりました。他のジュニア勢はショートに4回転は入ってこない構成です。

出来栄えがよかったのは吉岡選手。技術点は46.91あり、実は宇野選手に次いでショートでは2位でした。佐藤選手はトリプルアクセルの転倒が痛く加点は結局削られてしまっています。三浦選手は4回転2本転倒なのでGOEはマイナスに沈みました。

PCSは佐藤選手で38.35 この辺で先に記した二十歳以上の選手との差が出ています。三浦選手も同様。吉岡希選手は33.94 ジュニアの中でも決して高くない水準です。このあたりは片伊勢武アミン選手がジュニアの中では高いのですが、ジャンプが決まらずスコアは伸ばせませんでした。

 

○シニアの上位選手6名のフリー構成

  宇野昌磨 友野一希 森口澄士 島田高志郎 本草 鍵山優真
1 4Lo 4T+3T 3A+2T 4S 2S 4S
2 2S 2T 3A 4T 4Tq 4S+REP
3 4Fq 4Sq 3Lo 3A+3T 4T+3T 3Lo
4 3A 3Lo FCSp4 3Lo 3A+1Eu+3S FCSSp4
5 ChSq1 CSSp4 3F StSq3 FCSp3 3Aq+2A+SEQ
6 FCSp4 FCSp4 ChSq1 FSSp3 StSq4 3A
7 4T+3T StSq3 3S+2A+2A+SEQ 3A+1Eu+3S 3Aq 3Lz+1Eu+2S
8 4T+2T 3A+1Eu+3S 3Lz+3T ChSq1 3F+2A+SEQ ChSq1
9 3A+2A+2A+SEQ 3F+2T 3Lz 1F! 3Lz 3F
10 StSq4 3A CSSp4 3Lz+2A+SEQ ChSq1 StSq4
11 FCCoSp4 ChSq1 StSq2 CCoSp4 CSSp4 CCoSp4
12 CSSp3 CCoSp4 CCoSp2V FCCoSp3V CCoSp4 FCCoSp4
Base 90.01 75.74 70.77 75.70 78.25 72.69
GOE 12.86 6.18 15.00 6.15 0.98 0.67
PCS 90.41 83.49 79.55 83.02 80.29 84.08
TSS 191.28 165.41 165.32 164.87 158.52 156.44

フリーは基礎点から宇野選手が抜けています。ただ一人80点を超えて90.01と90点に達しました。4回転が結局4本トリプルアクセル2本の構成です。山本草太選手は4回転は2本に留まって78点台。友野選手、島田選手も4回転2本で75点台。友野選手はダブルアクセルをうまく使えていない、島田選手はフリップの抜けにより山本選手に基礎点で負けています。鍵山選手は4回転2本ながらリピートですしコンビネーションもうまく入らず上位と基礎点差がありました。今大会大躍進の森口選手は4回転未装備ですので70点付近までの基礎点となります。

加点は森口選手が全体トップです。素晴らしい演技でした。ただ、流石に終盤は疲れが見えてスピンの2Vなどミスはありました。宇野選手も転倒ありながら二桁のGOEを稼いでいます。山本選手は加点を稼げない要素が多かったのが結局表彰台を逃した要因でしょうか。

PCSは宇野選手が1人抜けています。鍵山選手が2番目で84点に乗せ、友野選手、島田選手も83点台。山本選手が今回は少しPCSが伸びませんでした。全体通してよかった森口選手が山本選手に匹敵するレベルのPCSを出してきたという驚きもありました。

 

○二十歳未満選手の有力6選手のフリー構成

  三浦佳生 佐藤駿 中村俊介 吉岡希 佐々木晴也 片伊勢武アミン
1 3A 4Lz 4Tq 4T+3T 3A+3T 1A
2 4T 4T+3T 3A+2T 4T 3A 2A<<
3 4S 3A+1Eu+3S CSSp4 3A 3Lz+1Eu+3S 3F!
4 FCSp3 FCSp4 3Lz+3T FSSp4 2A CCoSp4
5 3Lo 4T 3F! 3Lo ChSq1 1Lo
6 StSq3 CSSp4 3Aq ChSq1 3Lz+2A+SEQ 3Lz+2T
7 4T+3T 3A StSq3 1A+1Eu+2S 2Lo 2A+3T
8 3A+1Eu+3S 3F!+1T FCSp3 3Fe+2A+SEQ CCSp4 3Sq+2A*+2T+SEQ
9 3F+2A+SEQ 3Lo 3Lz+1Eu+3S StSq3 3Fe CSSp3
10 CSSp3 StSq3 ChSq1 3Lz FCCoSp4 StSq3
11 ChSq1 ChSq1 3Lo CCSp3 StSq1 ChSq1
12 CCoSp3 CCoSp3 CCoSp3 CCoSp4 CCoSp3 FCCoSp4
Base 85.41 83.46 74.46 69.67 65.35 45.51
GOE 7.54 7.28 -2.82 1.78 3.24 3.61
PCS 78.48 78.12 69.70 68.13 66.63 66.23
TSS 171.43 167.86 140.34 139.58 135.22 115.35

三浦選手が4回転3本降りて基礎点85.41と全体で2番目、佐藤駿選手も3本分基礎点満額入って83.46で3番目の基礎点になっています。4回転2本降りている吉岡選手はこうh案のアクセル1回転にサルコウ2回転によって基礎点が伸びずに69.67という4回転無しでも届く水準にとどまりました。

加点は三浦選手、佐藤選手は一桁後半まであります。他の選手は今一つ伸びませんでした。

PCSが三浦選手、佐藤選手共に78点台。前半グループの三浦選手は仕方ないにしても、20番滑走で78点台のPCSだったことが結局佐藤選手が表彰台乗れなかった、すなわち世界選手権の代表を逃した要因となりました。

こうやって並べるとジュニア年齢の中ではやはり三浦選手と佐藤選手が抜けています。全日本ジュニア組の中では中村俊介選手が世界ジュニアの芽が一番あったのですが、この点差だと三浦選手をどうしても選んでしまう。恨むなら3月の三浦選手が枠を3つ取ってこなかったことを恨むべきでしょうか。中村選手は来シーズン世界ジュニアチャンスが大きくあると思われるので、そこでの活躍に期待です。

 

○ショートフリー合わせた要素別のスコア(フリー進出24人)

Pl Name Total PCS J Base J GOE Spin Step
1 宇野昌磨 291.73 136.88 104.41 13.65 23.80 14.99
2 島田高志郎 252.56 124.36 93.25 0.28 22.14 12.53
3 友野一希 250.84 124.93 89.04 1.30 23.01 13.56
4 佐藤駿 249.64 116.47 96.36 4.85 22.10 11.86
5 本草 245.41 122.10 84.55 -0.49 25.27 14.98
6 三浦佳生 242.55 116.48 98.86 -2.89 19.89 12.21
7 森口澄士 241.63 116.53 81.02 14.88 18.35 10.85
8 鍵山優真 237.83 126.96 75.69 -1.72 23.78 14.12
9 壷井達也 221.17 109.39 84.26 -1.81 19.91 11.42
10 吉岡希 220.43 102.07 82.26 5.57 19.81 10.72
11 中村俊介 218.08 105.79 83.37 -0.44 18.64 11.72
12 三宅星南 216.10 113.83 83.14 -11.90 19.96 13.07
13 山隈太一朗 206.25 107.48 62.24 1.30 22.62 12.61
14 大島光翔 202.44 100.40 74.29 -1.17 18.01 10.91
15 佐々木晴也 199.95 99.50 70.54 2.66 18.53 8.72
16 西山真瑚 197.81 111.66 47.46 0.43 23.04 15.22
17 周藤集 190.38 96.69 74.82 -9.66 20.30 10.23
18 垣内珀琉 187.97 89.47 80.20 -6.75 17.38 8.67
19 片伊勢武アミン 185.40 102.56 50.83 -1.51 22.19 11.33
20 櫛田一樹 181.81 94.89 58.15 -0.48 18.31 11.94
21 本田ルーカス剛史 180.87 98.38 66.60 -9.09 17.68 10.30
22 長谷川一輝 179.61 93.65 57.68 -0.38 19.51 10.15
23 田内誠悟 173.60 99.10 39.78 0.85 22.85 11.02
24 須本光希 172.40 99.69 47.66 -2.03 17.35 10.73

PCSはやはりといいますか、宇野選手が136点と平均9点を超えるスコアで断トツです。鍵山選手が状態悪いながらもPCSは稼いで2番目。友野選手と島田選手が124点台で3番目4番目で続きます。佐藤駿選手はこのPCSの差が痛いです。森口選手は佐藤駿選手、三浦佳生選手といったグランプリファイナル組をPCSでは上回りました。他、アイスダンサーの西山真瑚選手も111.66と順位比で見て高いPCSを稼ぎだしています。

ジャンプの基礎点は宇野選手のみ100点超え。2番手に三浦佳生選手、3番目に佐藤駿選手とジャンプイメージの選手が続きます。島田選手が4番目、ジャンプのイメージは強くないですが今回は基礎点削られるジャンプミスは最後のフリップくらいだったことで高めの基礎点になりました。山本選手はショートのサルコウが丸々なくなってしまったことで基礎点を稼げていません。

ジャンプの加点はなんと森口選手がトップです。ノーミスは強い。宇野選手が2番目でここまでが二桁。3番目が吉岡希選手で5.57なので、ジャンプのGOEの差はやはり大きく出ます。三浦選手はフリー後半で追い上げはしましたがトータルのジャンプGOEはマイナスでした。

スピンは山本草太選手が25.27でトップでした。宇野選手、鍵山選手が2番目3番目ですが23点台ですのではっきり差があります。4番目に西山選手も23点台で入っています。三浦選手はスピン19点台。グランプリファイナルではせっかく23点台まで出せているのに全日本ではまた悪い癖が出てしまいました。

ステップは西山真瑚選手が全体トップの15.22です。さすがアイスダンサー。宇野選手、山本選手と続きます。佐藤駿選手はステップ系要素で11.86 ステップでしっかり点が取れれば表彰台に乗れたのですが、残念でした。

 

次回へ続きます。

全日本選手権22 女子レビュー3

全日本選手権のレビュー続き。今回は女子シングルの個別要素編です。

 

○4回転トーループ

  Name   Elements    Base   GOE Scores AvGOE
FS 住吉りをん 1 4Tq q 9.50   -2.31 7.19 -2.333
FS 島田麻央 2 4T< < F 7.60   -3.80 3.80 -5.000

今大会4回転を構成に入れた選手は2人。住吉りをん選手はqでGOEはマイナスですが立ちました。全日本で4回転トーループを転倒無く降りたのはこの住吉りをん選手が初になります。スコア7.19入れば4回転を構成に入れた価値が十分あります。

島田選手はアンダーローテーションの転倒でした。今シーズン成功率が低いのが心配です。

 

トリプルアクセル

  Name   Elements    Base   GOE Scores AvGOE
FS 中井亜美 1 3A+3T   12.20   1.94 14.14 2.444
FS 中井亜美 3 3A   8.00   0.11 8.11 0.222
FS 渡辺倫果 1 3Aq q 8.00   -0.34 7.66 -0.222
FS 吉田陽菜 1 3A   8.00   -1.83 6.17 -2.111
SP 吉田陽菜 1 3Aq q 8.00   -2.86 5.14 -3.667
SP 渡辺倫果 1 3A<< << 3.30   -1.65 1.65 -4.889
SP 中井亜美 1 3A F 8.00   -4.00 4.00 -5.000
FS 島田麻央 1 3A< <  F 6.40   -3.20 3.20 -5.000
FS 河辺愛菜 1 3A< <  F 6.40   -3.20 3.20 -5.000

トリプルアクセルを構成に入れたのは5人。GOEプラスの成功があったのは中井亜美選手1人だけでした。最高評価は3A+3Tというコンビネーションになっています。中井選手が公式戦でコンビネーションのトリプルアクセルを決めたのは初ですし、2本決めたのも初です。全日本でフリーの中で2本のトリプルアクセルを決めたのは、浅田真央さんに次いで2人目ということになるはずです。

渡辺倫果選手はフリーのアクセルはプラスマイナスゼロ程度のもので希望が持てるスタートでした。ショートはダウングレードです。

吉田陽菜選手はGOEマイナスでショートフリー共に降りています。良くはないですがこれくらいならどちらもダブルアクセルを入れるよりも価値としてプラスです。

島田麻央選手、河辺愛菜選手はアンダーローテーションの転倒となりました。

 

○セカンド3Lo

  Name   Elements    Base   GOE Scores AvGOE
FS 青木祐奈 2 3Lzq+3Loq q 10.80   -1.43 9.37 -2.333
SP 青木祐奈 1 3Lz!q+3Lo< ! 9.82   -2.95 6.87 -4.889

セカンドジャンプにトリプルループを入れているのは青木祐奈選手1人だけです。ショートではアンダーローテーションとなりスコアを稼げませんでしたがフリーはqまでで基礎点は満額入りました。実際にはセカンド3Tが苦手で3Loにしている部分があるので、スコア的メリットはないのですが、一つの特徴だと思いますので、このまま続けてきれいに決める姿を見せていただけたらと思います。

 

○3連続ジャンプでGOEプラス

Name   Elements    Base   GOE Scores AvGOE
坂本花織 9 2A+3T+2T   9.68 X 1.50 11.18 3.556
青木祐奈 1 2A+1Eu+3F   9.10   1.59 10.69 3.111
島田麻央 7 3S+3T+2T   10.78 X 1.04 11.82 2.444
中井亜美 7 3F+1Eu+3S   11.11 X 1.14 12.25 2.111
江川マリア 3 2A+3T+2T   8.80   0.72 9.52 1.778
河辺愛菜 2 3Lz+3T+2T   11.40   1.01 12.41 1.667
櫛田育良 6 3Lo+2T+2Lo   8.69 X 0.77 9.46 1.556
柴山歩 9 2A+2T+2Lo   6.93 X 0.47 7.40 1.444
三原舞依 9 3Lo+2T+2Lo   8.69 X 0.63 9.32 1.333
松原星 7 3S+3T+2T   10.78 X 0.49 11.27 1.111
野比 8 2A+1Eu+2S   5.61 X 0.38 5.99 1.111
村上遥奈 9 2A+2T+2Lo   6.93 X 0.14 7.07 0.556

3連続ジャンプはフリーで1度だけ入る要素です。GOEプラスになったのは全体の半分の12人います。最高評価は坂本花織選手。これで勝ち確定というような3連続でした。今大会大躍進の青木祐奈選手も+3を超える高い評価を受けました。3つ目にフリップを入れたのは全選手の中で青木選手のみです。

基礎点最大の3連続を組んだのが河辺愛菜選手。3Lz+3Tに2Tまでセットで付けて前半で3連続を終わらせるという戦術でGOEもプラスをもらっています。中井亜美選手はトリプルアクセル2本というのを生かして、余るサルコウを3連続の3つ目にしっかり使う構成を作りこれも高い基礎点になっています。

3連続をどういう構成でどの位置で組むか、というところは選手によってさまざまあるようです。

 

○セカンド3回転で平均GOE+2.000以上

  Name   Elements    Base   GOE Scores AvGOE
SP 坂本花織 5 3F+3T   10.45 X 1.97 12.42 3.778
FS 坂本花織 9 2A+3T+2T   9.68 X 1.50 11.18 3.556
FS 坂本花織 7 3F+3T   10.45 X 1.82 12.27 3.444
SP 三宅咲綺 1 3T+3T   8.40   1.44 9.84 3.444
SP 島田麻央 4 3Lz+3T   11.11 X 1.69 12.80 2.889
FS 山下真瑚 1 3Lz+3T   10.10   1.69 11.79 2.889
FS 中井亜美 1 3A+3T   12.20   1.94 14.14 2.444
FS 島田麻央 7 3S+3T+2T   10.78 X 1.04 11.82 2.444
FS 島田麻央 3 3Lz+3T   10.10   1.35 11.45 2.444
SP 千葉百音 2 3Lz+3T   10.10   1.35 11.45 2.333
SP 横井ゆは菜 1 3S+3T   8.50   1.04 9.54 2.333
FS 三原舞依 7 2A+3T   7.50   0.96 8.46 2.333
FS 吉田陽菜 2 2A+3T   7.50   0.90 8.40 2.222
SP 江川マリア 2 3T+3T   8.40   0.84 9.24 2.000
FS 江川マリア 5 2A+3T   7.50   0.84 8.34 2.000

コンビネーションの2つ目に3回転を入れた評価の高いジャンプを並べています。

上から3つ坂本花織選手が並びました。この辺がやはり強さです。ショートで5位に入って最終グループ入りした三宅咲選手は坂本選手に次ぐ評価を受けました。

島田麻央選手はショートフリーで合計3つをリストに乗せており、高難度2本は失敗したもののコンビネーションでしっかり稼いだことがよく見えます。

これらの中に中井亜美選手はトリプルアクセルからのコンビネーションを入れているという驚愕の事実もありますが、できればショートのコンビネーションからここに入る出来のものが欲しかった部分もあります。

横井ゆは菜選手のショート、山下真瑚選手のフリー、それぞれ冒頭のコンビネーションが高評価。実力者のいい演技が期待された瞬間だったのですが、残念ながら総合成績は伸びてきませんでした。

 

○平均GOE+3.500以上の要素

  Name   Elements    Base   GOE Scores AvGOE
FS 坂本花織 1 2A   3.30   1.65 4.95 4.889
SP 島田麻央 7 CCoSp4   3.50   1.55 5.05 4.222
SP 坂本花織 1 2A   3.30   1.41 4.71 4.222
SP 千葉百音 7 LSp4   2.70   1.16 3.86 4.222
FS 島田麻央 12 LSp4   2.70   1.12 3.82 4.111
FS 島田麻央 11 CCoSp4   3.50   1.40 4.90 4.000
FS 千葉百音 12 LSp4   2.70   1.08 3.78 4.000
SP 坂本花織 6 StSq4   3.90   1.50 5.40 3.889
FS 三原舞依 11 ChSq1   3.00   1.93 4.93 3.889
SP 坂本花織 5 3F+3T   10.45 X 1.97 12.42 3.778
FS 松生理乃 6 StSq4   3.90   1.50 5.40 3.778
FS 坂本花織 6 StSq4   3.90   1.45 5.35 3.778
FS 坂本花織 10 ChSq1   3.00   1.86 4.86 3.778
FS 青木祐奈 11 StSq4   3.90   1.39 5.29 3.667
FS 坂本花織 9 2A+3T+2T   9.68 X 1.50 11.18 3.556
SP 三原舞依 6 StSq4   3.90   1.39 5.29 3.556
FS 三原舞依 12 FCCoSp4   3.50   1.25 4.75 3.556
SP 河辺愛菜 6 StSq3   3.30   1.18 4.48 3.556
FS 紀平梨花 11 StSq3   3.30   1.13 4.43 3.556
SP 島田麻央 3 LSp4   2.70   1.00 3.70 3.556

高評価要素を出した選手はやはり上位の選手が多いです。坂本花織選手のダブルアクセルがやはり高評価でフリーは9人のジャッジのうち8人が+5をつけ、スコアしては満点扱いとなりました。

GOE+4.000以上ではその他に、千葉百音選手と島田麻央選手のスピンが入っています。

ステップ最高評価は坂本選手のショート、コレオの最高評価は三原舞依選手でした。

その他、松生理乃選手、青木祐奈選手、河辺愛菜選手、紀平梨花選手といった4選手がステップで高評価を受けリストに名を連ねています。

上位選手の中では中井亜美選手、吉田陽菜選手の名前がありません。一つ一つの要素の評価を上げることで、さらに全体のスコアの上積みが出来そうです。

 

女子シングルはここまで。次回は男子シングルの数値編へと移っていきます。

 

全日本選手権22 女子レビュー2

全日本選手権のレビュー2周目です。ここからは数値編になっていきます。

女子シングルのショートフリー、主要メンバーの構成および要素別のスコアです。

 

○グランプリ組上位6選手のショートプログラム構成

  坂本花織 三原舞依 河辺愛菜 紀平梨花 住吉りをん 渡辺倫果
1 2A 2A 2A 2A 2A 3A<<
2 3Lz! 3F 3Lz 3Sq+2T 3F<<+COMBO 3Lz<<
3 FCSp4 FSSp4 FCSp3 FCSp4 FCSp4 CSp3
4 CCoSp4 3Lz+3Tq 3F!+3T 3Lo< 3Lz 3Lo+3Tq
5 3F+3T CCoSp4 CCoSp4 LSp4 StSq4 CCoSp2V
6 StSq4 StSq4 StSq3 StSq4 CCoSp4 StSq4
7 LSp4 LSp4 SSp4 CCoSp4 LSp4 FSSp4
Base 32.95 32.81 31.75 26.51 24.89 26.49
GOE 8.12 7.13 1.21 2.58 2.24 -0.60
PCS 36.72 34.76 31.55 31.34 30.25 30.34
TSS 77.79 74.70 64.51 60.43 57.38 56.23

グランプリシリーズ出場選手は他にもいますが、その中で今大会のトータルスコア上位6人を持ってきました。

基礎点トップが結局坂本花織選手。三原舞依選手もノーミスでほぼ同等の基礎点ですがスピン構成差でわずかに下回ります。河辺選手はスピンステップのレベル3で基礎点下がってますがジャンプは基礎点満額入りました。ジャンプから基礎点削られた紀平選手、住吉選手、渡辺選手はショートで出遅れる形となり苦しい試合展開となりました。渡辺選手は最後の3-3入らなければショート落ちもあり得たという、なかなか危ない橋を渡っています。

 

○ジュニアグランプリ組のショートプログラム構成

  千葉百音 島田麻央 柴山歩 中井亜美 櫛田育良 吉田陽菜
1 2A 3F 3Lz!+3T 3A 3Lz!+3Tq 3Aq
2 3Lz+3T 2A 2A 3Lz!+3T 2A 3Lz!q
3 CCoSp4 LSp4 FCSp4 FSSp4 FCSp4 FCSp4
4 3F 3Lz+3T 3F CCoSp4 3F 3Loq+3T<
5 FCSp4 FCSp4 CCoSp4 3Lo CCoSp4 StSq4
6 StSq4 StSq4 StSq4 StSq4 StSq4 SSp4
7 LSp4 CCoSp4 LSp4 LSp4 LSp4 CCoSp4
Base 32.53 33.01 32.53 36.59 32.53 36.09
GOE 7.80 8.20 4.62 0.35 2.83 -5.18
PCS 30.73 29.07 27.22 28.13 27.93 29.58
TSS 71.06 70.28 64.37 64.07 63.29 59.49

ジュニアコースの面々はジャンプの基礎点から削られた選手はほとんどいません。吉田陽菜選手のコンビネーション2つ目くらいです。結果としてトリプルアクセル入った中井亜美選手は全選手中トップの基礎点、吉田選手が2番目の基礎点となっています。中井選手はショートのトリプルアクセルを立っていれば最終的に表彰台となる計算でした。

島田選手はループをフリップに変えることはしましたが、シニアルールを生かしたトリプルアクセル入れませんでした。ただ、GOEは全選手トップで、技術点も全選手中トップとなっています。

ジュニアグランプリコースの6人はスピンステップが全員レベル4 基礎力が総じて高いです。その中でジャンプが決まらなかった吉田陽菜選手は出遅れる形となりました。

 

○グランプリ組上位6選手のフリーの構成

  坂本花織 三原舞依 紀平梨花 渡辺倫果 河辺愛菜 住吉りをん
1 2A 2A 3Sq+3T 3Aq 3A< 4Tq
2 3Lz! 3Lz 3F 3Lo 3Lz+3T+2T 3Lo
3 3S 3S 2A 3Lo+3Tq 3Lo FCCoSp4
4 CCoSp4 3F 3Lo+2T 3F 2A 3F+3T
5 3F+2T FSSp4 FSSp4 FCSp4 StSq4 3Lz<<
6 StSq4 CCoSp4 3Lo ChSq1 3Lzq+3T StSq4
7 3F+3T 2A+3T 2Aq+2T+2Lo 3Lz+2A+SEQ FCSp4 2A+3T
8 FSSp4 3Lz+3Tq 3S 2A+1Eu+3S< ChSq1 3Fq+2T+2Loq
9 2A+3T+2T 3Lo+2T+2Lo CCoSp4 CCoSp3V 3F!<< 3S<<
10 ChSq1 StSq4 ChSq1 3Lz<< 3S+2T LSp4
11 3Lo ChSq1 StSq3 StSq3 CCoSp4 ChSq1
12 FCCoSp4 FCCoSp4 LSp4 FSSp4 SSp4 CCoSp4
Base 62.52 63.00 55.85 62.44 61.35 61.41
GOE 16.46 11.20 6.93 3.17 2.42 -0.76
PCS 76.28 71.03 65.41 63.15 64.16 62.00
TSS 155.26 145.23 128.19 127.76 125.93 120.65

フリーの構成は三原選手がグランプリ組の中ではトップの構成で基礎点63.00あります。コンビネーションがオール1.1倍でスピンステップオールレベル4 コンビ1.1倍は結果的にそうなっただけではありますが、この形だと63点に乗るわけです。坂本選手も予定構成をこなしています。高難度ジャンプ組はそれ以外のところで基礎点を削られてこの2人より低い基礎点となっています。紀平選手はルッツなし、フリップ1本ではちょっと戦いきれませんでした。

GOE二桁取ったのは坂本選手に三原選手。ちょっとグランプリ組の中では他と比べて差がありすぎました。

 

○ジュニアグランプリ組6名のフリーの構成

  吉田陽菜 中井亜美 島田麻央 千葉百音 櫛田育良 柴山歩
1 3A 3A+3T 3A< 3Lz!< 3Lz!+3T 3Lo
2 2A+3T 3Lz 4T< 2A+3Tq 3S+3T 3Lz!+3T
3 3Lo 3A 3Lz+3T 3S 2A FSSp4
4 CCoSp4 FSSp4 FSSp3 FCCoSp4 FSSp4 2A
5 SSp3 2A 3F+2A+SEQ CCoSp4 3Lz! 3S
6 3F ChSq1 ChSq1 3Lo 3Lo+2T+2Lo StSq4
7 3Lz+3T 3F+1Eu+3S 3S+3T+2T 3F+2A+SEQ ChSq1 3Lz!+3T
8 FCCoSp4 CCoSp4 3Lo 3Lzq+2T+2Lo LSp4 CCoSp4
9 3Lz 3Lo 3Lz StSq3 3F 2A+2T+2Lo
10 StSq4 3Lz+REP StSq4 3F 2A 3F
11 3Sq+2A+2T+SEQ LSp4 CCoSp4 ChSq1 StSq4 ChSq1
12 ChSq1 StSq4 LSp4 LSp4 CCoSp4 LSp4
Base 69.09 66.54 71.06 62.50 62.05 62.57
GOE 7.14 11.29 4.63 6.55 7.07 6.42
PCS 61.49 59.59 58.82 61.01 58.17 55.73
TSS 137.72 137.42 132.51 129.06 127.29 124.72

ジュニアグランプリ組からはショート出遅れた吉田陽菜選手がフリーはトップのスコアを出しています。基礎点は島田麻央選手が上。アンダーローテーション取られていますがトリプルアクセルと4回転トーループがあると、ルッツとトーループを2本飛べることもあり71.06まで基礎点があり、当然全選手中トップの基礎点になります。中井亜美選手は最後のコンビネーション跳び忘れがあり基礎点は66.54 ちゃんとダブルアクセルのシークエンス付ければ5.18基礎点上がるので71.72になって全体トップの基礎点になります。ダブルトーループ予定だったようですがその場合は69.52の基礎点でした。これだとトリプルアクセル1本の吉田陽菜選手と差が出ないので、アクセル2本ならシークエンスダブルアクセルを付けたい。1本構成の時に3Lo+2Aを飛んでいますので、ルッツにも付けられるないしは付けられないならループ2本で2A付にすることになると思われます。

千葉選手は高難度ジャンプ無しで62.50の基礎点。この中に入ると見劣りしてしまうのは事実です。冒頭ルッツを決めてステップレベル4まで取れれば1.78基礎点上がって64.28までは出せます。2本飛ぶジャンプがルッツとフリップなところで、高難度ジャンプがない中での高い基礎点を作り上げています。

櫛田選手、柴山選手もミスなく滑って基礎点62点台。櫛田選手はもう少し1.1倍を強い構成にするなど細かくバージョンアップはあり得ますが、この辺まで来るとあとは高難度無し勢の中では出来栄え勝負になってきて、PCS低めな柴山選手は辛くなるという構図。年齢を重ねてPCSを積み上げていくか、トリプルアクセルが欲しい、という段階まで来ているように見えます。

 

○ショートフリー合わせた要素別のスコア(フリー進出24人)

Pl Name Total PCS J Base J GOE Spin Step
1 坂本花織 233.05 113.00 65.27 14.58 24.59 15.61
2 三原舞依 219.93 105.79 65.81 7.81 25.01 15.51
3 島田麻央 202.79 87.89 75.07 3.41 24.77 13.65
4 中井亜美 201.49 87.72 73.93 4.96 22.56 13.32
5 千葉百音 200.12 91.74 65.73 4.76 24.91 13.98
6 吉田陽菜 197.21 91.07 76.08 -4.39 21.25 14.20
7 青木祐奈 191.89 92.95 61.83 0.00 22.50 14.61
8 櫛田育良 190.58 86.10 65.18 2.90 22.73 13.67
9 河辺愛菜 190.44 95.71 64.90 -3.94 21.76 14.01
10 柴山歩 189.09 82.95 65.70 4.73 22.73 12.98
11 紀平梨花 188.62 96.75 53.56 1.53 22.79 13.99
12 渡辺倫果 183.99 93.49 63.10 -2.70 18.32 12.78
13 松生理乃 179.85 98.85 44.71 -1.07 23.03 14.33
14 住吉りをん 178.03 92.25 56.40 -7.30 24.12 14.56
15 三宅咲綺 175.38 87.52 54.19 1.08 20.08 13.51
16 山下真瑚 172.96 89.66 57.29 -5.36 18.86 13.51
17 村上遥奈 163.76 73.59 60.80 -2.99 21.16 12.20
18 野比 163.39 78.72 57.65 -5.58 22.89 11.71
19 横井ゆは菜 161.87 89.33 40.25 -1.54 21.85 12.98
20 大庭雅 159.94 83.50 47.11 -4.23 21.47 12.09
21 髙木謠 158.86 75.37 54.97 -1.06 18.13 11.45
22 江川マリア 158.39 81.47 47.26 -3.64 21.19 13.11
23 松原星 152.22 74.48 48.89 -1.74 20.51 11.08
24 竹野仁奈 152.14 75.19 48.35 -5.30 21.74 12.16

要素別で並べると坂本選手、三原選手のPCSの突出ぶりは目立ちます。100点超えはこの2人まで。3番目は松生理乃選手で98.85です。島田麻央選手は87.89で13番目と低い評価になっています。ジュニア勢では千葉百音選手が91.74で全体の8番目でした。

ジャンプの基礎点は吉田陽菜選手がトップです。島田選手はショートがノーマル構成でフリーの高難度2本はアンダーローテーションになったこともあって2番目。中井亜美選手が3番目で高難度ジャンプが入る3人がやはり上位でした。渡辺倫果選手は10番目。トリプルアクセル以外のミスも目立ち、基礎点で稼ぐことができませんでした。

ジャンプの加点は坂本選手が圧倒的で一人だけ二桁です。三原選手が2番目。中井選手、千葉選手、柴山選手とジュニア勢が続きます。上位では吉田選手はGOEマイナス。ショートのジャンプミスは大きかったです。

スピンは三原選手がただ一人25点台です。千葉百音選手が2番目で島田麻央選手が3番目、ジュニア勢が続きます。渡辺倫果選手は18点台で23位。通常22点台までは出しますので、今回はスピンもうまくいかなかったというのが垣間見えます。

ステップ系要素は坂本選手がトップで三原選手が2位。2人は15点台です。3番目が今大会で大躍進した青木祐奈選手。ルッツループが売りの選手ですが、ステップ系要素の評価が今大会は高く出ていました。14点台は他に住吉りをん選手、松生理乃選手、河辺愛菜選手と言ったグランプリ組に、吉田陽菜選手もいました。渡辺倫果選手はここも12点台で伸びず。ジャンプだけでなくすべての要素で精彩を欠いていた、というのがこの辺に表れています。

 

次回へ続きます。

全日本選手権22 男子レビュー1

女子に引き続いて男子のレビューです。男子も初回は数字を追うのではなくて単なる感想になります。

男子は、世界で戦う選手たちと、世界最大のお稽古事発表会が同居している感じが前からですがしていました。なんとなく揶揄しているような表現に見えてしまって恐縮ですが、日本のフィギュアスケートの良さだと思っています、このお稽古事発表会な雰囲気というものが。競技人口の少なさもあって、どうしても上から下までの差が大きく出てしまうのが男子シングル。それでも一人一人の選手にそれぞれの立ち位置からそれぞれの目標がある。その姿を温かく見守る空気が会場にあるように感じます。

 

○男子シングル最終結

Pl Name Nation Total SP FS
1 宇  野  昌  磨 トヨタ自動車 291.73 100.45 191.28
2 島  田  高志郎 木下グループ 252.56 87.69 164.87
3 友  野  一  希 上野芝スケートクラブ 250.84 85.43 165.41
4 佐  藤      駿 明治大学 249.64 81.78 167.86
5 山  本  草  太 中京大学 245.41 86.89 158.52
6 三  浦  佳  生 オリエンタルバイオ目黒日大高 242.55 71.12 171.43
7 森  口  澄  士 木下アカデミー 241.63 76.31 165.32
8 鍵  山  優  真 オリエンタルバイオ/中京大学 237.83 81.39 156.44
9 壷  井  達  也 シスメックス 221.17 74.84 146.33
10 吉  岡      希 法政大学 220.43 80.85 139.58
11 中  村  俊  介 木下アカデミー 218.08 77.74 140.34
12 三  宅  星  南 関西大学 216.10 76.69 139.41
13 山  隈  太一朗 明治大学 206.25 74.41 131.84
14 大  島  光  翔 明治大学 202.44 66.44 136.00
15 佐々木  晴  也 京都大学 199.95 64.73 135.22
16 西  山  真  瑚 早稲田大学 197.81 66.43 131.38
17 周  藤      集 MFアカデミー 190.38 61.36 129.02
18 垣  内  珀  琉 ひょうご西宮FSC 187.97 61.42 126.55
19 片伊勢 武 アミン 関西大学 185.40 70.05 115.35
20 櫛  田  一  樹 倉敷FSC 181.81 59.98 121.83
21 本  田  ルーカス剛史 木下アカデミー 180.87 62.48 118.39
22 長谷川  一  輝 東京理科大学 179.61 64.94 114.67
23 田  内  誠  悟 名東FSC 173.60 66.76 106.84
24 須  本  光  希 関西大学 172.40 61.07 111.33
25 木  科  雄  登 関西大学 58.73 58.73  
26 中  田  璃  士 MFアカデミー 57.74 57.74  
27 杉  山  匠  海 岡山大学 54.28 54.28  
28 彦  阪  昇  吾 立命館大学 49.81 49.81  
29 小  林      隼 同志社大学 47.37 47.37  
30 三  島  悠  生 ひょうご西宮FSC 38.87 38.87  

宇野選手が3年ぶり5回目の優勝。オッズ1.1倍みたいな本命が本命らしく普通に勝ちました、という試合でありました。フリーはタイムオーバー。シークエンスは時間がかかる。大丈夫かなあ? と思っていたら案の定最後は無音でスピン。それはそれで、という感じでしたがルール的にはタイムオーバーの減点1でした。ジャンプ2つミス出た時は、あれ? 何かが起こる??? と心配した瞬間もありましたが、コンボ券3つ全部後半に使い切り。今回は4-3も入り、結局強かったです、という結末でした。ある種予想通りの四大陸スキップで次は世界選手権。ジャパンオープンに始まりグランプリを3戦、全日本とあとは世界選手権という年間5戦が基本スケジュールで、あればオリンピックあるいは4月にお祭り試合、というのが宇野選手の過ごし方なようです。

 

女子の中野組ワンツーはある程度予想の範囲内ですが、男子でランビエール門下生でワンツーは全く予想していませんでした。島田高志郎選手2位表彰台。21歳のチャップリンメドレー。うーん、グランプリシリーズの方がよかったような・・・。ちょっと固かった印象はありましたがシチュエーションがシチュエーションですから、ここまでプレシャー掛るのは初めてだったかと思いますが、それを乗り越えての2位で素晴らしかったと思います。世界選手権選ばれたかと思いましたが。3枠あって全日本2位で世界選手権出られないというのは、4年前の高橋大輔さんというちょっと意味が違うやつを除くと、女子で、2004年2005年の浅田真央さんというこれもまた意味の違うやつがあり、それら以外ではおそらく初です。まあ、実際、島田選手も今回のフリー、それほど良かったわけでもないですし、仕方なかったでしょうか・・・。四大陸でのご活躍をお祈り申し上げます。

 

友野一希選手が3位で初表彰台。冒頭4回転良かったのに2本目3本目でミス。中盤以降持ち直しましたが、際どい際どい勝負でPCS次第かあ、とスコア待ちで、何とか暫定首位に立ち、そのまま表彰台に残り世界選手権代表へ。脱代打を実現。じわじわと階段を上ってきているなあと感じます。今シーズン決して調子がいいわけではないのですけど何とか点を取って上位には残り、実績比較でも上回って代表選出。世界選手権に合わせられれば今度こその表彰台もあるのでしょうか。

 

佐藤駿選手は自己最高の4位。ルッツ転倒でああダメか、と思いましたが以降はいい演技で結果的にフリーは3位。後半のコンビネーションで1Tになった部分を2Aで決めていたら2位に入って世界選手権に選ばれていたように思います。レッドバイオリンは雰囲気が合いますね佐藤選手に。世界選手権が無いなら世界ジュニアを勝ちに行くというのも面白い選択としてあったはずなのですが、そちらはなし。ファイナルも全日本も三浦選手より上なので、四大陸と世界ジュニアの二本立ては佐藤選手でもよかったのですが、本人が希望しなかったのか、高校生を優先したのか。四大陸の前にワールドユニバーシティーゲームズがあります。それがあるから世界ジュニアは三浦選手に回したのかな。鍵山選手との再戦になりますが、勝てるかどうか。

 

本草太選手は5位でした。演技終わった時点では、この人もまた際どいなあ、みんなで際どい勝負して・・・、という感じなところからスコア足りずに結局5位でした。4回転ミスは2,3,4位の3人は1本なところ山本選手は2本出てしまったのでスコア的に少し離れました。ダメかなあ、と思いましたが結果的に代表選出。全日本2位で3枠ある世界選手権に選ばれなかった選手は基本的にいなかったわけですが、グランプリファイナル2位で世界選手権の代表になれなかった選手もいないわけで(けがで欠場はいます)。そういう見方をすれば順当な選出だったのかもしれません。

 

ショート13位からフリーは2位の演技で三浦佳生選手が6位にまで上がってきました。結果的にここまで来ましたけど、最初の2つのジャンプ見た時には、これは世界ジュニアも無くなるんじゃ・・、と思いましたよ。野獣にされて思い悩んだ序盤、ということにしておきましょうか。そこからまさかの1.1倍オールコンボで人間に戻ってハッピーエンド、とまではいかず、さすがに世界選手権には届きませんでしたが四大陸と世界ジュニアをゲット。四大陸で勝つチャンスもありますし、世界ジュニアは昨シーズンに枠を減らした実は戦犯なところがあるので、来期の3枠とジュニアグランプリ枠7×2を絶対確保で、できれば優勝をお願いしたいです。

 

7位に驚きの森口澄士選手。ジュニアグランプリシリーズに出ていた全日本チャンピオンの20歳。もはや何を言っているのかわかりませんが、ショートフリー通じてすばらしい演技でした。これまでトータル216.01 フリーは141.27がベストの選手が、フリー165.32を出してトータル241.63 直近のオリンピックメダリストに勝っての7位。こんなすごかったんだこの選手。ペアとの二刀流とか関係なくすごい演技でした。これ、将来的に、ペアとシングル、両方でグランプリシリーズというトンでもないことが起きる可能性がありそうです。まずは世界ジュニア前にB級大会にシングルで派遣されるでしょうか。来シーズンのチャレンジャーシリーズ、さらにはグランプリまでつながるなんてこともあり得ます。2種目出ないといい演技できないんです、なんてこともあったりして。パートナーに負けたくないとかそんな心理ってあったりするでしょうか。

 

鍵山優真選手は8位に終わりました。代表選出はなし。ただ、ワールドユニバーシティゲームズには内定しています。やはり、トゥつけませんのハンデ戦で勝てるレベルでは日本男子はありませんでした。紀平選手もそうでしたが、無理しなければよかったんじゃ、という今シーズンになってしまいました。ワールドユニバーシティーゲームズは、お祭りとして楽しんできていただければと思います。怪我さえ直せば、4回転フリップ、という声もありましたし、宇野選手と構成同等にまで行きますので、来シーズンまた世界の頂点を争う位置にいるのではないかと思います。

 

割と勝負強い印象だった壷井達也選手が今回は伸びずに9位に終わりました。ちょっと上位とは今回差がついてしまいました。ショートフリーで4回転3本飛んで成功が1本だとやはり苦しいです。今季はグランプリデビューで4位が1つ入ったことで先につながったというので満足して、来期にもう一段階段上がっていくというところですしょうか。ワールドユニバーシティゲームズの代表権はもらっているので、そこでもう一旗揚げてきていただければと思います。

 

10位にはジュニアから吉岡希選手が入りました。全日本ジュニアで際どいスコアながら優勝。ジュニアグランプリも混戦を抜け出して表彰台にのり、全日本もしっかりジュニア組のトップ。何か見ていて今回の全日本は自信を感じました。220.43はシニアルールだからではありますがパーソナルベスト相当のスコア。ショートフリー合わせて3本の4回転をすべて立ちました。これは世界ジュニアは3枠確保は固いかな。ジュニアはどんなメンバーが出てくるかわからなかったりしますが、表彰台目指して頑張っていただければと思います。

 

11位はジュニアからの中村俊介選手ですが、世界ジュニアには届きませんでした。三浦佳生選手がしっかり滑るとそれに勝つのはちょっと難しいです。4回転は今回もなんとか基礎点満額で立ちました。まだGOEプラスは全日本ジュニアのみですが、基礎点は割と満額取れているのでだいぶいいところまで来ています。おそらく来期もう一シーズンジュニアだと思うので、そこで全日本ジュニア勝つチャンス、つまり世界ジュニアチャンスが来るはずです。

 

今季不調なまま三宅星南選手が全日本も伸びずに12位で終わってしまいました。シーズンベスト低く世界ランクも高くなく過去実績も目立たないと、来期のグランプリシリーズ枠が回って来なさそうに感じます。長光先生と世界を回れるのは今は三宅選手だけですし、もう一花咲かせてほしいのですが。タイタニック、風貌とはあっているプログラムだと思うのですが、ちょっと精彩を欠いていたと言わざるを得ないです。

 

200点超えは14位まで。今シーズンで引退の山隈選手13位と、個性キャラ大島選手で14位、明治大学の2人までが200点超え。その下は京都大学記録の佐々木晴也選手にシングル引退の西山選手と大学生が続いた後にジュニア勢が来ます。

男子はジュニアとシニアで差がありますねやはり。

グランプリ組で本田ルーカス剛史選手が苦しんでいて21位。どうしてしまったんだろう。

ジュニアグランプリファイナルで表彰台経験のある須本光希選手が今シーズンで引退で最後の全日本は24位でした。

 

男子も非常に僅差の表彰台争いでした。250点前後の争い、というのはメンバー考えると実はレベル的にあまり高くないラインでしたが、グランプリファイナルを経由しての全日本、という経験のないメンバーばかりでしたので、その影響もあったでしょうか。2位から5位はグランプリシリーズの成績の逆順になってしまったことが、代表選考で物議をかもすことになってしまった要因でした。全日本は重いかもしれませんが、全日本一発勝負にすると日本勢がグランプリシリーズにそっぽを向くことになり、そんなことになったら今のフィギュア界はもう回りません。だからといってポイント制にするとそれはそれで興ざめな部分もあるし、四大陸とか世界ジュニアはそれもやりにくい。ある程度はっきり差をつけて勝てなかった場合は、運を天なのか選考委員なのかに任せるしかない、というのが現実なのかもしれません。